スポンサーリンク

2017年3月30日木曜日

アイディアは悪くないんだけど…空中でパーティできるテーブルの動画


 高所恐怖症であれば閲覧注意。
 青木無常でござる。

天国行前夜(素材使用)


 本日もFacebookの「GIGadgets」で見かけた動画のご紹介でござる。

 っつっても、今回のは若干アイディア倒れ感の強いシロモノ。

 要はテーブルごとクレーンのようなもので吊り上げて、空中でパーティしてしまおうという感じの、高所恐怖症であればとてもリラックスできそうにない環境の提案らしきもの。

 高いところ好きであれば楽しいカモだけど、それでもクリアすべき課題はちょっと動画を見ただけでもいくつも思い浮かんでしまう。

 もっと詰めてから発表せんと…と困惑気味に眉根をよせながらつぶやきたくなること必至…なのでございますよ。





 キャプションとして「10 Cranes and 10 Stars Chefs cooking simultaneously at 50 meters high.」とあり、ざっくり訳すと「クレーン10機の上で10人のシェフが50メートル上空にて同時に料理しちょります」的な?

「10 Stars Chefs」は、三ツ星レストランとか五つ星シェフとかと同じように「10星シェフ」と訳すべきなのかどうかよくわからんけど、ま、大意に変化なし、っつーことで。

 バカが好きな高いところで、腕のいいシェフの料理をご堪能いただけますよ、とかそういう趣旨なのでせう。



 まず高所恐怖症の人にはとてもじゃないがご利用をお勧めできないという(^_^;)かなり人情味に欠ける但し書きで利用者を容赦なく限定せざるを得ないのは明白なので、この点は問題点としては取り上げない。



 で、単に短時間高いところからの景色を堪能したいというのであれば遊園地の観覧車等で充分なので、長時間の歓談等の形態での利用を前提とする。すると。



移動宴会場(素材使用)


 最初に思い浮かんだ問題点は、トイレ。

 だれかがもよおすたんびに地上に降りて待機しなければならんのは興ざめもいいところなので、かなり改善すべき緊急課題だ。

 つぎに、この程度のスペースの厨房ではサーブできる内容はかなり限られそう、という点も気になる。

 酒の種類、料理の種類、客からあがる思わぬ要望への対応限界等、できることの内容がかなり限定的になってしまうのではなかろうか。

 冬はサムイとかそういういわずもがなの問題点もある。

 あとは限定された足場。

 宇宙船のコックピットだって、もう少し自由に動けそうな気がする。

 この状況だと足を組むことすら一苦労しそうだし、せいぜい背もたれを倒したり、その場で立ったりすわったり程度の自由度しか見受けられない。

 人間は長時間椅子にすわりっぱなしだと苦痛に感じるようにできている生き物である。

 足の置場さえ限定されているこの状態でパーティ…あまりリラックスできる環境ではないという気がしてしかたがないのだが…

空中晩餐(素材使用)


 さらに、それでも宴が進んで酒などが入りまくり、自動的かつ強制的にリラックス状態に陥った場合。

 危険であるのは明白でございましょう。

 酔っぱらいの落下防止に安全帯フル装備でフック固定しておけば事故はある程度防げるだろうけど。

 当の酔っ払いにとっては(つーよりおそらくは参会者全員にとって?)そんな装備をつけさせられての宴会は興ざめ要素以外のなにものでもあるまい。

 そして器用な酔っ払いであれば、安全感覚ばかりを意識からすっ飛ばした状態に簡単に陥るでしょうから、安全策をいともたやすく有名無実化するような状況は実に容易に起こり得るのではないかと想像できます。

 地上50メートル? 運がよければ死に至らずにすむのカモしれませんが…(`▽´)



空飛ぶ晩餐(素材使用)


 私ゃ高いところが大好きなので、なかなか食指の動くアイディアではありますが、いかんせん現実的に考えて改善すべきハードルが多すぎる。

 酔っぱらってしまえばどんな状況だろうと感覚的に無関係カモしれませんが。

 たまたま下を通りがかりでもしたときに、上空から尿意をもよおした酔漢の阻喪がふりそそぐなどという悲劇に耐えなければならない義務もございませんでしょうし。



 もっと詰めてから発表し直せ、と、意見せざるを得ないというのが正直なところでございますね。(`▽´)



希望に向かって!(素材使用)


 自由度が確保できれば、こういう環境での飲食には大いに興味がわくんですがね。

 コールセンターで働いてたころ、新宿の高層ビルの展望窓の桟に腰をおろしてオニギリ食べるのが昼休憩での日課だったりしたことも正直あったりしたので。(`▽´)



 トイレにすら気軽に行けない状況は言語道断本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~






Amazonリンク