スポンサーリンク

2017年1月31日火曜日

ヨーロッパのリゾート地の下水路で生活していたホームレスの老人が全身をネズミに喰われて死亡した件


 てかそもそも、なぜ下水路で生活を?
 青木無常でありますよう。

汚物(素材使用)


 ま、タイトルからおわかりのとおり本日の記事は、非常に不潔かつブキミかつ悲惨かつグロテスクきわまる内容であります。

 別にここで読むのをやめていただいたとしても、なんの文句もござんせん。

 つか、このタイトルで中身を開いてここまで読んでくれただけでも感謝していいくらい。こういう記事がお嫌いなのであればね。



 マヨルカ島(個人的には松岡直也の流れで「マジョルカ」と発音したいところなんだけど)ってのは。

 ヨーロッパ屈指のリゾート地なのだそうで「美しい」とか「地中海」とか、太陽、乾杯、青い海、といった観光ワードがぞろぞろ鈴なりにつらなってくっついて出てくる能天気なイメージしかない観光地であり楽園。

 そんな楽園にありながら、なぜか頑なに下水路での生活にこだわりつづけたあげく体力なくしたところをよってたかってネズミに齧られ死亡したホームレスの男性が…


廃棄(素材使用)


Techinsight  2013年05月08日 10:00
【EU発!Breaking News】下水路の中で暮らしていたホームレス男性、ネズミに全身を噛まれ死亡。(スペイン)
http://japan.techinsight.jp/2013/05/spain_rat_1305080250.html


 別に下水路以外で生活することができなかった、ってわけでもなさそうなんです。なぜなら、

この男性の存在は寄付金集めを通して周囲に知られていたこともあり、自治体は彼が不法滞在者であったにもかかわらず、ホームレス支援のための施設に移るよう勧めていた
くらいだったのだから。

 にもかかわらず、この男性は自治体の申し出をみずから拒んで下水路での生活に固執しつづけていたらしい。

 その生活実態も報じられており
男性が寝起きしていた空間はゴミだらけで常に悪臭が漂い、使用していたクッションやマットレスには普段からネズミが群がる
という内容。つまり、ふだんからネズミと同居していたに等しい状態だったようなのですな。

 いかにも体力を削がれそうな生活環境だし、死に至らずとも日常的にネズミに齧られていておかしくない状況だったのではないかと想像できます。


Amazonリンク



 案の定、といっていいのかどうか。トンネルの中で倒れているという通報により病院に搬送されたものの、
意識不明の状態にあり、ネズミに噛まれた跡が全身に確認された男性は
翌日の午後、
多臓器不全により息を引き取った
とのこと。こんな死にかただけはしたくないベスト10の神7くらいには入りそうな悲惨な末期でございます。

 もっとも、ネズミにたかられ齧られながらも抵抗することすらできないほど衰弱していたとなると、意識もかなり朦朧としていたのではないかとも考えられる。

 …というより、この老人(死亡時56歳だったそうなので、老人とまではいえないカモですが)、下水路での生活が常態化している時点であまり意識が明朗とはいえない状態だったのではないかという想像もできなくはない。

 これもあくまで想像ですが、そういう意識状態にあること自体を好もしく感じていたのカモ…とか…。



同居(素材使用)


 あまりにも寂寥感ただようばかりな生活が想起されてしまいますが、実はこのニュースにはささやかながらキャラがもう一人、というか一匹、登場しております。すなわち、存命時、彼は下水路で
ヘッドライトの灯りとラジオからの情報を頼りに、「セニョール・ロベルト」と名づけられた犬と共に暮らしていた。
というのだそうで。

 救われますかね。どうなのかな。



セニョール(素材使用)


 特に意図しているわけでもないのですが。

 この手の不気味で怖くてヲゾマしいニュースがなぜかいつのまにかたくさん溜まってきてしまっておりまして。(^_^;)

 ま、意図はしていなくとも、正直な話私ゃこういうニュースに牽かれる性質はありますので、ある意味溜まるべくして溜まったんじゃね? 的な解釈も充分以上に可能ではございまして(`▽´)。

 しかも、このニュースを筆頭に、ネズミ関連のニュースが複数、鈴なりに。

 なので以後しばらく、ネズミをネタにこの手のニュースのご紹介をつづけていきたいと目論んでおります。

 しかも、後半ではネズミは巨大化の一途をたどる予定。

 お覚悟を。(`▽´)


Amazonリンク



 ま、ネズミ話ばかり続けてもナンですので、たまにまったく関係ない話題の日とかも差し挟みつつ、とは考えておりますがね。弱気。(`▽´)



 セニョール・ロベルトがどうなったかが気になりつつ、本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~