スポンサーリンク

2017年2月15日水曜日

シュミット指数レベル4! 刺されるとスズメバチより数段痛い「弾丸アリ」に自ら好んで刺される男


 いや、わからない。断じて!
 青木無常でございますよう。

顎(素材使用)


 ニュース記事の冒頭の文章。

そこに山があるから登るんですね、わかります。

 いや。わからない。断じて! わからない! …てか、バカじゃねえの!?

 ここで紹介されている男は、単なるバカではない。

 すさまじすぎるバカである!

 なぜか? 簡単。

 刺されたら痛い昆虫や動物に、みずから好んで刺されまくりその動画を大量にYouTubeにアップしているからだ。反論ある? (`▽´)


刺すもの(素材使用)


GIZMODO 2017.01.09 15:06
痛みレベル・マックスを誇るサシハリアリ(通称「弾丸アリ」)がいると聞いて刺されてみました
http://www.gizmodo.jp/2017/01/bullet-ant-sting.html


 もう記事タイトルからしてバカそのものだが、この男はまさしくこのタイトルのバカさ加減そのもののバカ。

 そのバカが今回みずから好んで刺された危険生物は、痛み指数レベルマックスにランキングされたサシハリアリ、通称弾丸アリというシロモノ。

 弾丸に撃たれたくらいの痛みというか衝撃があるからそう呼ばれているんしょうかねえ。

 この痛み指数でいえば弾丸アリのレベルはスズメバチの倍。

 スズメバチだって刺されて死ぬ人いますよね…?


STUNG by a BULLET ANT!



 ちなみにタイトルに記した「シュミット指数」というのが痛み指数で、シュミットさんというアメリカの昆虫学者のかたが発表したもので、昆虫の毒液の痛みを分類した指数なんだそうです。

 うん。当然、疑問に思うよね?

 このシュミット博士、どうやってその分類を決定したのかって。

 そのとおり。

 この人もまた、自分で昆虫に刺されて痛みを体験して分類したんだそうです。



 ま、学者として論文まで発表しているってことで、こちらのかたはこちらのかたで単なるバカではなく学術的に意義のあるすさまじいバカ、という分類が妥当なのではないか、と。(`▽´)



 動画のバカであるCoyote Petersonさんはほかにも多数の愚行もといチャレンジを行っていらっしゃいますので、またちょくちょくネタにさせていただきますほほほ。




Amazonリンク



 ホンっト、バカ。つくづくそう思う。



 想像しただけで腕が腫れてきて死にそうなので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~