スポンサーリンク

2017年3月25日土曜日

隠蔽された最高機密!? 不気味な異星人の遺体のようなものが収納された「不思議な箱“No. 24”」


 一見して感じられる「いかにも」感だが…
 青木無常でございますよ…

覗(素材使用)


 イエス。いつものなんでもアリ的すちゃらかオカルトニュースサイト「トカナ」の記事からひろってきたネタであります。

 眉に唾してダイジョーブ。

 ツッコミどころ満載な「根拠」や「解説」を縦横無尽に書き散らかしたあげく、むりやり謎は深まるばかりとか結末つけてるモノでもございません。

 ちゃんと種明かしがありますゆえ。

 1948年。ニュージャージー州で目撃されたUFOに関すると称する、ある動画がYouTubeに。

 そこには「墜落した宇宙船の乗組員」の遺体のようなものがおさめられた「箱」が映し出されている。

 箱の名前は“No. 24”。

 同梱された書類には「極秘、最高機密」と記されていて…


Alien Body Found In A Box? Real or Fake



 見てみるとまるで中世の騎士の鎧のようなものを身につけて横たわる、典型的なリアル(と称される)エイリアンの風貌をしたミイラのようなものが、箱のなかに寝かされている。

 凝ったことに、顔の表面には血管のような影が施されており、ほかに何か破損した機械の断片のようなものやいくつかの書類もおさめられているのが確認できる。

 正直な話、股の部分とか肩あたりの関節(のあり得べき形態から推察される微妙な不自然さ)とか、リアルな遺体というよりはなんだか子どものオモチャ箱に入っている人形そのものに近い印象があるような…

 …などと思いながら動画を見終わって「トカナ」の記事に戻ったところ、3ページ目にきわめて現実的な種明かしが。(^_^;)


連行(素材使用)


トカナ 2016.11.05
箱詰めされた宇宙人のミイラ!? 衝撃映像を徹底検証してわかった“事の真相”とは?
http://tocana.jp/2016/11/post_11364.html


 なんとまあ、

「この不思議な箱“No. 24”は、芸術家のジェイコブ・ピーターソンによる傑作以外の何物でもありません」
という顛末。なるほど。(`▽´)

 ま、どなたかがピーターソンさんの作品の画像を使って動画を作成し、それにまことしやかな(デマの)解説などがついて広まった、というようなシロモノなのだそうで。

 動画はいまだに削除されていないし埋め込んでしまいましたが、若干、大丈夫かなという危惧も…

 ま、記事にあるとおり勝手に流用された画像だとしてもアーティストのかたは特に告発するつもりも騒ぐつもりもない、というようなところなのかな、とか都合よく解釈して埋め込んでしまいました。

 観られなくなっていたりしたらご容赦を。



帰還(素材使用)


 こういうアートは私はすごく好きなので、ジェイコブ・ピーターソンさんにも注目していきたいと、とってつけたように付け加えておきます。(`▽´)


ウェブサイト
Curiomira
http://curiomira.blogspot.jp/


Facebook
Curiomira(@curiomira)
https://www.facebook.com/curiomira/?ref=hl


 空想生物の標本を自作したアートとかも、ジャンル化まではいっていないけど書店とかでちょこちょこ見かけるやつはどれもこれも見ごたえある本気度のきわめて高いものばかりだし。

 自分でもそのうち3DCGとかでやってみたい分野のひとつでもあるんですよね。



 ということで、オカルトの衣をまとった芸術の話。でした。




Amazonリンク



 背後にただすむ架空生物のヴィジョンを幻視しつつ本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~