スポンサーリンク

2017年1月21日土曜日

かつての銀河にはシスにもジェダイにも属さない第三の勢力が存在した! Star Wars The Old Republicシリーズ『Knights of the Fallen Empire』のトレーラー動画がまたまたすごい件


 その名も「永遠帝国」! …( ; ゜Д゜)
 青木無常でございますよおん。

双子(素材使用)


 以前『Star Wars: The Old Republic』という日本では基本的に売られていないゲームのトレーラー動画を三本ご紹介いたしました。

 シス帝国の先兵にして最強のダークサイドの使い手、ダース・マルガスがジェダイ寺院を襲撃する「Deceived」編

 マルガスがそのマスターとともにシスの聖地を奪回するまでを描く「Return」編

 そしてシス軍に蹂躙された共和国の惑星で反撃に転ずるリパブリック軍の活躍を描いた「Hope」編、計三本の美麗な動画をご紹介してきたわけですが。

 本日はその続編である『Knights of the Fallen Empire』という「拡張パック」(?)の、これまた今までのものに勝るとも劣らぬ美麗きわまる宣伝動画を埋め込ませてもらいましたのでございますよ。

 今回の動画のサブタイトルは「Sacrifice」。つまり、生け贄。


STAR WARS: The Old Republic ? Knights of the Fallen Empire ? “Sacrifice” Trailer



 日本語訳の発売がないせいか、あいかわらず情報がほとんどないんですが。

 ま、今回の動画は背景がよくわからなくてもなんとなくストーリーがわかる感じではあるものの、一応ググってみました。

 結果、たのみのWookieepediaによりますとどうやらこの「Sacrifice」編は、ダース・マルガスを中心としたこれまでの物語からしばらく経ったのちの時代を描いているらしいです。


Wookieepedia
Star Wars: The Old Republic: Knights of the Fallen Empire
http://ja.starwars.wikia.com/wiki/Star_Wars:_The_Old_Republic:_Knights_of_the_Fallen_Empire


Wookieepedia
ヴァルコリオン
http://ja.starwars.wikia.com/wiki/ヴァルコリオン


戦場(素材使用)


 シスvsジェダイの対立が一段落したかと思いきや、謎の第三勢力が銀河系を圧倒的な力で踏みにじり始めた時代の物語。

「不死身皇帝」(!)率いる「永遠帝国」(!)は共和国とシス帝国との戦争に介入するや双方に壊滅的な損害を与えて一躍銀河の支配者としての地位を確立!

 という(^_^;)、これまでの確執はなんだったんだ的ミもフタもない展開を背景にしているようでして。

 上の動画では、その「不死身皇帝」と双子の息子を中心に物語が展開します。

 最初私は双子が手にするライトセイバーが黄色(つーか黄金色)なのを見ていろいろな意味で「?」となったのですが、なるほどジェダイでもシスでもないことを特徴づけたかったということのようですな。

 一応この不死身皇帝とその子どもたちの使うフォースもダークサイドに属するらしく、動画も邪悪な虐殺シーンが目につく仕様となっております。

対峙(素材使用)


 皇帝の二人の息子は幼少時より非凡な才能を発揮するも、父である皇帝はまるで歯牙にもかけない様子。

 やがて青年となった双子は協力して銀河を席巻していきますが、一人が半身に致命的な外傷を負うこととなってしまい、機械の腕と不気味なマスクを装着せざるを得なくなる。

 そこまでして献身的につくしてきたにも関わらず、あいもかわらず自分たちを顧みようともしない皇帝。

 そんな父の態度にマスクのほうのガキがついにブチ切れてライトセイバーで強襲!

 もう一人のほうはフォースを駆使してそれを阻止するものの、牙をむいてきた兄弟に刃を向けることなく凶刃に沈む。

 己の所業に呆然自失状態の片割れに、そのとき初めて皇帝が「息子よ」と声をかける。

「生け贄」というサブタイトルの意味は、後継者の資格を得るために自分の分身ともいえる片割れを葬り去る必要があった…ということなのか。



力(素材使用)


 動画はここで終了していますが、こんなやりかたで後継者を育成していてはいずれ怨恨の果ての逆襲を喰らいそうなモノでして、実際Wookieepediaによると「不死身皇帝」は

裏切り者の息子アーカンや“アウトランダー”として知られる有名な戦士との対決によって倒された
という記述が見られます。

 ただしこの皇帝、はるか以前に

自らを不滅の存在に
できる儀式をとり行っていたそうで(^_^;)、その上寿命を延ばすのみならず
“皇帝の代弁者”と呼ばれる宿主に精神だけを移動し、オリジナルの肉体を保護する
方法すらわがものにしていたんだそうで。

 この設定、私が以前エピソード7以降のストーリーを勝手に作成した折に考えていた設定と被りますけど別にマネしたわけじゃねえからな。(`▽´)

 まあとにかくそんな無双な設定があるため息子にブチ殺されても滅びることなく、自分をブチ殺したもう一人の人間に精神を植え付けて復活してこの後もいろいろ悪事をやらかすらしいです。困ったヤツだぜ。(`▽´)



疾駆(素材使用)


 動画はこれまで以上に見どころ満載の圧倒的なクオリティを誇っていますが特筆すべき点として、倒れた片割れに手を差し伸べる、という行程を経て双子が手を取り合うシーンが何回も繰り返される。

 その、繰り返されるシーンひとつひとつが、二人の関係性や暗示するものをそれぞれ激変させていくところに、運命の変遷が活写されていて、心を掻きむしられる…。



 このゲームにはさらに続編らしき「拡張パック」もすでに発表されていて、そのトレーラー動画も公開されておりますのでまた来週あたりにご紹介いたしますね。(^_^)

 それによると、今回の動画ではカケラも出てきていないもう一人の皇帝の子どもが存在するらしく。

 さらには、その三人めと双子の母親も出てきます。

 これまた情報がなく全編英語というあいかわらずもどかしい状況ではあるのですがやっぱりなんとなくストーリーは類推できる内容で、今回のと同じく泣かせる展開が待ち受けております。乞うご期待。




Amazonリンク



 おれだって銀河史構築してるし一部形にもしてるよと雄叫びつつ本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~