スポンサーリンク

2017年4月3日月曜日

フリー素材をあれこれ切り貼りして作成するイメージ画像・神話編


 疲労が蓄積している、という話。ん?
 青木無常でござんす。

我を崇めよ(素材使用)


 タイトルだけだとなんか「大したこと」してそうな感じカモですが(^_^;)、ぢつは真逆。

 最近いろいろ疲れがひどくて…(。-_-。)



 とはいえまずは、フリー素材を使用して私が作成した「神様」のイメージ画像をご覧くだしゃんせ。

 けっこう苦労してます。

 でも、楽しんで作成できているのも事実であります。今のところ。


0オーディン(素材使用).jpg
オーディン(素材使用)


 最近、ようやくのことというべきなのか(^_^;)、アドビの大ヒット画像編集ソフトである「Photoshop Elements」の使いかたを覚えてきまして。

 合成のしかたのコツとかがわかってくると、けっこういろいろな「あり得ない」画像とかも割合簡単に作成できるようになったりしてきておりますの。



 ただ、ハードルも存在する。

 たとえば、素材。

 フリー素材のウェブサイトというのはかなりたくさんありますけど、けっこう面倒な壁が存在している場合が多くて。

 たいがい利用規約というものを定めていて、商用不可とかクレジット必須(どこのなんという素材を使ったのかを明記しろとか)、リンク必須、使用報告必須…といったところが代表的な感じ。

 さすがにいちいち許可を求めろとか使ったら報告しろとかはほとんどありませんけど、利便性に欠けるものが多いのは事実。

 改変不可とかはお話にならないんですけど、クレジット表記やリンク義務などを必須条件と謳っているところは意外とたくさんあって、ステキな画像を扱っているところもけっこう多い。

 こちとら日々の更新に使う画像だしいちいち表記したり報告したりも面倒なので、そういう条件のところはおのずと敬遠することになる。

 勝手に使っていいよというところでも、いちいち画像をダウンロードしたり(その際に認証が必要だったり)、登録が必要だったり、場合によってはダウンロードしたファイルが圧縮モノで解凍の必要があったりとか。

 すんなりあっさり画像を使えるところって、意外に限られてくる。

 その上、画像の種類も量も内容も充実しているところとなると、これがなかなか…



0エク・チュエン(素材使用).png
エク・チュエン(素材使用)


 という状況を長らく打破できずにいたのですが。

 最近Pixabayというところのフリー素材がきわめて使い勝手がよろしく量も豊富だし検索もしやすいし重宝していて、ここで使用する画像もほとんどPixabayから引っ張ってきております。



 余裕がないときはほとんど加工なしに使用することもあるんだけど、合成するのが楽しくってハマっちゃった。(^_^)

 最近の画像は合成モノが多くなってきてるし、むしろ画像を合成するために題材を選んでいる場合もあるくらいに楽しくてしかたない。

 ただ、元画像を加工なしで使用するのに比べればそれなりに労力が必要なわけで。

 楽しいのでハマって夢中でやってたりしますが、慣れてきて限界が見えてくるとモチベーション一気にダダさがって「糸が切れた」状態になる日がそのうちきそうではあるんですのよ。



0ウィル・オ・ウィスプ(素材使用).png
ウィル・オ・ウィスプ(素材使用)


 思えば3DCGや動画やDTMなんかもそうで、独学で、それも独りでやってると壁に当たって前に進めなくなったときの失速感もハンパない。

 ま、もちろん手を広げすぎていることも負担増大の一因ではありますしね。

 という感じで、あっちでもこっちでも壁に当たって停滞している状態がながらくつづいているわけで、新しくハマっている合成という手法でもおそらく限界は近いものと予測できてしまえている…

 …という現状が、疲労の蓄積の原因。なのであります。



 ま、愚痴ですよ。お察しのとおり。_(_ _)_

 たまには吐かせてくだしゃんせ。ん? たまに…か…? (`▽´)



0イシュ・ティティベ(素材使用).png
イシュ・ティティベ(素材使用)


 神様の画像を合成しているのも、まあ一種の逃避であることはまちがいござんせん。



「神話の固有名詞およびその簡便な説明を集成」するという名目で、覚書ブログと称して「CROCK WORKS【神話に出てくる固有名詞】覚書」というブログを私は持っているのですけど。

 本日こちらに貼っている画像は、そちらで最近更新手段として掲載している画像であります。

 この覚書ブログというもの自体、私が「自分のために」役立つ知識や情報を簡便に集成する目的で作成したシリーズでございまして。

 この神話の固有名詞集成ブログも、もともとは自分の創作作品に役に立ちそうな「固有名詞」をメモ帳に書き貯めていたものを放出しただけのもの。

 覚書なので、ギリシア神話みたいな有名どころで、メモする必要もないような固有名詞は最初から集成しておりません。

 つーか、ネットでググってもわしのブログ以外出てこないようなマイナーな神名がけっこうぞろぞろ入っているので、資料的価値としてもそこそこのものではないかとは思うんですけど。

 メモ書きのネタが尽きれば更新はできなくなる性質のものでもありますので、新しい記事を追加する意味でも、画像がわりのアフィリリンクに頼りすぎな現状を打破する意味でも、今後しばらくは合成にて画像を追加していくつもりではおります。



アヌビス.png
アヌビス


 またそれが貯まったら、こちらでもご紹介させてくださいな。_(_ _)_



 先日開始した悪魔の画像とかも、これは逆に別ブログというか情報サイトとして新たに立ち上げたいということも考えていたりしますし。

 ほかにも、本当に、やりたいことが山ほどある。



 対して、人生は限られております。

 老い先ながいともいえない現状で、こうまでも手を広げつづける愚は承知の上なんですが…どうにもにっちもさっちもいかなくなっていながら、さらに手を広げたがるこの性向。

 吉と出る日がくるとも思えませんが、やめられません。つか、やめたくない。



 …というような、行きづまった想いを、画像とともに放出させていただきました次第でございますよハハハハ。(`▽´)



0アヌビスn(素材使用).jpg
アヌビス(素材使用)


 つきあわされるほうがいいツラの皮だとかきこえてきそうなので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク