スポンサーリンク

2017年5月28日日曜日

ホラーサウンド専用の職人自作楽器「アプリヘンション・エンジン」に逆なでされる不安感覚


 欲しいです。高価そうだよなあ…
 青木無常でございますん…

不安(素材使用)


 それ以前に、市販はおそらくされていなさそう。

 カナダの弦楽器職人のかたが、映像作曲家の友人のために制作した「The Apprehension Engine(アプリヘンション・エンジン)」という名の、自作の楽器の話題であります。

「apprehension」という言葉にはさまざまな意味があるようですが、

〔嫌なこと・悪いことなどが起きるのではないかという〕不安、心配、心細さ」
というあたりの訳語がもっとも適切でありましょう。

 その破壊力のすさまじさは…とにかく、おききいただければ一目瞭然。


Horror Musical Instrument - The Apprehension Engine



 背筋を震え上がらせる不快音…といってしまうと、適切なのかどうか…

 不安感を激増させるサウンド群ばかりであるのはまちがいないのですが、不快で耳にしたくはないかというと、おそらく人によって意見はわかれるのではないか、と。

 私には、特に不快ではないです。つか、好き…カモ…(`▽´)


GIZMODO 2017.05.20 15:01
ホラーな音を生成する自作楽器「アプリヘンション・エンジン
http://www.gizmodo.jp/2017/05/the-apprehension-engine.html


 動画をご覧いただければおわかりのとおり、基本的な機構としては金属板や棒、磁石などを叩いたり擦ったりしてブキミ音を生成しているわけですが、それを強力に反響させているのが「スプリングリバーブ」なるもの。

 エレキギターなどでおなじみのエフェクトの代表格「リバーブ」。

「残響」を意味するとおり、広い空間で得られる「残響音」のことなんですが、スプリングを利用して残響効果を得るのがこの「スプリングリバーブ」なのだそうで。



浮遊(素材使用)


 自作動画を作ろうとなるといろいろハードルがあるんですけど、効果音なんてその最たるもののひとつ。

 フリーの音素材なんてよいものが少なそうなんですけど、それ以前に自分のイメージに適合するものをさがそうとすること自体に膨大な手間がかかる。

 なにしろ、ひとつひとつ音を再生して確認しなきゃ始まりませんからね、そもそも。

 こういう「楽器」があると、かなりハイクオリティなホラーサウンドが労せずして、しかも自在に入手可能なので、一家に一台…置き場所に困るけどな…(`▽´)



 自分で悲鳴や雄叫び生成して音素材蓄積してくる近所迷惑本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク