スポンサーリンク

2017年2月21日火曜日

手荷物バッグに(むりやりどうにか?)収納可能な折り畳み式自転車「Kwiggle」は飛行機にも持ち込み可能カモ


 ま、レンタサイクルあるんならそのほうが便利。
 青木無常でございます。

収納(素材使用)


 飛行機に持ち込めるというのはある程度アドバンテージなきにしもあらず、といえなくもないカモしれません…とかいう、どうしてもいつも以上に微妙ないいかたしかできませんが…(`▽´)

 ま、世界最小といってよさそうではあるみたいです。

 私が見かけたニュース記事は2013年の時点のものだったのですが、今回ひっぱりだしてきて現状を確認すべくググってみたところ、製品化目前あたりまではこぎつけている模様。


GIZMODO 2013.09.07 17:00
世界最小の折りたたみ自転車は、手荷物バッグに入れて持ち運べる時代へ
http://www.gizmodo.jp/2013/09/post_13133.html


インターネットコム 2016/11/26 06:40
“飛行機に手荷物として持ち込める”折り畳み自転車「KWIGGLE BIKE」、製品化目前
https://internetcom.jp/201832/foldable-biccle-kwiggle-bike



Amazonリンク

※こちらは全然別の折り畳み電動自転車


 ま、手荷物として飛行機に持ち込んでなんのメリットがあるかというと、空港内を自転車で走れることが物理的に可能ってことくらいなんじゃないかとは思いますがね。

 物理的に可能だからって、実際にやったら警備員に注意される可能性もかなり高そうな気もする。(`▽´)



 折り畳み式電動バイク「UPQ BIKE me01」を紹介したときも書いたけど、折り畳み式自転車ってタイヤ径も小さいからあんまり実用的とはいえない。

 歩くよりは若干早いって程度だし、この「KWIGGLE BIKE」はさらに小さいからはっきりいって子どものおもちゃの自転車の高めなヤツと変わらない程度のシロモノではある。

 もちろん大人用に想定されているのでサドルの位置はかなり高めに設定できるようだけど…

 …その部分も含めて、使い勝手はかなり悪そう。



折り畳み(素材使用)


 ただこういう小型化がもっと進むとしたら(あくまで「としたら」ですけど)、タイヤ径とほぼ変わらないサイズで収納できるような自転車やバイクも将来的にはあり得るのカモ…というのは希望的観測に過ぎないでせうか。



 前回と同じ結論ですが、私はお金があってもコレはたぶん買わないです。

 手荷物一個増えてもいいとか、キャリーバッグといっしょにずるずる引きずって自転車として使いたくなったらパカパカ開いてさっそうと搭乗! …的な使いかたしたいんなら、ありカモねってとこであります。




Amazonリンク

※こちらも記事内容とは全然別のやつ


 帯に短し襷に長しで本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~