スポンサーリンク

2017年6月5日月曜日

拡張現実で電脳空間を実現したマイクロソフトの眼鏡型デバイス「HoloLens」の現実や如何に


 まあ、まず値段が一般消費者レベルではないのが…
 青木無常でございますがね…

VRの民(素材使用)


 バンコクの歓楽街でサイボーグがありふれた存在として街なかにあふれているショートフィルム「TRUE SKIN」で、重要なアイテムとして活躍していたのが「AR」すなわち「拡張現実」のデバイスでありました。

 あるいはコンタクトレンズ型の架空のウェアラブルデバイスを通して近い未来のプチディストピアを描いたショートフィルム「Sight」では日常を浸食するゲーム感覚の裏にひそむ恐怖が描かれていましたが…

 さすがに埋め込みチップやコンタクトレンズ型とはいかないまでも、われらがリアルの現実世界においてバーチャル+拡張現実のデバイスが発売済なのはご存知でした?

 しかも発売元は、あの、マイクロソフト。


ねとらぼ 2016年12月02日
MicrosoftのVR+AR融合メガネ「HoloLens」、日本のプレオーダーが12月2日に開始 SF世界がいよいよ来るぞ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/02/news076.html#utm_source=biglobe&utm_medium=feed&utm_campaign=20170202-094&utm_term=nl&utm_content=rel2-00


 一応コンピュータとして売り出されているらしく、

3Dホログラムとして空間に浮かび上がるコンテンツをジェスチャーで操作できるのが特長です。浮かんだ動画の再生画面をピンチ操作で大きくしたり、視線でカーソルを動かしたり。紹介動画の様子はまさに「電脳コイル」や「マイノリティ・リポート」といったSFフィクションの世界のよう
などと謳われているようですが、果たして…


Microsoft HoloLens: Welcome Japan Partners



 これ、一年くらい前からすでに情報が出まわっていた件なんですけど、それが現実に発売されてからも、もうけっこ経っているはず。

 ですが、少なくとも私の目には特にこれといった動きは入ってきていない。

 価格帯が30万超~50万超と、ガジェットにしては考えられない高価さなので、まあ一般から話題にのぼるなんてことはあり得ないでしょうけど…

 こういう未来型デバイスって、結局市場に出ても一般化することなく消滅していく(なんとかグラスとかね)リスクはかなり大きそう、というのが個人的な印象なんですけど、この「HoloLens」も同様の運命をたどるのか否か…?



未来の民(素材使用)


GIZMODO 2017.05.26 17:03
HoloLensってどうなってるの? いつ遊べるの?
http://www.gizmodo.jp/2017/05/microsoft-hololens-whats-going-on.html


 このあたりを考えると、iPhoneの売り出しかたってのは出色の戦略に裏づけられていたってことが改めて浮き彫りに…

 …とかアナリストめいた口利いてもおもしろくはないかえ? (`▽´)

 マイクロソフトはWindowsみたいにバンドルして一気にスタンダード化などというすさまじい販売戦略で成功した会社だろうに、この庶民とはかけ離れた売り出しかたは何を狙っているのかいないのか…



 ま、デバイスに裏コード仕込まれてぢつは闇の勢力に操られてましたなんて杞憂はせずにすみそうですが…?



 いまだに自前の無料の拡張現実のほうが性能よさそう? 本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク