スポンサーリンク

2018年2月24日土曜日

真横にも移動可能! アーム付きフォークリフト「Maxtruck」


 ふつうの乗用車にも実装してほしい。
 青木無常でございますよう。

水平移動可能(素材使用)


 フォークリフトなんざ使用する機会もなかったし、おそらく今後もないだろうけど、このタイヤの機構はすごいしうらやましいとも思ったのでご紹介いたしますん。

「Maxtruck 2T」という名前のフォークリフトなのですが、従来のものにはあまり見られなかったアイディアに基づく便利な機構が三つほど、施されておるのです。

 そのうち、わしらの実生活にも導入してほしい機構が…左右前後に自在に動くタイヤ。

 このタイヤで何ができるかというと…真横に移動できるんスよ。えええっ!?


Maxtruck 2T



 タイヤが回転したり寝たりする機構が乗用車に実装されている動画もぢつはどこかで見かけた記憶があるんだけど、ストックしたのかどうか確認できていないので、見つかったらそのうちまたご紹介いたしますカモ。

 私は個人的に車の運転でいちばん苦手なのが縦列駐車なので、この機構がついてたらかなり心強いんですよねえ。

 ま、理想は完全自動運転の自家用車なので、「生きてるうちに実現してほしい」未来像としてはけっこう中途半端ではありますけどネ。



 ちなみに、ほかのふたつのアイディアのうちのもうひとつは、リフト部分が上下に動くアームに直結していること。

 これによって、従来のフォークリフトにはムリだったかなり高い場所へもパレットを持ち上げることが可能になるって寸法ですにゃ。

回転(素材使用)


 んで最後のひとつが、アタッチメント方式。

 これなんか、ありそうで見かけなかい機構ではございまして。

 ふつうのフォークリフトならパレットにさしこむブレード状の機構が唯一無二の機能なのですが、この部分をアタッチメント式にして、高所作業用の足場とかに換装できる、というシロモノなのでござんすよ。

 まあフォークリフト使うような現場でこういう機構の需要があるかどうかが微妙なような気もしないでもないんですけど。(`▽´)

 交通誘導警備員としては、これと前後左右自在タイヤ機構と組み合わされば、高所作業現場でもかなりの強みを発揮可能なような気もしなくもないですわえ。






 実際こういう便利機能がわれわれの日常生活に利用できるようになるまで生きていられるかというと、その点も微妙そうな気が濃厚にいたしますあたりがこれまた笑えますわね。(`▽´)



 カニ歩きで散歩してきます本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク