スポンサーリンク

2017年9月9日土曜日

ロシアのスペースシャトルが土星につながっている空の穴を通り抜けて宇宙空間へとテレポートしていく動画


 どこのどなたがお作りになったのか知らんが…
 青木無常でございますよう…

門(素材使用)


 なんかいろいろ盛りだくさんすぎてどこから処理していいのやら迷ってしまいそうな動画がYouTubeにアップされているのでございますよ。

 2017年の3月に地球-土星間で撮影されたとされる映像でございます。

 なんかロシアで次元ポータル(異次元を経由するワープ扉みたいなシロモノ)を通して秘密裏に地球から土星へと旅行するリーク動画なのだそうで。

 ご丁寧なことに、時系列に沿って編集までされているご親切構成になっていたりまでするのですよ。(`▽´)

2017年9月5日火曜日

しばらく更新をサボります宣言


 サボりますというかなんというか。
 青木無常でございますよ。

肖像(素材使用)


 なお画像と内容とは関係ござんせん。たぶん。



 ぢつはかなり以前から考えていたことではあるのですけどネ。

 ブログの毎日更新やめようかって。

 2012年の夏ごろから毎日更新をするようになって、紆余曲折を経ながらも本日までそれを持続してきたわけなんですが、ちょいとサボらせていただくことにいたしました。

2017年9月4日月曜日

無茶な作業を無造作に断行する男が、そら見たことかといいたい目に遭うがたいして気にもとめていないっぽい動画


 そのうち死にます。(`▽´)
 青木無常でござんす。

対象物(素材使用)


 人間より巨大な鉄パイプの上に腰をおろして、ガスバーナーのような器具で自分が乗っている鉄パイプそのものを作業員がどうにかしている動画でござんす。

 溶接しているのか、あるいは溶断しようとしているにせよ、作業を始めたばかりなのか…と思いきや…

 ほどもなく、この作業員はいきなりきわめて危険な目に遭い死んでもおかしくない状況に陥るわけですが、結果的には無事に済んだみたいです。

 あくまで、結果論。

 この作業員はハインリヒの法則を知っているのでしょうか…

2017年9月3日日曜日

正拳突きで噴射する火炎! だれでも拳に炎を宿せる火炎放射グローブのギミック感が秀逸な件


 ある意味、バカがかなえた夢。
 青木無常でおじゃる。

火掌(素材使用)


 突き出した拳から気合に乗るがごとく噴き出す火炎!

 現実にはあり得ませんが、ファンタジーの勝った格闘系フィクションの世界でなら、炎に特化した達人の技としてお馴染みと申し上げてもよろしいでしょうか。

 作り手側からすればあまりにも危険な特性なので扱いに窮する技ですが、相手を目に見えない「気」で吹き飛ばす系の技とともに、現実ではあり得ないこと承知の上でマスターしたい夢想の極致の超絶攻撃!

 そんな、あり得ない技の顕現を、強引に実現してしまったヲタが、実在するのおじゃるのですよ。

 どうやってそんなことを現実化してしまったのかというと…モーションセンサーを仕込んだグローブに、火炎放射器を組み合わせたという…(^_^;)

 だれでも思いつきそうに思えて、だれも実行しないであろう、バカの力業! (`▽´)

2017年9月2日土曜日

狂気も恐怖も観光資源。メキシコ南のソチミルコ「人形」島


 娯楽というのはゲスですな。
 青木無常でございますよう。

這うもの(素材使用)


 有名な島なのでご存知でしたら失礼。

 そちこちで何度も目にする「不気味スポット」の、ある意味代表格でもあるようです。

 観光地化しているのは、適度にブキミで、ある人物の狂気に適度にふれることができ、そして実質的な支障が特にないからなのでしょう。

 遊園地のホラーハウスと同工異曲。

 もっとも、遊園地のお化け屋敷のたぐいは裏では心霊現象などの宝庫という話もきいたことがあるので、比較するならよっぽど「安全」なのカモしれませぬ(もちろん保証などカケラもございませんがネ、どちらにも)。

 すなわち、島中に、古びて、破損した、ブキミきわまる無数の人形がぶら下げられているという、メキシコの南のソチミルコ島…別名、人形の島…

2017年9月1日金曜日

半自動洗濯機、足踏み式


 なんかけっこう、目からウロコ!
 青木無常でございますよお!

足踏み式(素材使用)


 電気がいらない。

 そして、コンパクト、ゆえにポータブル。つまり、持ち運びも可能!

 洗濯機という機械がご家庭の主婦の三種の神器のひとつとか目されてた時代には、そもそもこんな発想、だれもしなかったんだろうかと考えるとむしろ不思議というか。

 ちょっとデカい炊飯器みたいな形の容器に洗濯物を入れ、下についているペダルを足で踏んでやると、ポンプの力で「小型洗濯槽」が激しい勢いで回転し始め、衣類を洗浄していくという機構。

 一目みればだれでも理解できるきわめて単純な構造ですが、ありませんでしたよね、たしかに、こういうもの。

2017年8月31日木曜日

山のように大量の肉に肉を重ねて海産物でデコレーションした「肉クトゥルフ」は料理ではない


 あまりにも俗悪。
 青木無常でございますわえ。

出現(素材使用)


 動画なんですが、低劣きわまりない。

 少年がみている夢、というていで映像は始まるんですけど、その悪夢の内容がどうにも説明放棄だし。

 大量のひき肉を無造作に敷き詰め、その上からこれまた大量の卵を割り入れ、さらに無節操に大量の調味料をとにかくぶっかけまくったあげくにこねまくる。

 いや、これが、少年の悪夢の内容なのですよ。

 さらにつづく夢の内容は、敷き詰められたベーコンを格子状に編み込んで焼くシーン。

 巨大なフライパンに油をぬりたくった上に山のようなひき肉を壁塗りのように詰め込んでいき、その中になんと6個ものハンバーガーを投入し、さらにひき肉で蓋をしたあげく…気分が悪くなってきた…?

 でも、まだまだつづくのですよ。この、地獄の俗悪クソ動画。

2017年8月30日水曜日

遠隔監視カメラとしてスマホを活用できるリモートモニタリングアプリ「Manything」


 ちょっと使ってみたい。
 青木無常であります。

睥睨(素材使用)


 遠隔監視カメラなら専用のものを使えばより使い勝手がいいのかどうかもちょいと知らないんですが(^_^;)。

 使わなくなったスマホとかがお手元にあるような場合は、それを遠隔監視カメラとして使用可能なちょいと便利なアプリがあるのであります。

 その名も「Manything」。

 直訳すると、「あれもこれも」という意味ですが、そこまで何でもできる感じではない。

 何ができるかというと…

2017年8月29日火曜日

いかつい顔したグレイっぽいエイリアンがエリア51でインタビューされて英語で答えている予言動画


 なぜ予言できるかというと、彼は「未来人」だから!
 青木無常でございますよほ。

異邦人(素材使用)


 なんか、1964年にエリア51で撮影されたという、エイリアンにインタビューしてみた動画がYouTubeに公開されているのでございますよほ。

 ネット上ではその真偽を巡って大論争が巻き起こっているとのことですが。(`▽´)

 だれが大論争してるんでしょうネ。

 1964年の画像だ、ていうんなら、もう少し映像にアナログっぽいノイズ入ってたりするもんじゃないかな、とかエイリアンの造形が最新の造形作家の手になるみたいにいろいろヘンにリアルだし、とか。

 ちょっと見でもツッコミポイント散見されますが、ま、映像はリマスターされてるんだとかエイリアンがリアルなのは本物だからだとか、理屈だっていくらでもつけられますしネ。

 ノイズがいい感じで入ってたら入ってたで、職人技だとか結局ケチつけるヤツは必ずケチつけたりもしますしー。

 まずは、曇りのない真っ白な心で映像を見てみれば、何か神秘的なモノが見えるのカモ。

2017年8月28日月曜日

癒しの周波数といわれる432Hzの音楽の噂に対する科学的知見


 眠れるCD買っちゃいましたん…
 青木無常でございますん…

癒し?(素材使用)


 効き目がない、というかむしろ眠りにつきにくくなったような気がして2日できくのやめましたん…(。-_-。)

 というわけで、432Hzという周波数が、究極の癒しを得ることのできる魔法の数字であるという数々の噂が巷を席捲しているらしく、私も眠れるという謳い文句のCDを買って枕もとで鳴らしてみましたがダメでした。

 眠りに関してはかなり昔から悩みのタネで、しぶちんの私にしてはかなりいろいろなものにお金をかけてきましたがしっくりきたものは現時点でひとつもなし。

 なので、あまり期待していなかったことはいなかったんですが…

 …このニュース記事を見つけたのは、購入したあとでしたん…

 まあ買う前に見たとしても、試してみたくはなってたとは思うんだけど…

2017年8月27日日曜日

壮大な宇宙を舞台にした派手なドンパチ満載のスペースオペラの映像をいくらでも見たくなってしまうゲームのトレーラー動画


 ゲームの内容はまったく知りませぬけど。(`▽´)
 青木無常でござんす。

彼方への(素材使用)


 宇宙を舞台にしたスペースオペラRPG『Mass Effect: Andromeda』というゲームのトレーラー動画があまりにもステキでしたので、例によって勝手にご紹介いたしたく。

 なんでも、アンドロメダ星雲へと旅立った主人公たちが異星人相手になんらかのトラブルにまきこまれ、景気よく派手にドンパチぶちかますっぽい内容のようです。

 主人公チームは

探検者、外交官、兵士の役割を併せ持つパスファインダーチーム
なるものの構成員だそうですので、単純なシューティングではなく探検や外交の要素も含まれた重層的なゲームのような感じですな。

 アメリカ人て、なんかこういう背景が厚めのシロモノが好きみたいネ。

2017年8月26日土曜日

月面を横切る不気味なUFOの正体は、異星人の乗物などではなく有名な西洋の妖怪である、あの…


 あいつですよ、あいつ。鬼太郎のライバル。(`▽´)
 青木無常でおます。

見下すもの(素材使用)


 楽しすぎる石石混淆(たまに玉)オカルトサイト「トカナ」から、またすさまじく楽しい未確認飛行物体に関する報告がございました。

 なんと!

 月の表面をゆっくりと移動していく様子がはっきりと映りこんでいる、不気味きわまる円形の影!

 なんでも、アメリカの天文台にある望遠鏡のライブ配信映像に映っていたUFO動画なのだそうで、YouTubeにも掲載されているものがあるのですが、そちらはオフィシャルとはとても言い難いシロモノのようなので。

 削除されてたりしてたら申し訳ござーませぬ。_(_ _)_

 閲覧できたら、レア。カモ。

2017年8月25日金曜日

必殺技は「ゴールデン鱗カッター」! 名古屋のご当地怪獣「シャチホコング」


 ツインテールにさも似たり。
 青木無常でございまつ。

しゃちほこ怪獣1(素材使用・イメージ画像)


 正確には「愛知」のご当地怪獣。

 などというと、傲慢な名古屋人が「愛知全般を代表させるのにシャチホコを使うな」とかクレーム入れてきてないか心配になってしまいますがネ。

 富山県南砺市とタイアップした「コキリコ節」モチーフの怪獣「デデレコデン」につづいて、忘れたころに勝手にご紹介する「ご当地怪獣」、本日はしゃちほこ怪獣「シャチホコング」でございまつ。

 この怪獣、なんと名古屋城三の丸遺跡から発見された箱に入っていた「未知の物質」でできている金のしゃちほこに、調査のため放射線を当てたら巨大化したもの。(`▽´)

 ゴジラ以降、由緒ただしき放射能もからんだ謎の怪獣というわけでございますな。

2017年8月24日木曜日

人は偉くなると本当に「人間的な心」を失っていた! 権力者の脳に「ダメージ」を与えていたことが判明した「ヒュブリス症候群」の恐怖!


 何が恐怖って、そりゃ弾圧される側であるわしら。
 青木無常でございますです。

異常(素材使用)


 偉い人なんておべっか使いばかり周囲に侍らせてるから、虐げられた人々の気持ちなんて忘れちゃうんだよすんすん。

 などと愚にもつかない泣き言をならべる庶民の実感が、ぢつは真実であったことが判明いたしました!

 なんと、アメリカやカナダの大学で行われた研究によると、過剰な権力政治力を行使すればするほど、脳に重大なダメージを負うことになる、というヲソロしい報告が…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルガクガクブルブル

2017年8月23日水曜日

わしらが抱えている腸内細菌の種類によって、脳への影響に正反対の結果が!


 悲報か朗報かは人による。みたい。
 青木無常でございますん。

ネガティブ誘発(素材使用)


 腸が「第二の脳」とも呼ばれ、重要な脳内物質の製造も担ってるしわれわれの「心」にも大きな影響を与えてもいるらしい、というご報告を以前行いました

 そのおり、腸内細菌がわしらの心の動きや学習能力にまで関わっているらしいということにも言及したのですが。

 マウスではなく人間でも腸内細菌の脳への影響が確認された、ということが最近報告されたようなのですよ。

 しかも、その構成いかんによっては、ネガティブ感情の多寡に関わってくるというヲソロしい事実までが明るみに…!? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルガクガクブルブル

2017年8月22日火曜日

ご案内・重機ファン・超巨大自走重機スタッカ・リクレーマが線路をまたいで延々と右から左に移動していく早回し動画


 早回しなのにいつまで経っても移動中。
 青木無常でごじゃいます。

巨大(素材)


 本日は「ご近所散歩」内コンテンツである「重機ファン」の更新のご案内でごじゃいます。(^_^)

 本文はいつもどおり「ご近所散歩」にてお楽しみくだしゃんせ。_(_ _)_ (^_^)


※以下抜粋

 とにかく巨大一辺倒の怪物重機

 人間より倍ほどもでかい高さのキャタピラがいくつも連なり、建物のように重厚な外観の巨大機構を積載して、延々と眼前を横切っていきつづけ、いつまで経っても
…つづきはこちらから。






【無常式】ご近所散歩


2017年8月21日月曜日

ホーキング博士がAIに対して鳴らしている警鐘は「自律兵器」「弾圧手段」そして「独自の意志を育む可能性」


 背景はともかく、いってることはわしらと変わらん。
 青木無常でございますわえ。

背後(素材使用)


 スティーヴン・ホーキング博士といえば 「車椅子の物理学者」として名高い理論物理学者で、世界最高峰の頭脳を誇る巨星と断言して反論があるかたはそうそうおりますまい。

 その威を借るわけではございませんが…などということはなく(`▽´)、威を借りまくってしゃぶりつくさせていただきたいと思ひ、この項でっちあげておるのでございますよほほほほ。(^_^)

 ビル・ゲイツ氏が「Reddit」で、AIに対する懸念を表明していることについては当ブログでも言及しましたが、ホーキング博士までも!

 そう、一般相対性理論が破綻する定理を発表し、量子重力論を提示して「ブラックホールから粒子が逃げ出す」というホーキング放射の存在を予言した、あのホーキング博士が、で、あります。

 もちろん、われわれ人類に益をもたらすものであることも大いに肯定しつつ。

 その一方で、将来の人工知能が人類への「大きな支障」となることへの警告をも表明なさっているのでございますよ! よ。

2017年8月20日日曜日

車道上で直立して掴み合いの喧嘩を盛大にくりひろげている二匹のマーモット


 ちなみに、リス、ではない。
 青木無常でありますよ。

揉め事(素材使用)


 なんか中国の路上で、もめてるヤンキーそのままの喧嘩を盛大に繰り広げている二匹のマーモットの動画が撮影された模様。

 直立して互いの胸ぐらを掴み合い、押し合いへし合いしながら一歩もひかずに円を描きつつ延々と小競り合いを繰り広げている光景は、日本の田舎の娯楽のないヤンキーが突っ張りあってる姿そのもの。

 撮影者が車から降りて近づこうとしたとたんに、二匹とも一目散に逃走にかかってるとおぼしきラストシーンはオチも完璧でございますわえ。(`▽´)

2017年8月19日土曜日

雷が川に落ちた瞬間の動画がすさまじすぎる…という誤情報がインパクトありすぎて拡散された例


 遭遇のしかたによっては私だってだまされますよ。
 青木無常でございますよ。

直撃(素材使用)


「雷が川に落ちるとこうなる」という感じでで、ネット上で拡散されている動画があるのだそうです。

 実際の映像を見ると、一瞬、稲光のような、あるいは何かのビームにすら見えてしまうような衝撃的な電撃チックな光がまたたいたつぎの瞬間、川の水が爆発して猛烈に盛り上がる。

 つづいて茶色い水しぶきが第二撃の爆炎のごとく噴出しつつ、川面そのものが茶色く変色しつつ荒れ狂う。

 …という、きわめてインパクト大な動画ではあります。

 …が、ぢつはこの動画…

「雷が川に落ちた」という部分は、完全なデマであることが確定している、らしい。

2017年8月18日金曜日

幽霊を目撃できるカモしれない19Hzの音声を流す動画


 私はまだ目撃できていません。(。-_-。)
 青木無常でございますりゅー。

鬱(素材使用)


 一般的な人間の可聴域より下の周波数の音「可聴下音」は、音として知覚されることはないが身体は無意識のうちにそれを感じているという。

 この、人間の耳では聞き取ることができないはずの低周波音が、幽霊の存在を感じさせると提唱する報告があるらしい。

 そもそもわしらはこの可聴下音には日常的にさらされているのだそうな。

 電車が通過するときや風が吹いたときなどには、超低周波の可聴下音が発生しているからなのだとか。

2017年8月17日木曜日

お祭りとかでおなじみの『チャンチキおけさ』の「チャンチキ」も実はわしらにものすご~くなじみ深い楽器であった


 なじみ深いといっても、意識には昇らない。カモ。
 青木無常でございますです。

和(素材使用)


 またしても手抜きに失敗してしまいましたが、それは興味深いことが鈴なりに出てきてしまうため。

「チャンチキ」であります。

 楽器のネタさがしに重宝しきりの「私家版 楽器事典」ですが、目次をながめているとよく知っているけど実は「謎」の言葉がちょくちょく目につく。

「チャンチキ」も、そのひとつ。

『チャンチキおけさ』という楽曲名は日本人であればだれしも、なんとなく(そう、おそらくは「なんとなく」ではないでしょうか)知っているのではないかと思います。

 三波春夫さんが大衆歌謡として流行の兆しを見せていた新しい時代の流れ、すなわち「演歌」という世界に名乗りをあげて乗り込んだときに、デビュー曲として歌ったのが…

2017年8月16日水曜日

実際に乗れて公道も走れるらしい「金田バイク」の動画


 たしかに乗りにくそう。
 青木無常でござる。

バイク?(素材使用)


 まったく知らなんだ。(。-_-。)

 2012年に東京で、大友克洋GENGA展なる催しが開催されていたそうで。

 そこに、あの、金田バイクが展示されていたのだそうですよ。

 なんと、またがって記念撮影まで可能だったらしい…

2017年8月15日火曜日

環境破壊が悪のエネルギーと化して狂暴化してしまった怪獣「デデレコデン」!


 という設定の、ご当地怪獣。
 青木無常でありますよ。

神龍(素材使用)


 先日ご紹介した「こきりこ節」にからんで、おかしなものが出てきてしまったので、今度こそまがうかたなき手抜き記事としてご紹介いたしますですよ! (`▽´)

 かつて、人と自然とがよい関係にあったころ、五箇山に住む怪獣「デデレコデン」は、人々が豊かな実りに感謝して歌を捧げる祭を見るのが好きな、おとなしい怪獣だった…

 ところが、人類によるすさまじい環境破壊は世界的な異常気象を招来し、各地に悪しきエネルギーが飛び火!

 デデレコデンは、その悪しきエネルギーを一身に引き受けて…狂暴化してしまったのである!

 …という、設定のようでござんす。(`▽´)

2017年8月14日月曜日

日本最古の民謡「こきりこ節」


「こきりこ」というのは楽器。
 青木無常でござんすよ。

相倉(素材)


 そもそも珍しい楽器とか古い楽器を渉猟していて、耳になじみのある「こきりこ」という名称に行き当たったのでいろいろ調べてみたのがこの記事の契機でござんす。



 私は習った覚えはないんですが、中学の音楽の教科書にも載っているのだとか。

 富山県の五箇山地方を代表する、全国的に有名な「古代民謡(古謡)」、それが「こきりこ節」でござんす。

 古代、とか最古、とかいう部分にも牽かれてしまいました。

 昭和初めごろに伝承途絶の危機に見舞われたらしいのですが、あの西条八十が採譜の契機となって復活、現在でも保存・伝承にかなりの力が入れられているとのこと。

2017年8月13日日曜日

筒状の巨大な雲が地平線から地平線まで延々とつづいている不思議な光景「モーニング・グローリー」


 山下達郎の歌にありましたな。
 青木無常でございますよー。

ロール(素材使用)


 こんな雲が出現してるの気づいたら、絶対スマホのカメラ起動しますよね。

 筒状の、巨大な雲。

 屋根の向こうから頭上を過ぎて、はるか地平線の彼方までずっとのびている。

 まるで異界へとつながる巨大な通路ででもあるかのように。

 そんな、巨大きわまるロール状の雲が地面と平行に、空にかかる現象がこの世には存在するのだそうですよ。

 その現象の名は「モーニング・グローリー」。

2017年8月12日土曜日

地下14.4kmで録音された「地獄からの叫び」…正体不明の「シベリアン・ヘルサウンド」とは何か


 調べるほどにうさんくさい。(`▽´)
 青木無常でありまする。

地獄の(素材使用)


 世界最深の穴として知られる「コラ半島超深度掘削坑」は、地下12kmまで掘り進められ、学術的にもいろいろな発見が報告されている、科学的発掘計画に基づいて掘られた穴。

 人間が入れるような穴ではなく、石油の井戸のようにまっすぐ下に向かって掘られたものだそうです。

 現在は油田でもっと深く掘られているところもあるということですが詳細は不明。

 ただ、この「コラ半島超深度掘削坑」を調べると、つらなって出てくる怪しげな「都市伝説」が。

 地下1万4400メートル地点で録音されたといわれる、奇怪で不気味な、そしてどうにも怪しげな(`▽´)音声にまつわる話でありまする。

 その名も「シベリアン・ヘルサウンド」、すなわち、地獄の音声。

2017年8月11日金曜日

地獄の炎が竜巻のように旋回して燃え上がる悪夢の災害「火炎旋風」の動画


 すさまじいビジュアル。
 青木無常でござんす。

火(素材使用)


