スポンサーリンク

2017年10月18日水曜日

ついに実現! 日米巨大ロボ対決「クラタス」vs「メガボット」の顛末は「パワー!」vs「武士道」…気になる結末は実に…?


 知らぬ間にいつの間にやら。
 青木無常でございますよ。(^_^)

 というわけで、日々のちょっとした義務から解放されて怠惰な日常を満喫しまくりすぎたせいで、更新をサボるっつったけどここまで間があくとはぢつは思っていなかったくらい更新のタイミングを逸しておりました。

 別にこのままでも全然いいし、そのうち気が向いたら何かでっちあげればいいやとか能天気に考えていたら、いきなり飛びこんできた日米巨大ロボ対決実現の一報!

 私の見ているネットニュースの範囲では特に目立った動きがなかったし、どうもお流れ臭いと悲観的予測にも流されてのほほんとしているうちに、急転直下で開催地の「第二案」が採択されたらしいです。

 まあ「クラタス」vs「メガボット」の内容に関しては以前の一連の記事に概要は記しておいたのでそちらをご参照いただくこととして、果たして待望の日米巨大ロボ対決の顛末は、と申しますと…


Amazonリンク

2017年9月9日土曜日

ロシアのスペースシャトルが土星につながっている空の穴を通り抜けて宇宙空間へとテレポートしていく動画


 どこのどなたがお作りになったのか知らんが…
 青木無常でございますよう…

門(素材使用)


 なんかいろいろ盛りだくさんすぎてどこから処理していいのやら迷ってしまいそうな動画がYouTubeにアップされているのでございますよ。

 2017年の3月に地球-土星間で撮影されたとされる映像でございます。

 なんかロシアで次元ポータル(異次元を経由するワープ扉みたいなシロモノ)を通して秘密裏に地球から土星へと旅行するリーク動画なのだそうで。

 ご丁寧なことに、時系列に沿って編集までされているご親切構成になっていたりまでするのですよ。(`▽´)

2017年9月5日火曜日

しばらく更新をサボります宣言


 サボりますというかなんというか。
 青木無常でございますよ。

肖像(素材使用)


 なお画像と内容とは関係ござんせん。たぶん。



 ぢつはかなり以前から考えていたことではあるのですけどネ。

 ブログの毎日更新やめようかって。

 2012年の夏ごろから毎日更新をするようになって、紆余曲折を経ながらも本日までそれを持続してきたわけなんですが、ちょいとサボらせていただくことにいたしました。

2017年9月4日月曜日

無茶な作業を無造作に断行する男が、そら見たことかといいたい目に遭うがたいして気にもとめていないっぽい動画


 そのうち死にます。(`▽´)
 青木無常でござんす。

対象物(素材使用)


 人間より巨大な鉄パイプの上に腰をおろして、ガスバーナーのような器具で自分が乗っている鉄パイプそのものを作業員がどうにかしている動画でござんす。

 溶接しているのか、あるいは溶断しようとしているにせよ、作業を始めたばかりなのか…と思いきや…

 ほどもなく、この作業員はいきなりきわめて危険な目に遭い死んでもおかしくない状況に陥るわけですが、結果的には無事に済んだみたいです。

 あくまで、結果論。

 この作業員はハインリヒの法則を知っているのでしょうか…

2017年9月3日日曜日

正拳突きで噴射する火炎! だれでも拳に炎を宿せる火炎放射グローブのギミック感が秀逸な件


 ある意味、バカがかなえた夢。
 青木無常でおじゃる。

火掌(素材使用)


 突き出した拳から気合に乗るがごとく噴き出す火炎!

 現実にはあり得ませんが、ファンタジーの勝った格闘系フィクションの世界でなら、炎に特化した達人の技としてお馴染みと申し上げてもよろしいでしょうか。

 作り手側からすればあまりにも危険な特性なので扱いに窮する技ですが、相手を目に見えない「気」で吹き飛ばす系の技とともに、現実ではあり得ないこと承知の上でマスターしたい夢想の極致の超絶攻撃!

 そんな、あり得ない技の顕現を、強引に実現してしまったヲタが、実在するのおじゃるのですよ。

 どうやってそんなことを現実化してしまったのかというと…モーションセンサーを仕込んだグローブに、火炎放射器を組み合わせたという…(^_^;)

 だれでも思いつきそうに思えて、だれも実行しないであろう、バカの力業! (`▽´)