スポンサーリンク

2017年2月1日水曜日

アメリカで二歳児が謎の病変 ネズミやヘビの死骸が散乱する異常な環境の部屋で脳内出血 母親は虐待他の容疑で逮捕


 わが子どころか人間だとすら…
 青木無常であります。

憎(素材使用)


 思考形態がさっぱり、類推ですらできそうにないほど理解不能な奇怪きわまる事件であります。

 2歳児が脳内出血を起こして意識不明の重体で病院に運びこまれた。

 …動物の死骸が、無数に転がっているという、あまりにも異常きわまる部屋から。



 近隣住民も震撼している、とあるのでその実態はそれまでつまびらかではなかったということなのだろうか。

 育児放棄と幼児虐待の疑いで逮捕された25歳の母親は、虐待を認めているらしいのだが…


死骸(素材使用)


Techinsight 2015年08月08日 10:55
【海外発!Breaking News】ネズミ、ヘビの死骸が転がる汚部屋に脳内出血の2歳児。25歳母親を逮捕(米)
http://japan.techinsight.jp/2015/08/yokote2015073113130.html


 散乱していたという動物の死骸の内訳は

48匹のネズミと10匹のニシキヘビのほか数十体もの動物
という異様さ。

 むろん悪臭も惨憺たる状態だったらしく、震撼しているという近隣住民もどこまで実態を把握していたのかいないのかが非常に疑問に思われるのだが、残念ながらそのあたりの詳細は記されていない。

歪(素材使用)


 しかも動物の中には生きているものも含まれていたと思われる記述も見受けられる。すなわち

すでに死んでいる動物が80%、残りも多くが衰弱していた
と、後に警察が発表した云々という一文。

 数十体の動物、というのが具体的になんだったのかも気になるところだがやはり言及は見当たらず。

 いずれにせよネズミとニシキヘビが主に見られたようなのだが…なぜそんなものを、部屋に…? という当然浮かぶ疑問にさえもニュース記事中に答えはいっさい存在しない。

 しかも子どもとともに…

 不気味以外の形容の言葉が出てこない。



 なお、重体となって病院に担ぎ込まれた2歳児のほかに、
1歳、2歳という2人の幼児がおり、現在その子たちは児童保護当局に預けられて
いるらしい。問題が発覚したとき、こちらの二人は同じ部屋にいたのだろうか…。



蛇(素材使用)


 子どもをこういう環境に閉じこめている(?)意図は…?

 本気で、類推すら浮かばない。



 日本神話で娘のスセリヒメと懇意になったオオナムチ(=因幡の白兎で有名な大国主)をヘビの部屋やムカデとハチの部屋とかに宿泊させたという、スサノオの、神とは思えぬ陰湿なイヤガラセ行為を思い出したが…(`▽´)

(神話的な解釈とかはもちろん無視しての話)

 …ま、超絶者たる神の行為と、この気が狂っているとしか思えないアメリカという特殊な国の母親の虐待行為とを同列にならべるのは牽強付会も度が過ぎますか。




Amazonリンク



 まったく解釈のしようもないので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~