スポンサーリンク

2017年6月13日火曜日

ほとんど水上バイクにタイヤをつけただけといってもいいお手軽さならピカいちの水陸両用自動車「クアッドスキー」


 かなりパーソナルというか…
 青木無常でありますよ。

空中(素材使用)


 ボートに車輪をつけただけみたいな外見の水陸両用車「ハムディンガ」を先般ご紹介したのですが、水上を滑走するタイプの水陸両用車はかなりいろいろな種類がございまして。

 本日ご紹介する「クアッドスキー」もそのひとつ。

 ハムディンガがボートにタイヤをつけたものなら、この「クアッドスキー」は水上バイクとか水上スキーと呼ばれるものに四輪のタイヤをつけた感じのシロモノでござんす。

 お手軽感と爽快感はかなりカモ。


NAVEまとめ 2017年04月10日
Gibbs Quadski
https://matome.naver.jp/odai/2138995898619149901/2149179995634908903


 これもタイヤが水面につかないように収納(というほどでもないけど)ギミックつき。

 水上での疾走感は見た目どおりかなり高そうです。


Gibbs Quadski



 アメリカで4万ドルで販売されているらしいです。400万円くらい。高っ。

 ただまあ水上バイクってのもちょっと調べてみた限りでは100万円くらいはするシロモノのようなので、地上走行と水上走行、ともに自動車や水上バイクと同等程度に走れるのであればお手頃価格、なのカモ。

 日本の公道で走れるかどうかは不明。

 仮に走れるとしても、水上バイクと同じ特殊免許の取得が必須になりそうだし、ナンバーとかそのあたりの行政的な必要事項とかも自分でどうにかする必要がありそうですよ。



サイド(素材使用)


 ま、公道走行を前提で考えると、自動車というよりはいろいろとバイクに近いし。

 レジャー向け(要するに道楽以外のなにものでもない、という意味(`▽´))メインのシロモノではありますにゃ。明らかに。



 水上バイクは楽しそうだなとぢつは以前から思ってはいた本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク