スポンサーリンク

2019年1月1日火曜日

あけましたか

 をめで。
 青木無常でござんす。

塚

 今年も律儀に明けたりしましたかな。

 いつものごとく、カウントダウンとやらもしませぬし初詣とかもゆかぬし特に何もかわったりはしないので、まあそれなりによろしくね。

 で、これまたいつものごとく、わが創作サイトである「ガジェットボックス」と別館の「マンガ館」から、恒例のお年賀画像をこちらにも貼りましてお年賀状がわりとさせていただきますん。

 今年は、一番上 ↑ のやつともう一枚の計2枚のみ。時間がとれなかったのよ。

2018年12月31日月曜日

深夜の羊

 しんしんと暮れてゆく。
 青木無常でございますよ。

深夜の羊


 というわけで、今年もいよいよ終盤となりました。

 別に終盤になったからといって、何かが劇的にかわるとかそういう話でもございませんが。

 まあ十円玉の厚さであろうと、日々進歩していこうと考えながら、いろいろなことに取り組んではいるのでございますよ。

2018年11月4日日曜日

人面牛身といえば妖怪「くだん」


 不吉な予言をして死んでしまうとか。
 青木無常でござんすよう。

くだん


人の顔と牛の身体の杖を持った神仙」に続き、フリー素材を使って合成して「くだん」を作成いたしました。

「くだん」てのは漢字で書くと「件」で、「人+牛」なので半人半牛の妖怪として想像=創造されたもののようです。

 人面牛身の異形のもので、人語を話し、予言を残して死ぬ、というのが共通の特徴でもある模様。

 予言の内容は作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など、世の中にとって重大なこととされ、必ず当たるのだそうな。

 で、生まれて数日で死ぬとか予言したらたちどころに死ぬとか、あるいは大凶事の前兆として生まれ、凶事が終了したら死ぬとか…いろいろ説はありますが、とにかく早逝の傾向があると考えられているらしい。

 なんかかわいそう…?

2018年10月30日火曜日

人の顔と牛の身体の杖を持った神仙


 山の神だそうで。
 青木無常でございますよ。いや、青木無常は山の神ではない。…?

人面


 フリー素材を使って合成して作成いたしました。

 詳細は不明ですが、杖を持った人面牛身の「何か」の画像を見かけまして。

 これなら写真素材を組み合わせて手軽に作れるな、と思ったのが運の尽き?(^_^;)

 意外に時間を食いましたが、まあできあがりました。

2018年9月16日日曜日

宇宙飛行士は〇〇でも喰らえ!? NASAが本気で研究している「驚異の宇宙食」


 かなり本気かつきわめて真面目に。
 青木無常でござんす。

新型


 ただ…食わされるほうはたまったモンじゃないとしか思えないのは、私だけではないはず…ですよね…?


 NASAが有人火星探査に向けていろいろやっているのはすでにずいぶん前から公表されている事実なんでしょうが、片道8カ月ともゆわれる旅程でもっとも問題になるのは?

 そう。食糧でござんす。

 すでにISSつまり国際宇宙ステーションでは、栽培したレタスが飛行士の食卓に供されたりもしてるとか、実際に成果もあがってはいるらしいのですが…

 …アレを、リサイクルして、飛行士に食わせようという研究もおこなわれているらしいのですよ!?

 のみならず、すでにもう一方の、そう、後ろからではなく、前から出てくるアレに至っては…レタスと同じく実用化しているのだとか…えええええええっ!?