スポンサーリンク

2017年5月16日火曜日

いらんけどおもしろい「自動追尾式」スーツケース


 いっそGPSと連動して先導とか。
 青木無常でござんす。

ドロイド(素材使用)


 クラウドファンディングで資金調達を目論んではいるものの、苦戦している模様ではありますが。

 自動で歩行者を追尾してついてきてくれるスーツケースが話題になったんだそうです。

 そう。話題になっただけ…っぽいんですが。(`▽´)


TABI LABO 2016/10/25
世界初。自動で動くスーツケース「Travelmate」が話題に。
http://tabi-labo.com/276395/travelmate-robotics


 機構はものすご~く、単純。

 立てても寝かせてもOKなんですが、大き目の車輪を装備したスーツケースがセンサーで持主を感知・特定して自動でついてきてくれる、というシロモノ。

 最大時速は約8km。このあたりからして、けっこう微妙…?


This Futuristic Robot Suitcase Moves On Its Own and Follows You



 ただこれ、まちがいなくロボットなんですよね。

 機能こそきわめて限定的ですが、人間に自動でついて歩いてくれる、ロボットそのもの。



 キャリーケースをずるずる引きずりながら歩いている(主に)女性があたりまえの風景になってからひさしいですけど、実は私は個人的にアレが頻出するかなり以前に、身近に見かけていた姿であったんですよ。

 夜勤専門の交通誘導警備員という職業柄なんですがね。

 道路を掘り返したり埋めたりする現場の警備をしていると、公共交通機関の稼働していない時間帯に業務が終了して途方に暮れる、なんて事態はけっこう当たり前のことだったりするんです。

 そのたびにタクシーなんぞに乗ったりしてたら、帰宅するタクシー代を稼ぐために仕事する、などという本末転倒もきわまった状態になるので。

 朝までどこかで時間をつぶす派と、歩いて移動する派に分かれる部分でもあるわけです。

キャリー(素材使用)


 歩くのが苦痛ではない私は、当然歩く派。

 少しでも電車賃が安くなる方向とか、あるいは始発電車が早い時間の路線・駅を目指すとかで、夜中の東京の街路にはけっこうくわしくなりました。しかも徒歩で。(^_^;)

 まあ歩くのは苦痛ではなかったんですけど、ネックは荷物。

 警備員の装備一式ってけっこうな分量で、重さも大きさもかなり邪魔くさいシロモノですから。

 まあでも定時より何時間か早く仕事が終わるのはうれしかったし(もちろん給料は一日分きっちり出る前提ですが)、嬉々として夜の街をてくてく歩いて帰ったりしてました、重くて巨大な荷物を担ぎながら。

 そんな中、一人だけでしたが、車輪つきのハードケースを購入して、引きずって歩いてる同僚がいたのですよ。


Amazonリンク



 キャリーハンドルがついているおなじみのタイプのヤツではなく、紐みたいなものを引っ張ってゴロゴロ歩いてたんですがね。(`▽´)

 そこまでして楽したいかな、と若干疑問に思いつつも、おもしろいことするなあと感心して眺めてたりもしてました。

 まさか何年か経って、そういう輩が街の当たり前の風景に変貌するとは、さすがに予想もできませんでしたが(^_^;)。

自動追尾式(素材使用)


 考えてみればバリアフリーが普及して、むしろないほうが公共福祉的観点から白い目で見られかねないほどになってる昨今なら、公共交通網の発達した街で車輪つきのバッグとともに歩くのはある意味合理的ですらあるカモ…

 …と、夜中の街区をゴロゴロ移動する近所迷惑なかつての同僚の姿を思い起こしつつ(`▽´)、キャリーケースをひいて街を闊歩する女性たちを見て思ったりもしている身としては。

 実用性はまだまだっぽいけど、自動でついてきてくれるキャリーケースってのもまちがいなくアイディアのひとつであるな、とは思えてしまったりするわけで。



 むしろ、小学生の女の子向けの「おもちゃ」っぽいキャリーケースを見かけたときのほうが、はるかに衝撃的だったカモ。(^_^;)


Amazonリンク



 だって実用性で考えれば、大人の女性ほど切実にそういうものを彼女たちが必要としているわけではごさいますまい。

 というより、見るからに「ファッション」として「キャリーケースを引いて歩く女性」というアイコンに女の子が憧れを抱く、という現実がなければ、そういう商品が出てくることはないんじゃないか…

 …ということを、目にした瞬間に感じてしまった件でございましたから。



 そういうものなのね。



 ドローンとかにも追尾式のものはすでに市場に出まわっているらしいし。

 この先、自動追尾がキーアイテム…などと短絡していいのかどうかは、わしゃ知らんがね。(`▽´)



 もちろん個人的にはまったく不必要であることは棚にあげつつ本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク