スポンサーリンク

2017年6月28日水曜日

全部乗せ! インドのかき氷


 甘すぎる誘惑。(`▽´)
 青木無常でございますよう。

神秘(素材使用)


 インドの屋台で、かき氷を作っているところの動画が話題を呼んでおります。

 なんか不衛生そう?

 おそらくまちがってないです、というより、食べるんならそのあたりは覚悟の上でいったほうがよろしいか、と。

 ただ、それよりもさらに衝撃的なことが…?


カラパイア 2017年06月10日
君はこの衝撃に耐えられるか?インドにある狂気のかき氷屋台
http://karapaia.com/archives/52239503.html


 なんつーかね、かき氷機の下に直接手をぶっこんで出来てきたかき氷をそのまま素手で受けてそのまんまカップにぶちゃっと突っ込んで…ってあたりも、たしかに衝撃的なんだけど…


Crushed Ice Lollypop | Indian Street Desserts - Street Food India Ice Gola



 シロップをかける段になって、異変は徐々に加速する。

 まずは生のフルーツ。柑橘系の何か?

 半分に切ったそれを道具を使って潰しながら果汁を直接氷にかけ始める。

 なるほど、生のフルーツの果汁をかけてくれるのか、なかなかダイレクトで悪くないカモ…などと油断していると…とんでもない光景が、矢継ぎ早に…

 まずは尋常といってもいい、赤いシロップ(イチゴ…にしては濃い。われわれ日本人になじみのあるフルーツとなると、さくらんぼくらいの赤さ…?)が登場します。


 ビンの口に親指が当たっているあたりが気にはなるものの、まあふつうのかき氷。

 が…


Amazonリンク



 …つづけて、黄色いシロップ(オレンジ? あるいは定番のレモン?)…

 え…? 味、ダブル…? かき氷で…?

 …という、日本人の平均的感覚の持主なら当然惹起される疑問をおきざりにしつつ、事態は容赦なくさらに進行する。

 すでにかけ過ぎ気味のシロップに中央部が完全に溶けたかき氷の上から。

 さらに。立てつづけに。

 毒々しい緑色のシロップ(…メロンとか…そういうわれわれにとって「尋常な」フルーツの色にはどうしても見えない濃緑色)…。

 重ねて、黒に近い感じの、かなり濃い紫色のシロップ(グレープ…?)

 加えて(゚o゚)、今度は明るい感じの、赤のシロップ(これも、イチゴというよりはなんかトマトに近い色の赤)。

冠(素材使用)


 まだまだつづく。

 オレンジ色の液体(少しペースト状な感じで、かき氷のシロップというよりはケーキとかにかけるソースのような感じに見える)。

 シャーベット状のやや透明な白の液体(もはや、完全に、正体不明)。

 とどめに。

 白い粉(砂糖のようにも見えるのだが…塩とかだとしたら、それはそれで…)(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルガクガクブルブル



 以上。(`▽´)

 かき氷…というよりは…シロップまみれの、溶けた氷の残骸…とでも表現したほうがよさげな、イミフなシロモノ…




Amazonリンク



 ついでにいってしまえば、氷にしろシロップにしろ、盛りかた、かけかたが雑すぎてトレー上にこぼれまくっているあたりも日本人的感覚からすればあまりにももったいないし汚らしいし適当すぎる…(´_`。)

 …けど、そんなことどうでもいいくらい…シロップの量が…



 外国では水は気をつけろ、とはよくいわれるアドバイスですが、こういう暑い気候のお国では意外と盲点になりやすい点として、この手の「氷菓」も気をつけたほうがいいときいたことがあります。

 特にインドあたりでは、うわさでは人々が沐浴したり排泄したりもしている川などの水をそのまま使用しているという話もよくきく(事実かどうかは知らん)ので、かき氷などというシロモノも手を出さないほうが無難なのカモですが…



運搬(素材使用)


 こういうのを見せられても食べたくなる味覚の持主は、日本ではかなり特殊な部類に分類されるのではないか、と…

 ノー・シロップ、アイス・オンリー、OK。

 これでたぶん通じるんじゃないかな。

 可能なら自分でシロップ適量だけかけさせてほしい…



 アメリカ人なら喜びそうとか偏見? 本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク