スポンサーリンク

2017年7月30日日曜日

実験映像なんだか単なるチェンメの類なのかよくわからないがほどよいブキミさがけっこうおもしろい恐怖動画


 再生なさるんなら、自己責任で。
 青木無常でございますよお。

向こう側(素材使用)


 カラパイアをつらつら遊弋しておりましたら、おもしろい動画にいきあたりましたのでおすそ分け。

 とはいっても、若干、どう受けとっていいのか判断しかねる内容だったので、一応再生するかどうかは自己責任にてお願いします、とあらかじめお断りさせておいていただきます。

 なぜかというと…



 …記事タイトルには潜在意識を呼び覚ます実験映像とか書いてあって、内容にも

心の奥底にしまい込んだ恐怖の正体をあぶりだすかもしれない実験映像だそうである
という文言が書かれているのだけれど…

 …まず、どこのだれが、なぜ、そんな実験映像を作成したのかという情報がまったくどこにも書かれていない。

目撃者(素材使用)


 一応「閲覧注意」の文言もタイトルと内容に一か所ずつあるのだけれど、その理由として書かれているのは
人によってはこのカット無理だわってのがあるかもしれない。なので閲覧注意でお願いしたい
と書かれているのみ。


ソース:カラパイア 2014年08月13日
真夏のホラー:潜在意識に眠る悪夢を呼び覚ます実験映像(閲覧注意)
http://karapaia.com/archives/52170435.html


 ところがですな。

 実際に映像を再生してみると、最後の最後に。
なお、こちらの映像は十時間連続再生していただかない限り視聴者側に呪いがかかるようプログラムされております。
呪いを完全に取り除くためには見終わった映像を必ず十人以上の友人とシェアしてください。
という文言が、かなり短い時間だけ表示される。

 一瞬というほどではないのですが、全部読み切るには相当な速読のスキルが必要なのではないかと思われる不親切というか意地の悪い感じの「短さ」であるのでございますよ。

痕跡(素材使用)


 ま、ポーズボタンを押せば停められますがね。

 私は十時間連続再生もしておりませんし、十人以上の友人とシェアするような真似もしていない。

 ここで紹介している状況がシェアに当たるのはまちがいありませんが、このブログを読んでいるあなたを「友人」のカテゴリに入れていいかどうかは判断がつきませんしネ。( ̄ー ̄)

「友人」の範疇に入りそうな人物を自分で選出してピックアップするとなると、私の場合はそもそも十人にはとてもとても満たないことになりますので(`▽´)、前提条件として私はすでに呪われてしまったはず。

 呪われたらどうなるのかもどこにも記載がないので、小指をタンスの角にぶつけたとか足を挫いたとか今後そういう事態が勃発したらそれが呪いの発動であるのカモしれませんが…(`▽´)

 …ま、呪いというからには最悪死ぬとか死ぬよりもっとひどい運命に見舞われるとか、そういう可能性も考えられないではないので。




Amazonリンク



 以下に、くだんの動画を埋め込んでおきますが…

 一応。

 再生するなら自己責任で、と。

 再度警告させておいていただきますので。

 よろしくご了承のほどを。



 警告はしておきましたからネ。( ̄ー ̄)

 再生ボタンをお押しになるのなら、くれぐれも、ご自分のご遺志、もといご意志にてお願い申し上げますふふふ。


The Camille Flammarion Curse



 動画自体は、眼鏡を装着せずに見る3D映画っぽい二重に重なったぼやけた感じの映像。

 CGにしか見えないモンスターやらスキンヘッドで白目っぽい裸(のように見える)のチャンネーが出てきてなんか対決っぽい雰囲気が醸し出されつつも尻切れトンボに別の画面に移行するし。

 幹細胞っぽいものとか無数の眼とか、壁を蠢く黒いつぶつぶ、開く扉の向こうから出てくる巨大な顔、人の形をしたシルエットが燃えていくさま等々、いろいろブキミっぽいものが矢継ぎ早に映しだされていきます。

 …が、まさしくブキミっぽいだけで、そんなに怖くはない。(^_^;)

 なんとなく、怖そうな雰囲気のものを適当に集めてみました、程度の映像でござんす。

 個人的にはこの適度にブキミっぽい感じがおもしろいというか気に入ったというか、好きですがね。



屋根裏(素材使用)


 ま、私の場合は以前にも「見ると1年後に死ぬ呪いの動画」とニュースタイトルに堂々と描かれていた動画を見たことを報告していま現在もこうしてのうのうと生きながらえながらブログの更新をしていたりしますし。(`▽´)



 ん…?

 それとも、自分がまだ生きていると思っているのは私だけで、もしかしたらもうすでに…?



 となればあなたがご覧になっているこのブログは死者からの交信本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク