スポンサーリンク

2017年7月20日木曜日

便利そうな気もするが価格に難アリすぎな「折り畳みハウス」


 1500マンエン。(゚o゚)
 青木無常でございます。

人力(素材使用)


 10分くらいで家が一軒建ってしまうとかゆわれても、にわかには信じがたかったりしますよね。

 ところがどっこい。

 まさしく魔法のように、するすると小さなコンテナが見るまに一軒の家に大変身してしまうという、おみごとな動画がございました。

「TEN FOLD」というところが作成した、不思議な家の動画です。

 トラックに積載したコンテナのようなものが、あれよというまに展開していきみるまに一軒の家に…

 …という、一見、夢のような機構なのですが…?

2017年7月19日水曜日

翼がなくとも空は飛べる…VRとエクササイズ機器を組み合わせて飛行シミュレーションを実現したフィットネスマシン「ICAROS」


 それでも。翼は、ほしい。
 青木無常です。

イカロス?(素材使用)


 以前、床にうつぶせで寝ころんでブザマなかっこうでVR(バーチャルリアリティ=仮想現実)スカイダイビング・ゲームをプレイしている男のシーンから始まるショートフィルムをご紹介したことがありました。

 床に寝っころがって腹筋だけで四肢を突っ張らせてゲームコントロールする機構は相当疲れそうだなと見ながら思ったものでしたが。(`▽´)

 それを現実にマシン化してVRと組み合わせてしまったフィットネスマシンが実在するらしいのでございますよ。

2017年7月18日火曜日

日本に唯一配備された岡崎の全地形対応特殊車両「レッドサラマンダー」が九州豪雨の被災地に初出動


 出動実績がなかったので疑問視もされていたそうです。
 青木無常であります。

出動(素材使用)


 Facebookで友人が紹介しているのを見てびっくりいたしました。

 日本に一台しかないという、あらゆる地形で活動可能な特殊車両が、先の九州豪雨の被災地に派遣されたのだそうです。

 荒地や不整地、段差に溝に土砂の上から瓦礫上なども走行可能、水深1.2mまでなら走破できる上、非公式らしいんですけど水の上にも浮かんでキャタピラ推進までできるという、まさしく万能車両。

 愛知県岡崎市の岡崎市消防本部に配備された車両で、出動対象地域は全国。

 日本の中央に位置し、高速道路のICにも近いため全国に出動しやすいということで2013年に岡崎に配備されたのだそうです。

 それから4年あまり。

 7月5日に総務省消防庁からの出動要請を受けて、初めて災害地への出動とあいなった次第。

2017年7月17日月曜日

ヤシの木の上空をゆっくりと通り過ぎていって悠然と夕暮れの空に飛び去っていくリサイクルUFO動画


 別の動画として出まわってたもののリサイクル。
 青木無常でござんす。

未確認(素材使用)


 前回予告したとおり、以前タイトルやシチュエーションが別の内容で出まわってたUFO動画が再度ネット上に出現したという笑える話。

 実をいうと、私もこの動画を見たことがあったんですけど当時はURLを記録する習慣がまるでなかったし、動画だからロストしちゃうとどう掘り返していいのかも見当すらつかなかったシロモノなんですよ。

 しかも、造形があまりにも好みのタイプだったので、かなり悔しかったんですが。

 こうして無事に再度めぐりあうことができたので。(`▽´)

2017年7月16日日曜日

もうCG確定って断定してもいいんじゃないかってくらいにメカメカしくかつどこかで見たことあるようなデザインのUFOが中国で目撃されたと称する動画


 技術とか作り込み感はすごいです。(`▽´)
 青木無常です。

4降臨(素材使用)


 かっこいい造形すぎるUFO動画が動画サイトとかではもう百花繚乱の感あります。

 フェイクと断った上で公開されているものなら素直に感心できるんですが、正直そういうのはどちらかというと少数派…

 …いやいや、こんなのCGじゃんとか偽物だろとか断言できるほど映像分析に精通してるわけではまったくないし、当ブログのスタンスとしても偽物と明白なものを除いては真贋を問うつもりはさらさらないんですがね。(`▽´)

 でもどう見てもかっこよすぎるでしょってな造形の上に、丸パクリとまではいえないけど別の動画とか画像で見たことのある感じの形態…

 …ま、かっこいいので好きなのはまちがいございません。(`▽´)

2017年7月15日土曜日

半世紀以上前にロシアで開発が行われていたという「サイボーグ犬」のビジュアルがまるでスチームパンク


 半世紀前のほうが進んでたんじゃないか、ロシア。
 青木無常でござんすよ。

接続(素材使用)


「ロシア」で掘ってたらいろいろ出てきたんですが、未来の軍事スーツとか軍用バギーを「安全」運転するロボット兵とか、最新のロシアの成果報告より半世紀以上前のプロジェクトのほうがすごそうなんて、どゆこと? (`▽´)

 
と疑問を呈したくなること必至の、なんかすごいロシアのサイボーグ開発プロジェクトに関する記事が…あ、報じてるのはあのネタの宝庫、すちゃらかオカルトサイトの「トカナ」なんですがね。(^_^;)

 なんでも、1950年代終わりから1960年代初頭にかけて、コリー犬の頭部を使ったサイボーグ兵器の開発が極秘に進められていたのだという…

2017年7月14日金曜日

プーチンを招いて軍用バギーで安全運転を披露するサイボーグバイク兵のお披露目会が…


 そもそもこれは、サイボーグではない…
 青木無常でありますよ…

最高権力者の憂鬱(素材使用)


 ロシアは本気なのか?

 まさかプーチンまで招いて何かのネタを披露しているわけでもあるまいが…

 という疑問を抱かずにはいられない、笑っていいんだかどうかもまったくイミフの奇怪な動画が、YouTubeに公開されているのでございますよ。

 そのタイトルを訳すと「軍用サイボーグバイク兵がプーチンの前でプレゼンされた」的な感じ…?

 ところが、そのバイク兵たるや…その…

 つかそもそも、実際に運転してるのバイクでもないし…(`▽´)

2017年7月13日木曜日

ロシアで開発されている「未来の軍事スーツ」


 まるでSF、という論調が主だけど…
 ゴツさが目立つライダーズヘルメットにしか見えないのはヲレだけ? (`▽´)
 青木無常でございますよ。

火星戦記…?(素材使用)


 ロシアの軍事研究所が「次世代戦闘スーツ」なるもののプロトタイプを展示した模様なのですよ。

 諸元とか記事中には特に記されてないし、具体的に何ができるのかとかもいっさいないので詳細は不明なのですが、「SF映画さながら」とか「未来感溢れる」とかネタ元の記事には謳われております。

2017年7月12日水曜日

せまい場所でも自在に使える? 逆向きに開閉する傘「カズブレラ」がおもしろい


 レーサーではない。(`▽´)
 青木無常でございまする。

お猪口(素材使用)


 便利かどうかは使ってみないとわかりませんがネ。

 でもものすご~く逆転の発想が光る画期的な傘がイギリスで開発されたのだそうですよ。

 どういう傘かというと…日本人には「お猪口」で開閉する傘、といったほうがおもしろいしわかりやすいカモ?

 つぼみから開花する花のように開く傘ってわけです。

2017年7月11日火曜日

非常時に客席だけ切り離すことのできる飛行機が、まるでサンダーバード2号のコンテナ(`▽´)


 実現するかどうかはわかりません。
 青木無常でありますん。

離脱(素材使用)


 とある航空会社のエンジニアさんが、非常時は客室を切り離すことのできる飛行機を考案なさったのですよ。

 サンダーバード2号が海上でコンテナを切り離して落下させる時と同じような機構。

 …という説明で想像がついたら、あなたは特撮ヲタの可能性大。(`▽´)

2017年7月10日月曜日

謎の空中都市マチュピチュで、ブキミな異生物が目撃された動画


 やっぱり宇宙人!?
 青木無常でございますよ!?

異形(素材使用)


 文字がないためいまだになんのために建設されたのかが判明していない、ペルーにあるインカ帝国の遺都、マチュ・ピチュ。

 太陽を崇める神殿であるとか、いやいや単なる王侯貴族のための避暑地だろうとか、果ては宇宙人が降りたつ聖地であるなどという意見まで。

 そんなオカルトマニアにとっては狂喜に値する謎の動画が、YouTubeに公開されているのでございますよ。

 なんと、グレイタイプの異星人が激撮されている、という…?

2017年7月9日日曜日

太陽光発電ハウス計画 イン リゾート


 楽園のイメージも濃い、モルディブで。
 青木無常でおじゃるほほ。

浮家(素材使用)


 イヤン、青木無常に南国の楽園のイメージなんかカケラもないとかミもフタもないことゆわないで? (。-_-。)

 似合うかどうかはともかく、憧れだけはものすご~くございますんで。(^_^)

 そんなわしのように(^_^;)凡俗な憧れに煩悶しつつウサギ小屋で夏の暑熱にさいなまれながら日々を過ごす日本人には夢のような計画が、まさしく南国の楽園の名にふさわしいモルディブで進められているのですよ。

 すなわち、海辺にぷかぷか浮かぶ、太陽光発電ハウス。水中ルームつき! (`▽´)

2017年7月8日土曜日

マヤ神話の世界観をSF的にデフォルメした怒涛のイマジネーションに圧倒される傑作ショートフィルム『THE HEART OF SKY』


 これこそ大予算で映画化してほしい…
 青木無常でありまする。

飛来(素材使用)


 すさまじいクオリティのショートフィルムが公開されておりまする。

 タイトルは『THE HEART OF SKY』。

 マヤ神話をベースに、そのイマジネーションをSF的に換骨奪胎して練り上げられた壮大な世界観に裏づけられたSF解釈の人類創世物語。

 設定はありがちカモですが、そんなことどうでもよくなるほどのイマジネーションと圧倒的なクオリティ。

 見ておかないと、損。まちがいなく。

2017年7月7日金曜日

野犬に育てられた人間がそのまま大きくなったらこうなる? 南アフリカで撮影された不気味な動画


 あるいは何かもっと異様な生物…?
 青木無常でありますよ。

狼マッチョ(素材使用)


 動物に育てられた人間が人間社会に引きとられても人間にはなれない、的な感じで語られる「狼少年」タイプの逸話は古今東西けっこうあちこちで語られているイメージがあります。

 が、人間社会には帰還することなく、野犬とともに今も生活しているらしき「野生児」のような「もの」の映像がYouTubeで公開されているのでございますよ。

2017年7月6日木曜日

フリー素材をいろいろ適当に切り貼りして作成した神話のイメージ画像パート2


 合成楽しいのよ。(^_^)
 青木無常でございますよう。

ゴレム(素材使用)


 以前もこちらでやった企画、すなわち、フリー素材を使用して私が作成した「神様」のイメージ画像を貼ってご紹介するという手抜き記事でございますよう。

 ま、手抜きといっても画像はけっこう苦労して作成したものなんですが。

「神話の固有名詞およびその簡便な説明を集成」するという名目で、覚書ブログと称して私が運営している「CROCK WORKS【神話に出てくる固有名詞】覚書」というブログで不定期に掲載した画像の、使い回しでございますので。(`▽´)

 いや、本気でここしばらく、余裕が全然とれないのよ…察してくだしゃんせ…( ´_`°。)

2017年7月5日水曜日

ご案内・ご近所散歩・五日市街道あじさいロード


 花はいいですね。
 青木無常でございますよ。

アジサイ(素材使用)


 本日はご近所散歩の新しい記事のご案内でございますよ。

 五日市街道沿いの玉川上水に咲き乱れるアジサイの動画を掲載している記事であります。

 本文は例のごとく別サイトである「ご近所散歩」にございますので、そちらでお楽しみいただければ幸いでございますよフフフ。_(_ _)_ (^_^)


※以下本文より一部抜粋

 五日市街道は青梅街道の高円寺あたりに端を発する幹線道路で、吉祥寺の北側をぬけて東京の東側まで延びています。

 道中、玉川上水わきと平行して走るところがありますが、境橋を起点とするその突端のあたりから、たくさんのアジサイがつらなるならびがあって季節がくるととてもきれいに花が…つづきはこちら
から。






【無常式】ご近所散歩


2017年7月4日火曜日

ヘッドセットなしで仮想現実を体験できる不思議な部屋が開発された


 いつでもどこでも、というわけにはまだまだ…?
 青木無常でございますん…。

状況(素材使用)

 VR(仮想現実)とかMR(拡張現実)とかいう言葉もだいぶ耳になじんできたし、一部は現実に体験できるようになってきてはいますが、まだまだいろいろハードルはありそうな気も。

 たとえば、頭部に装着しなきゃならない、あの巨大で重そうな、ゴツいゴーグルとかヘッドセット。

 自由に動きまわるには、相当邪魔くさそうで…

 …という野次馬的要望にこたえるべく開発された…のかどうかは、つまびらかではございませんが(^_^;)。

 ああいう大仰なヘッドセットやゴーグルはもちろん、眼鏡さえ装着せずにVR体験可能なステキな「部屋」が、存在するのでございますよ? えええっ?

2017年7月3日月曜日

またもやグーグルアースに謎の構造物が!? 砂漠の真ん中に忽然と出現した幾何学的な物体の正体は…


 古代文明の遺物か、あるいは異星人の秘密基地か…?
 青木無常でござんすー。

砂漠に(素材使用)


 ネタばらししちまうと、別にオカルト的な異様な建造物というわけではなさそうです。

 確証はありませんがね。

 ことの発端は「地球上や宇宙などの変化を研究しているイタリア人研究者」のあるかたが、グーグルアースで地表の様子を観察していたらエジプトのカイロの東の砂漠に異様な構築物を発見したところから。

2017年7月2日日曜日

全編100%完全CGのまがうかたなきフェイクUFO動画がすさまじく高クオリティな件


 UFOだけではないんです。
 青木無常であります。

穹に(素材使用)


 UFOは造形も動きも演出もいかにも現代的な最先端のテクニックを使用したCGであることは明白。

 メカメカしい洗練された造形はわざとらしいほどです。

 これをフェイク動画として知らずに見た者でも、おそらく3D造形されたUFOを現実の映像に合成した動画だと考えることでしょう。

 さにあらず。

 UFOのみならず。すべてがCG。

2017年7月1日土曜日

グーグルアースに写っちゃってる古典的な「空飛ぶ円盤」の映像。あまりにも鮮明だしgoogleの罠なんじゃないかとの邪推まで(`▽´)


 ホントにすっごく古典的なフォルム。(`▽´)
 青木無常でございますよう。

未確認飛行物体!(素材使用)


 グーグルアースは「ト」なものも含めていろいろ奇妙な映像が写りこんでいて楽しいことこの上ないんですが、そんな中でもダントツクラスにおもしろいUFO映像が、鮮明に写っていて話題になっているのでございますよ。

 場所は南アフリカ。

 海辺で釣りなどをしている人が写っていたりする場所であります。

 灯台や対岸の島のような陸影なども見受けられるのですが、ぐるりと見まわしてみると、鉄塔のようなものの向こうに、はっきりと、あまりにもはっきりと、いわゆる「空飛ぶ円盤」の姿が!