 広域火災が起こっているときに発生する竜巻のことだそうです。

 Fire Tornado…すなわち「火災旋風」。

 轟々と燃えあがる炎が旋回しながら天空へと上昇していくという、アニメのシーンでしか見られないような悪夢の現象。

 竜巻状に旋回しながら燃え上がっていくすさまじい火炎の姿もまた、YouTubeにて動画で公開されていたりするのでございますよ。

 滅多に起きない珍しい現象なのだそうですが…

2017年8月10日木曜日

いってもいない言葉を勝手に捏造可能なAdobeが開発中の音声編集ソフト「VoCo」


 バイアグラでギンギンだぜぇ。( ̄ー ̄)
 青木無常でございますぜぃ( ̄ー ̄)

サンプリング(素材使用)


 いやいやだれかの捏造です。(`▽´)

 YouTubeでサスペンスドラマばりの熱演を連続公開して大人気の元女優様の逆鱗にはふれたくありませんが、正直あの騒動はストーカー気質のある妻が不倫をでっち上げてイミフな暴走してるとしか思えない。

 証拠として提示されている品々も「ホンモノ」と認定できそうな部分が見当たらないし。

 なんか単なる稚拙な恫喝か何も知らない連中の同情を引くための単なる見せかけのように思えてしかたがないんですよネ。

 ところが、このソフトを使えばもう心配ご無用!

 実際にはしゃべっていないはずの「証言」を、もうもう好きなだけ! 心ゆくまで! ガンガン編集して捏造可能なのでございますよ!

2017年8月9日水曜日

ご案内・世界のメチャクチャな風景・断崖絶壁を右手に荒れ果てて何もない山道が延々とつづく幹線道路「ゾージ・ラ・パス」


 何もないけど、少なくともスリルはある。
 青木無常である。

脱(素材使用)


 ってことで、本日も「ご近所散歩」の更新のご案内である。( ̄ー ̄)

 本文はいつものごとく「ご近所散歩」にてお楽しみくだしゃんせ。_(_ _)_ (^_^)


※以下抜粋

 周囲には、雪におおわれた山々以外、いっさい! まったく! なにひとつ! 存在しない。

 峻険な山岳のあいまをぬって、強引に通されたと思われる道路の全長、約9km。

 幹線道路の一部を担っているというこの「ゾージ・ラ・パス」という道は、世界一危険な道路のひとつに数えられて…つづきはこちら
から。






【無常式】ご近所散歩


2017年8月8日火曜日

人工知能に対してビル・ゲイツが懸念していることとは


 あまり具体的な話ではないのカモ。
 青木無常でごじゃる。

飛躍(素材使用)


 世界の最先端をいく著名人であるイーロン・マスク、スティーブン・ホーキング、ビル・ゲイツが、それぞれ人工知能の開発に対して懸念を表明したニュースは世界中の人々の興味を引いた。

 その論点には、AIの進化はある時点で爆発的に加速し、人類の知能をこえる究極の人工知能が誕生するとする未来予測、いわゆる「シンギュラリティ」問題があげられている。

 レイ・カーツワイルによって提唱されたこの人間社会が根底から覆り変容するとされる「特異点」の到来は2045年とされていたことから、別名「2045年問題」とも呼ばれるシンギュラリティ自体がすでにセンセーショナル。

 それを支持するかのごとく、世界的な三巨頭が口をそろえてAIへの懸念を表明しているのだからおだやかではないが…

 …この三人、具体的に何を憂慮し、虞れ、警戒しているのかがよくわからなかったので、ちょいと調べてみたわけなのでございますよ。

2017年8月7日月曜日

腸は第二の脳? 実は数々の驚異と謎と可能性にあふれている腸という器官もけっこうブキミ


 ブキミというか、思いのほか重要?
 青木無常でございますです。

神秘(素材使用)


 ミトコンドリアが実は起源の古い寄生生物で、生物としての進化にからんで人間に対して反乱を起こす、という小説がございましたが、腸ももしかしたら…

 …というのはおそらくいいすぎでしょうけど。

 われわれにとって身近すぎる体内器官「腸」なんですが、意外すぎるほどさまざまな特徴をもっていて、なんと「第二の脳」とまで呼ばれることもあるくらいだということをご存知でしたでしょうか。

 臓器が脳とコミュニケーションをとっているという衝撃的な内容のインタビューを先日ご紹介しましたが、この部分、掘るとますます深くなりそうです。

 底なし沼に嵌まりこむ気力はさすがにないんですけど、ちょいとさわりだけでもご案内いたしたく。

 さわりだけでも、おそろしく興味深い。

2017年8月6日日曜日

ヘッドセットの彼方にスター・ウォーズ宇宙!? ディズニーから『スター・ウォーズ』の公式ARヘッドセットとゲームが公開予定


 残念ながら詳細は未定。
 青木無常でございまするん♪

電撃突撃兵(素材使用)


 ヘッドセットを装着すれば360度全視界に広がる架空の世界…拡張現実と訳される「AR」の技術はさまざまな可能性をわれわれに夢見させてくれますが、ついに!

 そのうちのひとつが…それも、心の底から待ち望んでやまなかった「夢の世界」が!

 …現実となるというエキサイティングな発表がありましたのです。

 ディズニーのイベントで発表されたその内容とは…

 …ズバリ! スター・ウォーズのARコンテンツ&ヘッドセットStar Wars: Jedi Challenges

2017年8月5日土曜日

ちょっとした交通違反でも目撃する側に立つと許せない神経質かつ狭量きわまる似非正義感向け軽くスカッとする動画


 私のことですが何か?
 青木無常でありますが。

力づく(素材使用)


 以前、立小便を撲滅すべく、あまりにも過激な手段(散水車で放水)で対抗策を実施したインドの「環境美化団体」の話題をご紹介したことがございましたネ。(`▽´)

 本日のは、あそこまでは過激ではない。

 どちらかというとソフトで、きわめて親切(もちろん大きなお世話)。

 すなわち。

 一時停止線からはみ出して横断歩道上に停止している、よくいる感じの交通違反車に、わかりやすく停止線をはみ出してますよと伝えるとともに違反切符を切られる前に違反状態を解消まで(強制的に)してくれる…

 …という。(`▽´)

2017年8月4日金曜日

ご案内・重機ファン・カラーコーンいらず? 重い防御柵をジッパーみたいに一気に移動させることが可能な「ロードジッパー」


 ジッパーみたいに防御柵を移動させる。
 青木無常でございますよん。

開閉(素材使用)


 本日は恒例となりました「ご近所散歩」の新しい記事のご案内でございますよん。

 巨大で重い「防御策」を、電車のような重機でシステマチックかつ短時間に自在に広げたり縮めたりすることのできるシステムをご紹介しています。

 その名も「ロードジッパーシステム」…

 …ということで、本文は例のごとく別サイトである「ご近所散歩」にございますので、そちらにてお楽しみくだしゃんせ。_(_ _)_


※以下本文より一部抜粋

 …という工事関係者にとっては長年の懸案を、ある程度は解決可能なおもしろい重機が出現したのでございますよ。

 その名は「ロードジッパー」!

 重くて頑丈なコンクリート製の「防御策」を、名前どおりジッパーみたいに短時間で右から左に…つづきはこちら
から。






【無常式】ご近所散歩


2017年8月3日木曜日

睡眠中に脳と脳をつなげると記憶が同調する? 不思議な脳の最先端情報


 そもそも脳と脳をつなぐのが大変な気はしますが。
 青木無常でありますが。

第六感(素材使用)


 先日、臓器を移植すると記憶も移動するのかという命題で、最近の脳科学では臓器と脳がコミュニケーションしているらしいとご報告いたしました。

 そのときの話題とは関係なかったので割愛した脳科学最前線の話題について本日はふれてみたいと思いますのよ。

 ギズモードが脳科学者の教授に、記憶に関する研究の現在などについてインタビューしたニュース記事がネタ元でござんす。

 内臓と脳の関係のほかにもこの記事にはいろいろと興味深い新事実が語られていたのですが、そのなかでも白眉としては脳と脳とが同調する可能性について。

 他人の記憶を移植したりすることは可能か、というテーマから噴出してきた、きわめて不思議な現象がそこでは語られていたのでございますよ。

2017年8月2日水曜日

これは便利そう! スマホのカメラでモノの長さを測ることのできるアプリ「AR Measure」


 ただし、まだ未公開。
 青木無常でごんす。

スケール(素材使用)


 私、ぢつはメジャー持ち歩いてます。

 サイズ感とかかなりテキトーなので、何回もサイズの合わない買物をしては煮え湯を飲まされた(つか、自業自得ですけど)ことがございますのでネ。

 ただ、店とかで唐突にメジャー取り出してジャララーと伸ばしておもむろに物体の長さを計測するという一連の行為って、けっこう人目が気になってしまったりしなくもない。

 たまには大っぴらに測ると支障がありそうな状況とかもなくもなかったりしますしネ。

 だから、スマホのカメラをかざすだけでモノの長さが測れてしまうようなアプリがあれば、かなり便利なのはまちがいないのでござんすよ。

2017年8月1日火曜日

印刷された「人造心臓」の鼓動がやけに耳ざわりな件


 ま、過渡期のシロモノではありますが。
 青木無常でございますが。

ポンピング(素材使用)


 3Dプリンタで臓器をプリントして医療に利用、てな状況もかなりちょくちょく報告を耳にするようになってきた昨今。

 とうとう「印刷」された人造心臓まで出現してもうたわえ。

 まだ実用レベルとはいえないんですが、シリコン製のその「心臓」はちゃんと柔らかいし、ちゃんと心臓っぽく拍動したりもするレベルのものなのでござんすよ。

 そもそも人工心臓というものはふつうに存在しますからね。

 どうせつくりものなら、性能も見かけも本物に近いほうがそりゃいろいろと都合もよかろうて。

2017年7月31日月曜日

臓器に「記憶」は宿るのか? 臓器と脳がコミュニケーションをとっていることがわかってきた…


 臓器移植すると性格が変わるってきいたことあります?
 青木無常でございますよ。

関係(素材使用)


 臓器移植すると、臓器提供者の性格まで移植されてしまうという、まことに薄気味悪い報告があるみたいなんですよ。

 提供者、いわゆるドナーの趣味嗜好や習慣、性癖とか性格とか、はなはだしい例になるとドナーしか経験していないはずの記憶まで…レシピエント、つまり移植先の人に、移ってしまうという報告。

 静かなクラシック音楽を好んでいた
初老の男性が、移植を受けたあとにはロックを大音量で聴くようになってしまったとか。

 有色人種を激しく差別する団体の幹部が、移植手術後に一転して黒人に同情的になったという話はかなり有名だと思うので、どこかできいたことがあったりするカモしれませんね。

 もちろん、移植された臓器は、脳、ではない。

 心臓や腎臓などの、通常は「記憶」とはまったく無関係なはずの内臓の移植手術だったはずなのに、なぜか記憶や性格が…という、あまりにも不思議で、そして不可解な話…

2017年7月30日日曜日

実験映像なんだか単なるチェンメの類なのかよくわからないがほどよいブキミさがけっこうおもしろい恐怖動画


 再生なさるんなら、自己責任で。
 青木無常でございますよお。

向こう側(素材使用)


 カラパイアをつらつら遊弋しておりましたら、おもしろい動画にいきあたりましたのでおすそ分け。

 とはいっても、若干、どう受けとっていいのか判断しかねる内容だったので、一応再生するかどうかは自己責任にてお願いします、とあらかじめお断りさせておいていただきます。

 なぜかというと…

2017年7月29日土曜日

ラヴクラフト好きならまちがいなく楽しめそうな絵本「はらぺこクトゥルフむし」


 はらペコの邪神、やりたい放題。
 青木無常でありんす。

邪神(素材使用)


 ホラー好きならいまさら解説の要もございませぬでしょうが、20世紀初頭に「宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)」などと称されるSF要素を含んだホラー小説群を創出した巨頭。

 それがハワード・フィリップス・ラヴクラフト(通称H・P・L)であります。

 人間など虫けら程度にさえ意に介さない邪悪かつ狂猛きわまる邪神を主体とした創作神話を立ち上げた異能の作家であり。

 彼の描いたクトゥルー神話、あるいはクトゥルフ神話等と呼ばれる暗黒神話群の背景に描かれた異様な世界観は、存命時から熱狂的な追随者を生み出しつづけ、高弟を自称するダーレスという男によって体系化され、関連作品もまた次からつぎへと今なお生み出されつづけており…

 ラヴクラフトウイルスの感染者は世界中に拡大、現代もまた増殖しつづけてやまない脅威の存在であるのです。

 その、ラヴクラフトが創始した神話の主要キャラ(?)であり神話群の総称を担ってもいる「クトゥルフ」なる邪神を主人公にした、すさまじくマニアックな絵本が発表されているのでございますよ。

2017年7月28日金曜日

青色照明は本当に防犯効果や自殺防止に役立っているのか


 疑問には感じますがネ。
 青木無常でございますがネ。

線路(素材使用)


 2000年にイギリスのグラスゴー市というところで青色の街路灯が導入されたのは、景観改善のため。

 ところが。

 その「青色照明」が街を染め上げたところ、なぜか犯罪件数が減少したとの報告があがったのだそうです。

 日本のテレビでもこの話題が報道されたため、2005年に奈良県警が積極的にこの「青色照明」の設置に取り組んだところ、やはり夜間の犯罪認知件数が9パーセントほど減少したのだとか。

 すわ! 青い照明には、人の精神をおちつかせる効能が!

 などと日本各地が便乗して騒ぎ始め、いたるところで「防犯灯」としてこの青色照明が取り入れられるようになったのだとか。

 その効果、実際には…?

2017年7月27日木曜日

人工知能が人類を支配するなんざ「絵空事」である理由は「長文読解問題」を解く能力が致命的に欠けているから?


 人間だって欠けてるヤツはいくらでも…? (`▽´)
 青木無常でございますがね。

優越(素材使用)


 ま、人間における「長文読解問題」の得手不得手とは根本的にちがう意味のようです。

 というわけで、しばらく滞っていた「人工知能進化論」を先日しれっと再開したわけなんですが(^_^;)、若干、若干ですが整理がついてきた感じなので。

 ま、私の手に余る内容であることは変わりないので深くは踏みこめなさげな状況はあいかわらずではありますけど、多少なりとも進めておきたいと思いまして。

 人工知能が人間を支配する構図なんざちゃんちゃらおかしくて笑える、と豪語なさる識者もたくさんいらっしゃるのは私も知っているのですが、引っかかっていたのはなぜそうなのかというあたりがよくわからないから。

 そのあたりに、多少の得心がいく理由にいきあたりましたのでね。

 それが、東大合格を目指して学習を積み重ねていた人工知能「東ロボくん」が、なぜ東大受験をあきらめたか、という部分に関わってくるのでございますよ。

2017年7月26日水曜日

記憶を消すだけでなく、自由に書き換えることができるようになるカモしれない研究が行われている


 そんな方法、権力者が手にしたらやることはひとつ。
 青木無常でおわします。

方程式(素材使用)


 技術の発展は人類の未来を明るくするかというと、さまざまな反証が主に物語として語られてきたものでございますが、本日ご報告する研究成果もまたしかり。

 以前、記憶を消す方法は複数考案されていることや、さらには消すだけではなく消した記憶をよみがえらせることが可能と思われるような研究・観察結果が報告されたことなどをご紹介したことがありました。

 でももう、自在に記憶を書き換えることすら可能になるカモ…いや、将来の話でしたら「怖いね~」ですむけど、もしすでにそういう技術が確立されてたりとか想像すると…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルガクガクブルブル

 ま、想像過多な仮定はおいておくとしても(^_^;)、書き換えが可能って程度には進捗してるってあたりは事実らしい。

 自分で選択できるんならまあ喜んでもよろしいのでしょうが…?

2017年7月25日火曜日

独自の進化で拳銃に匹敵する加速のパンチとシンプルかつ人間が考えたどんな装置よりはるかに優れた驚異の眼を持つハイスペック生物「モンハナシャコ」


 人間なんざ足もとにも及びやせん。
 青木無常でごぜえやす。

宇宙生物?(素材使用)


 異常にカラフル。

 極彩色と表現してもまったくまちがいではござんせん。

 しかも、ひとたび目にすれば決して忘れることのできない不気味な姿は、地球上で進化した生物とは到底思えぬ異様さ。

 モンハナシャコと呼ばれるこの海洋生物は、名前のとおり、われわれの食卓でおなじみの、あの「シャコ」の一種なんだそうです。

 禍々しいのは、見た目だけにあらず。

 異常なパワーのパンチを繰り出すことでも知られているのだそうです。

 そのスピード、なんと、時速80km!

2017年7月24日月曜日

人工知能がわしらの脳を鍛えてくれる日


 近い将来…? いやいや、もう到来しているそうですよ。
 青木無常でございますよう。

指図(素材使用)


 ご存知のとおり脳トレ系のゲームはちまたに山ほどございますので、意外でもなんでもないカモしれませぬが。

 なにしろ、オセロ、チェス将棋囲碁、そしてコンピュータシミュレーションゲーム、果てはポーカーでまで、AIが人間を打ち負かせてしまったというニュースが次々に報告されておりますゆえ。

 ポーカーなんて、人間相手にブラフをかますまでに進化しているそうですからね! ( ; ゜Д゜)

 という感じで人工知能の発達のめざましさはすでに周知の事実といってもよさそうですが、意外な副産物も報告されているのだそうです。

 将棋の世界において、年齢によって若手には敵わなくなってきたはずの棋士が、復活を遂げてきているのだそうですが…その契機に、なんと、AIがからんでいる…らしいのですよ?

2017年7月23日日曜日

グチャドロ怪物映画の金字塔『遊星からの物体X』前日譚制作前にボツにされまくったコンセプトアートが存在する


 一部は「結果オーライ」。
 青木無常でごんす。

ある朝(素材使用)


 グロな映像がおきらいであれば申し訳ない。

 本日の内容は、まさしくそういう方向の「アート」に関するお話でありますゆえ。_(_ _)_

 ジョン・カーペンターが監督したSFホラー映画『遊星からの物体X』は、それ自体が1951年制作の『遊星よりの物体X』のリメイクでありました。

 が、51年作品がサスペンスフルな展開と見せかたの妙により視聴者の想像力を刺激して成功した内容であるのに対し、カーペンター監督のリメイク作品は…

 …これでもか、とでもいいだけなグチャどろ血まみれ汚物まみれの「下品」きわまる造形物が売りの、ある意味アメリカ映画のゲスでBCD級極北なコケ脅し映画そのものでありましたので、好悪はわかれるところ大。

 私はもちろんこの手の下品きわまりない映像作品が大好きなので、カーペンター作品は諸手をあげて大歓迎大熱狂したクチなんですが(^_^;)、さらにその「続編」の、それも制作前の企画段階で、諸事情によりボツの憂き目を見たコンセプト・デザインやアニマトロニクスが大量に存在している、というのですよ。

2017年7月22日土曜日

東急ハンズの「地球研究室」はなぜ名古屋店にだけ…?


 ずっと東京にくるのを待ち焦がれているんですが…(。-_-。)
 青木無常でございますん…

架空(素材使用)


 オープンしたのは2010年。

 去年フロアを改めてリニューアルしたとのことなので、決して閑古鳥が鳴いているというわけでもございますまい。

 というより、むしろ不動の人気を保ちつづけてきているのではないかと推測されるのですが…

 JR名古屋駅に直結しているタカシマヤの数フロア(5F~11F)にまたがって営業している東急ハンズ名古屋店の一角を占める人気コーナー地球研究室のことであります。

 いわく、遊べる理科室

 あるいは、買える博物館

 そのコンセプトを耳にしただけで、私にとって垂涎の的でありつづけてきたのですが…

2017年7月21日金曜日

猛毒クラゲを常食する上、餌の猛毒注入器官をみずからとりこんで己の武器としてしまう危険生物「アオミノウミウシ」


 見た目も生態もウミウシっぽくない。
 青木無常でごじゃる。

青(素材使用)


 数メートルにも及ぶ毒を注入する器官"刺胞"を持ち、人間でも刺されるとアナフィラキシーショックで死ぬ虞すらある猛毒生物、カツオノエボシ!

「電気クラゲ」の異名を持ち、海洋生物図鑑などでも必ず出てくる凶悪生物の代表格たるカツオノエボシなのですが。

 なんと!

 このカツオノエボシを主食としている化物のような生物が存在するのだそうなのですよ! ををを!

 その名も「アオミノウミウシ」!

 見た目はきわめて美しい青が印象的な、ウミウシの仲間なのですが…その生態も性格も、ウミウシなどとは似ても似つかぬ凶悪っぷり…!

2017年7月20日木曜日

便利そうな気もするが価格に難アリすぎな「折り畳みハウス」


 1500マンエン。(゚o゚)
 青木無常でございます。

人力(素材使用)


 10分くらいで家が一軒建ってしまうとかゆわれても、にわかには信じがたかったりしますよね。

 ところがどっこい。

 まさしく魔法のように、するすると小さなコンテナが見るまに一軒の家に大変身してしまうという、おみごとな動画がございました。

「TEN FOLD」というところが作成した、不思議な家の動画です。

 トラックに積載したコンテナのようなものが、あれよというまに展開していきみるまに一軒の家に…

 …という、一見、夢のような機構なのですが…?

2017年7月19日水曜日

翼がなくとも空は飛べる…VRとエクササイズ機器を組み合わせて飛行シミュレーションを実現したフィットネスマシン「ICAROS」


 それでも。翼は、ほしい。
 青木無常です。

イカロス?(素材使用)


 以前、床にうつぶせで寝ころんでブザマなかっこうでVR(バーチャルリアリティ=仮想現実)スカイダイビング・ゲームをプレイしている男のシーンから始まるショートフィルムをご紹介したことがありました。

 床に寝っころがって腹筋だけで四肢を突っ張らせてゲームコントロールする機構は相当疲れそうだなと見ながら思ったものでしたが。(`▽´)

 それを現実にマシン化してVRと組み合わせてしまったフィットネスマシンが実在するらしいのでございますよ。