スポンサーリンク

2017年3月3日金曜日

この星には生命反応ありません…って、SF系フィクションで軌道上とかからよく確認してるけど「生命反応」ってそもそも何?


 宇宙から確認できるセンサーって…
 青木無常でありますよー。

探査(素材使用)


 SF系のフィクションとかでけっこうありますよね。

 未知の惑星に到着したときに、軌道上とかの宇宙空間から何らかの手段で地上(「地上」がある場合の話ですが)をセンシングして、そこに生命が存在するかどうか確認するシーンとか。

 ああいうの、以前から疑問に思ってた。

「生命反応」とか「生体反応」って、そもそも、何? …って。

 微生物とかウィルスとかも検知できるとしたら、相当すさまじいセンシング能力じゃね? とか。

 ところが。

 軌道上からは到底無理ですけど(^_^;)、現代の科学で微生物の存在の有無を判定できる方法が、とうとう開発されつつあるらしいんですよ?


螺旋(素材)


GIZMODO 2017.02.14 21:03
衛星エウロパでの生命探査に活かされるか? NASAが地球外生命体の発見技術を開発!
http://www.gizmodo.jp/2017/02/this-could-help-up-find-life-on-europa.html


 アミノ酸だの「キャピラリー電気泳動」だの、キラル分析だとか「一対の異性体(D-体とL-体)」だとか炭化水素パターンだとか…

 …正直、よく意味のわからないジャーゴンばかりがならんでいてわけわかりませんが(^_^;)。

 要するに生命の重要な要素としてタンパク質があげられる。

 で、そのタンパク質を構成している単位がアミノ酸なんだそうですが、残念ながらアミノ酸は生命特有のものではないらしい。

 ただし、生命によって創出されたアミノ酸は「バイオシグネチャー」(生命体特有の「サイン」のようなもの?)と呼ばれる独特のパターンを持っているんだそうです。

 その「バイオシグネチャー」を見つけ出す方法が発見されたらしい、というのが、まあ概要。


Amazonリンク



 ただ数グラムの海水がサンプルとして必要にはなるみたいですけどね。

 まあたった数グラムの海水で、微生物がいるかどうかを判定できるってのはけっこう画期的なことなんじゃないかって気も、しないでもないですね。

 将来的に、何らかのセンサーとかで遠距離からその「バイオシグネチャー」の有無を判定できる技術も実現する可能性、あるんでしょうかね。

 あるとおもしろいんだけどなあ。(^_^)



地球外生命(素材使用)


 事故とか災害とかで生存者の有無を確認するために、呼吸による二酸化炭素を検出したり温度を探知して判断したり、あるいは鼓動を測定したりといった手段で接触せずとも調べる技術はある程度実現しているみたいだし。

 宇宙から大型の哺乳類が多数存在することが確認できたりする技術ってのも、そんなに荒唐無稽なものではなくなってきているのカモ…?

 微生物探知できるようになれば、もっと大きくて複雑な生物の有無なんてより簡単に判定できそうではあるもんね?



 ま。木星の深部に異知性の宇宙船の残骸が発見されたとか、そういう話はまだまだ先のことのようですけど? (^_^)




Amazonリンク



 天井裏で何かが動きまわる音がするのも生命反応? 本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~