スポンサーリンク

2017年3月21日火曜日

地上約400kmの宇宙ステーションから撮影された噴火直後の巨大噴煙画像! 芙蓉山の花


 まさしく、神話の花でもあります。
 青木無常であります。

松輪富士(素材)


 さて、昨日ご紹介したカルブコ火山の記事を書いていた折の話。

 挿絵として利用できる写真はないかと最近頻用しているフリー写真素材サイト「Pixabay」をさがしているときに、使わなかった画像であります。

 使わなかったというか、画像の来歴がはっきりしすぎていて、明らかにカルブコ火山ではなかったので、使えなかったといったほうが正確なんですが(^_^;)。

 せっかくなので利用させてもらおう、と。(`▽´)

 ぢつをいうと「火山」とか「噴火」とかいうキーワードでけっこう何回も検索して、そのたびに出てきている写真でもあるので、もしかしたら過去に別の形で掲載しているカモしれませぬが…(^_^;)、ま、情報も含めて、改めて。

 千島列島中部に位置する松輪島(まつわとう)という島の、芙蓉山(ふようざん)という名の火山。

 別名、松輪富士。


芙蓉山(素材)

Wikipedia
芙蓉山
https://ja.wikipedia.org/wiki/芙蓉山


 ロシア名もあって、サリチェフ山というそうです。

 千島列島の成層火山では最も美しいとされているのだそうな。

 画像の噴火は2009年の6月~7月にかけて起こった大規模なもので、噴火直後の様子がこれまた先日内部映像をご紹介したばかりの国際宇宙ステーション(ISS)の乗組員によって宇宙から撮影されたというものなんだとか。

 すごいっすね…



 自然の驚異と、それを宇宙から撮影してしまえる現代という時代への驚異、ともにあまりにも途方もなさすぎて、ただただ唖然、ただただ呆然…




Amazonリンク



 もうひとつの芙蓉の峰に陶然としつつ、本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~