スポンサーリンク

2017年8月17日木曜日

お祭りとかでおなじみの『チャンチキおけさ』の「チャンチキ」も実はわしらにものすご~くなじみ深い楽器であった


 なじみ深いといっても、意識には昇らない。カモ。
 青木無常でございますです。

和(素材使用)


 またしても手抜きに失敗してしまいましたが、それは興味深いことが鈴なりに出てきてしまうため。

「チャンチキ」であります。

 楽器のネタさがしに重宝しきりの「私家版 楽器事典」ですが、目次をながめているとよく知っているけど実は「謎」の言葉がちょくちょく目につく。

「チャンチキ」も、そのひとつ。

『チャンチキおけさ』という楽曲名は日本人であればだれしも、なんとなく(そう、おそらくは「なんとなく」ではないでしょうか)知っているのではないかと思います。

 三波春夫さんが大衆歌謡として流行の兆しを見せていた新しい時代の流れ、すなわち「演歌」という世界に名乗りをあげて乗り込んだときに、デビュー曲として歌ったのが…

 …そう、まさしく『チャンチキおけさ』。


Amazonリンク



 夏祭りとか盆踊りとかで定番の一曲だそうです。

 が、そもそもそういうところでかかっている曲の曲名や由来やくわしいことなど考えたこともなかったので、今回調べていろいろ出てきてなかなかびっくりしていたりします。

 曲も歌詞もなんとなく耳になじみが確かにある。

 ですが、お祭りや踊りなどのおめでたい場でかかる曲にしては…けっこうヘヴィでディープな歌詞、でもありましたのです、ぢつは。

 なんと

故郷を離れて働く出稼ぎ労働者らが、路地裏の屋台で安酒をあおりながら、遠い故郷に思いをはせて、しがない我が身のやるせなさにため息をつく
という内容なんですって。知らなんだわえ…_(_ _)_


ソース:世界の民謡・童謡
チャンチキおけさ 三波春夫
http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/chanchiki-okesa.htm


酒(素材使用)


 この歌の中で、安酒をあおる労働者が「チャンチキ」に見立てて小皿を叩くというのがサビの部分の歌詞なのですが、そもそも「チャンチキ」って何よ? ってのが、平均的な現代人の感覚なのではないか、と。

 その「チャンチキ」が「私家版 楽器事典」の目次にあったという次第。

 で、開いてみると…

ソース:私家版 楽器事典
チャンチキ/摺鉦 すりがね
http://saisaibatake.ame-zaiku.com/gakki/gakki_jiten_chanchiki.html


鉦(素材使用)


 真鍮製の、まさしく小皿のような形をした「鉦(かね)」のことだそうです。

 底をこするように鳴らす奏法もあるようなので「摺鉦(すりがね)」とも呼ぶみたい。

 基本握って打つもののようですが、当然離したほうがよく響くので、握ったり離したりで音色をかえることができる。

 そういう奏法によって変わる音色を表現したのがおそらく「チャンチキ」という名前の由来なのではないかと個人的に推測いたしました。

 それがよくわかる動画がYouTubeにありましたので、どうぞご覧くだしゃんせ。


竜馬四重奏 「仁のなるほど囃子塾 - 第四回 鉦 -」



 この動画では楽器の大きさによって呼び名も変えて解説していますが、大きいモノでも一律に「チャンチキ」と呼称している動画もありました。

 詳細不明ですが、素人にはどうでもいい部分なのでこの部分は掘らないことにしました。_(_ _)_



 ちなみに動画タイトルにある「竜馬四重奏」というのは、ヴァイオリン、津軽三味線、篠笛、鼓という異色の組み合わせで「和」をベースにしたオリエンタルサウンドを表現するユニット。

 こういう「和」やオリエンタル、エスニックな音楽を基調にして独自のバンド風楽曲で表現しているユニットって、ある意味日本ポップス界の定番めいた部分もあるけど、おおむね世界的に評価が高そうでもありますね。

 この例にもれず…などというとおそらくご当人たちには型嵌め的な揶揄にきこえてしまいそうですけど、そういう意味ではないです。

 この例にもれず。

 この「竜馬四重奏」というユニットも、かなりジャンルや国境を越えた高い支持を獲得しているようです。


Amazonリンク



 …というようなことは付加的な情報として、実際かれらの演奏を聴けばその心地よさにはご首肯いただけるものと思ってますがネ。(^_^)

 動画も埋め込みたいんだが、プロのユニットの演奏動画はさすがにまず杉そうなのでやめておきます(上の動画も迷ったんですが、伝統楽器の響きを発信するというコンセプトには則ってるはずだと己に言い訳して載せちゃった)。

 YouTubeに飛べばMVなどにもつながっていると思いますので、よろしければ。



 で、チャンチキに戻ると。

 なんのことはない、祭りのお囃子でしょっちゅう耳にする「チキチキチンチン」鳴ってるあの鉦の音であるみたいじゃない。

 そう、これまたわれわれ日本人にはなじみ深い、チンドン屋さんの「チンドン太鼓」の、上のほうについているチキチキ鳴らすあの鉦。

 アレもたぶん、チャンチキなのではないか、と。



鉦や太鼓(素材使用)


 路地裏の屋台の小皿をチャンチキに見立てて鳴らす、と、歌詞でゆわれてもいまひとつ意味がわかりませんでしたが。(^_^;)

 なるほど、お祭りなんかで無意識に耳にしている、なんとな~くわしらをおめでたい気分にさせてくれるチキチキチンチン鳴ってるあの音のことか、とわかってみれば。

 酔って小皿で適当に刻むリズムがチャンチキってのも感覚的に得心がゆきますわえな。(`▽´)



 なお「おけさ」にももちろん由来はあるけどここでは割愛。

 ご興味がおありなら、上の「世界の民謡・童謡」の記事に書いてあるのでご参照くだしゃんせ。



祭(素材)


 最後につけたし。

『チャンチキおけさ』でYouTubeを検索すると、三波春夫さんの息子さんがup主の動画が出てきて、なんとそこではあの高中正義がウクレレで伴奏してくれる『チャンチキおけさ』が見られます。びっくり。

 どうも三波豊和さんと高中正義さん、ご親交があるみたい。

 これも埋め込みたかったんですが、チャンチキという楽器は出てきてないしやっぱり勝手に引用するのはかなりまずそうな気もするのでやめておきます。あしからず。_(_ _)_



 掘るのが楽しすぎてますます時間が圧迫自分の頸どんどん圧搾本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク