スポンサーリンク

2017年8月13日日曜日

筒状の巨大な雲が地平線から地平線まで延々とつづいている不思議な光景「モーニング・グローリー」


 山下達郎の歌にありましたな。
 青木無常でございますよー。

ロール(素材使用)


 こんな雲が出現してるの気づいたら、絶対スマホのカメラ起動しますよね。

 筒状の、巨大な雲。

 屋根の向こうから頭上を過ぎて、はるか地平線の彼方までずっとのびている。

 まるで異界へとつながる巨大な通路ででもあるかのように。

 そんな、巨大きわまるロール状の雲が地面と平行に、空にかかる現象がこの世には存在するのだそうですよ。

 その現象の名は「モーニング・グローリー」。


Tube Cloud



 動画のコメントを見ると、チューブ雲とかロール雲とも呼ばれるようですな。

 アメリカのテキサス州アマリロのティンバークリーク・キャニオンというところで早朝に発生した雲だそうです。


ソース:カラパイア 2013年11月26日
異世界へとつながるトンネルのようだ。巨大なロール状の雲「モーニング・グローリー」がごうごうと音を立てて動いていく様子
http://karapaia.com/archives/52146814.html


 この現象は

湿度が高くなり、前日に強い海風が吹いている時に現れやすい
のだそうです。

 高さは地上から約1~2kmだそうですので、雲としてはかなり低いところにかかる感じ?

この世でないどこか(素材使用)


 長さはなんと最大で1,000kmほどにもなるらしく、移動速度も速いそうで最大時速60kmに達することもあるのだとか。



 こういうのが何本も連なって地上に影を投げかけている航空機から撮ったとおぼしき写真とかもネットでよく見かけるイメージはありますよな。



 筒の中を飛んで抜けてすばらしい異世界にいってしまいたい本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク