スポンサーリンク

2017年1月5日木曜日

凍結して動けなくなってしまった猫がお湯で救出されていくさまを撮影した動画


 無事に暖かいところに保護されてよかったネ。
 青木無常でございますネ。

凍結猫(素材使用)


 SNSやネットニュースなどでかなり広範に取り上げられていたようなので、もしかしたらご覧になったことがあるのも一度や二度ではないカモしれませんね。

 マイナスん十ん度の真冬のロシアの路上、車の下で両足が凍結して動けなくなってしまった猫。

 なぜそんなことになってしまったのかというと、暖かい場所をさがして夕方に車の下にたどり着き、そのまま寝てしまったため朝になって足が凍ってしまってどうしようもなくなってしまったのだろうとのこと。

 想像するだけでかわいそうな状況であります。

 すっかり凍結して動くことすらできなくなってしまった猫を発見したとある夫婦。

 バケツでお湯を少しずつかけながら氷を溶かしていき、ようやくのことで救出に成功するのですが、その一部始終が克明に動画として記録され、YouTubeにアップされて世界中に拡散されたそうなのですよ。


Спасли котенка.



 全身、とりわけ顔面が氷結したさまから始まる動画はショッキングですらあります。

 たれた髭からつららのように氷が揺れるさま、よく見なければわからないほど弱々しく、小刻みに震える猫の様子など、ハラハラ感でいっぱいの前半部。

 氷が溶かされていくのもかなり時間がかかっているように見受けられ、見ているしかないこちらはもどかしさでいっぱいに。

 されるがままにおとなしく人間の救出の手を受け入れている猫の様子もまた、彼らが自分を救けようとしているのがわかっているのか、あるいは抵抗する気力体力すら消耗し尽くしてしまったのかと想像をあおりますし。

 もう少しで足が離れそうなのに、後ろ肢だけ凍結したままで無理に持ち上げるとケガをしそうな感じになってさらに数分。

 ようやくのことで肢が地面から離れ、毛布にくるまれていくまでの行程が…たったそれだけのことだとはいえ、すさまじく安堵感を誘ってやみません。



救出猫(素材使用)


 この動画が広く拡散された理由は、(当然期せずして、の話ですが)全体が良質な物語となっているからなのでありましょう。

 最終的に猫が無事に救出される…というハッピーエンドにつながっていることもまた、物語として必須の展開といってまちがいございますまい。

 そういう意味で、あまりにも完璧。


ネタ元:ねとらぼ 2016年12月30日 13時00分
マイナス35度の中凍って動けなくなったネコ、お湯をかけられて救助される
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/30/news002.html


Smash magazine 2016/12/06
【極寒のロシア】足が凍りついて地面に固まってしまったネコを救出!
http://smash-m.com/detail/archives/6164


 このあと救助された猫は獣医の治療を受けて問題なく回復し、SNSでの募集に応じた飼い主に引き取られて幸せに暮らしているとのこと。

 申し分のないエンディング。(^_^)




Amazonリンク



 こういう動画を暖房のきいた自室でぬくぬくと鑑賞できる喜びをかみしめつつ本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~