スポンサーリンク

2017年5月4日木曜日

悪魔ロノウェは「美貌伯」と通称されるが伝えられる図版ではやけにブ厚い唇の鼻くそほじってるヘンな親父


 なんでこんなのが「美貌伯」…(`▽´)
 青木無常でござんす。

ロノウェ


 本日はアガレスにつづく「悪魔学」にて語られるさまざまな悪魔のうち、ロノウェと呼ばれるヘンなヤツについて画像を作ってまいりましたのでご覧いただきたい。

 ま、中近世あたりのヨーロッパで隆盛を誇った「悪魔学」に出てくる悪魔なんざ概ねヘンなヤツばかりですがね。

 てか、見た目がヘンでインパクトあるからおもしろくて興味を持ったわけだし、取り上げてるわけではあるんですが。(`▽´)

 まあそういうわけでロノウェってのもかなりヘンでして。

 どうヘンかと申しますと、チリチリパーマにヘンなツノが生えてて眉毛がやけに濃い上、くちびるが異常にブ厚く両腕が異様に長いわりにすごい短足。

 全体的にバランスがおかしい感じの肢体をしており、あげくの果てに鼻くそまでほじってます。(`▽´)


手くせ


 ネタ元になったカラパイアの記事によると、

修辞学と誰かに巧く取り入る方法を教えてくれる
のだそうな。ただし、いいことばかり与えてくれるわけはないとばかりに、
彼は老いた魂を奪う悪魔でもある。彼が離れるとき、みすぼらしく老いさらばえた人間なら誰でも一緒に連れて行ってしまう
という記述もござんす。


カラパイア 2015年07月30日
絶対に取り憑かれたくない中世の悪魔ワースト5と、ぜひとも取り憑かれたい悪魔ベスト5
http://karapaia.com/archives/52197347.html


 Wikipediaにはほかに、

19の軍団を指揮する序列27番の侯爵にして大伯爵。
という記述もみられる。

地獄歩兵


 ただし老人の魂を奪うという内容は特に見当たりません。

 これはほかの解説をさがしても同様なので、原典の相違に依るのでなければ、いいことばかり与えてくれる悪魔なんざいるわけがないという一般的な認識に則ってでっち上げたものカモですな。


Wikipedia
ロノウェ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロノウェ


 アガレスのときのように、写真素材をあれこれコピーして画像を作成するつもりだったんですが、くちびるの厚さとか皮肉じみた感じとかを再現するのがかなり難しかったので、3Dモデルを一から作成しました。

 つか、アガレスも含め私のおおもとのネタ元である『世界妖怪図鑑』に出てくるほかの悪魔とかも最終的に3Dモデルでそろえるつもりなんで、その先行版といっといたほうがいいかな。

単


 ちなみにその『世界妖怪図鑑』に「ロノベ」という項目はあるんだけど挿絵は別の悪魔のやつでした。

 かわりに一般にロノウェとして紹介されている挿絵も入ってるんだけど、やっぱりアガレスと同じくまったく別の悪魔の名前で紹介されてた。(`▽´)

 佐藤有文先生、やっぱ相当テキトー。



 一般によく引用されている挿絵は、このロノウェに限らず「悪魔学」関係のものだとコラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』からのものがほとんどのようですが、この書には
一九の地獄歩兵隊をしたがえる
という一文もあるので、もう一枚、歩兵をたくさん従えたロノウェの画像も作成してみました。

 19の「軍団」となると今の私の3DCG製作体制では手に余りすぎるんで、歩兵ってことで。(^_^;)

地獄歩兵隊


 手足のバランスが崩れてるのは元ネタの挿絵を忠実に再現しようとした結果であり、私の造形力が低いからではない。…ということにしといておくれ。

 ごつごつしてたり表面材質が適当だったりするのは、同じく時間とポリゴン数の節約のためってことで。(`▽´)



 もう少し画像のネタの数がそろってきたら、私流の「妖怪図鑑」としてコンテンツを立ち上げますのでその節はよろしくな。
ふふふ約束だよ。(^_^)



 なんか天パーのやけに唇厚い親父が魂よこせと鼻くそほじりながらにじり寄ってくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク