スポンサーリンク

2016年8月31日水曜日

どこまで本気なのやらよくわからないがプレイしてみるとけっこうおもしろい動物愛護団体の作成したポケモン虐待反対ゲーム


 実際、どこまで本気なのやら冗談やら。
 青木無常でありますよ。

ピカ…(素材使用)


 先日、夜の井の頭公園を散歩していたらスマホを手にした大量の人間が公園の道にすずなりにたかっておりました。

 複数の人間が集まったグループもいたけど、大半は単独で黙々とスマホの画面をにらみながらなにやらしている。

 いうまでもなく例の「ボケモンGo!」とかいうゲームのプレイヤーなのでしょう。

 さすがに通れないというほど密集していたわけではなかったものの、はっきりいってかなり邪魔でありました。

 傍若無人とはまさにあの状態。

 …などといってしまっては、プレイヤーのみなさんに酷すぎるいいかたではありますけどね。(^-^;)

2016年8月30日火曜日

医者が口をそろえてこの死に方だけはしたくないという痛くてしかたない死に方2選


 できれば楽に逝きたいもんです。
 青木無常でございますわよ。


痛み(素材)


 ま、死にたくないってのがその前に厳然と横たわってはいるんですがね。

 とはいえ現時点では死はわれわれ生物にとって避けられない事実であることもまたまちがいはなし。

 となればせめて楽な死にかたで…とつづくことになる。



 ただ、死にかたも選べませんからね。通常は。

 でもこの死にかただけはご勘弁、と切に願いたい激痛にみちみちた凄絶凄惨な末期の形が。

2016年8月29日月曜日

きみは平均台を自転車で疾走できるか!? あまりにもせますぎる林道をMTBで延々がんがん降下するヲソロしすぎる動画


 ま、ハンドル握ってるのはプロのライダーですし。
 青木無常でございますよう。

墜落(素材)


 しかもテスト走行ってことで、過酷な順位を争うレースのまっ最中の映像ってわけでもござーません。

 だから大丈夫…とは決して申しませんいや申せませんがね。( ̄ー ̄)



 というわけで、MTBで道なき道を猛スピードにて下降するウェアラブルカメラによる視点動画も三弾目!

 …あれ、三弾目だったかな…四つめ…いや、ええと…

 …と! あまりの恐怖に数さえ数えられなくなるほどヲソロしいマウンテンバイクのダウンヒル動画を今回もお届けしてしまうのでございますよ。

 もちろんジェットコースターすら怖くてムリ、ということであれば動画の再生ボタンは決して押してはいけない。

 決して。ひひひ。

2016年8月28日日曜日

あるいはむしろ心霊のたぐいなどではなかったのだとしたら


 つまり、ほんものの…
 青木無常でございますよう…。

吊られた者(素材)


 この動画、かなり有名だと思います。

 どこかでごらんになったことも、もしかしたらおありなのカモ…

 それくらい、衝撃度の高さハンパない。



 ドライブ中とおぼしき車中から(助手席から?)撮影されたらしき動画。

 問題の光景は、すぐに出現いたします。

2016年8月27日土曜日

本当に「空飛ぶ円盤」は開発されるのか? 米軍のなんちゃってUFO「アブロカー」の怪しい動画と「人を乗せて飛行する」ドローンの開発状況今昔


 斥力、いわゆる「反重力」はまだただの夢。
 青木無常でございますよ。

空飛ぶ…?(素材)


 
一般には"異星人の乗物"として認識されているUFO。

 実在の可能性は知りませんが、もし自家用機としてこれを手に入れることができれば、とか考えると相当夢がふくらむ。

 なにしろイメージのなかの「UFO」は垂直離着陸はもちろん、超高空をジグザグに飛んだり人類最速の飛行機なんざ軽くおきざりにして一瞬で空の彼方に消失したりできるし火山の中に着陸基地があるらしいし。(`▽´)

 もしこういう技術が詰め込まれた機体をひとり占めできたらかなりいろいろなことができますね。

 とはいえ現実はといえば。

 垂直離着陸機というのはチャレンジ精神をあおるものなのか、古今東西実さまざまな形態で開発されてきているようですが、ハリアーとかの戦闘機が浮遊して飛行状態に…といったところがせいぜい。

 そんな中、なんか人間を輸送するドローンを開発するプランがぶち上げられたらしいのでございますよ。


 中国で。(`▽´)

2016年8月26日金曜日

高さ59メートルもの断崖上から滝壺にダイブする命知らずの男の視点映像もYouTubeでふつうに動画鑑賞できますが


 もちろん高い所おきらいなら、見ないほうが。
 青木無常でございますわえ。

ダイブする?(素材)


 59メートルです。

 以前ご紹介したドバイの超高層ビルからダイブする動画の場合は、地上414メートル。

 比較したらたいした高さではございませんな。

 …などと考えたらとんでもないことになる。(`▽´)

 飛び降りる先、都市ではないし。

 てか、滝壺だし!

 ってことで、高所恐怖症気味のそこのあなた。この先閲覧自己責任で。( ̄ー ̄)

2016年8月25日木曜日

期間は八月いっぱい! キモい生物を40種以上展示した横浜の「キモい展」は新感覚のお化け屋敷みたいでおもしろすぎる!?


 八月いっぱいってことで、緊急紹介。
 青木無常でございますよ。

毒1(素材)


 うかつにも、こんなにオモシロそうな展示会が開催されてるなんてカケラも気づいておりませんでした。_(_ _)_

 なんと!

 目玉は掉尾を飾るゴキブリタワーの雄姿!

 トカゲやヘビやクモなんて当たり前中の当たり前!

 サソリむかでにスキニーピッグ、毒なし毒あり取り揃えた各種のカエルに「ふれあいコーナー」では実際に生き物とふれあうこともできちゃうんですよ! もちろん、「キモい」生き物と!!!! (`▽´)

 場所は横浜・マークイズみなとみらい! 5Fの特設会場だそうです。

 初っ端にもご案内したとおり、会期は8月31日まで! いくんなら急がなきゃネ!(遠くていけねえって場合は申し訳ない)_(_ _)_

2016年8月24日水曜日

スマホに憑いた心霊


 しかも、新品に! (`▽´)
 青木無常でございますよう。

スマホの画面に(素材)


 科学が進歩すれば怪談は駆逐されるかというと、どうやら事情は逆らしく。

 街から暗闇がなくなった分、最先端機器の中に暗闇が大挙しておしよせていたりする…のカモ、しれませんな。(`▽´)

 そう。
 スマホ。
 しかも、新品の。

 購入したばかりのiPhoneに、心霊がとり憑いていたという薄気味悪すぎる怪談、つーか実話(ただし疑念は大いにあり)を見つけてしまったのでございますよふふふ。

2016年8月23日火曜日

たった3つの材料を凍らせてからフードプロセッサーで混ぜまぜしたらすぐに食べられるピーチシャーベットのレシピ


 ただいくつか、ちょいとした問題が…
 青木無常でございますよう。

シャーベット(素材使用)


 以前、手間はかかるが某有名店なみに濃厚なアイスクリームを自宅で作成するレシピをご紹介したことがあったんですけど、本日のは手間もほとんどかからない。

 材料もたったの3つ。

 これに製氷トレーと冷凍庫、そしてフードプロッセッサーがあればちょちょいと作成可能な、おいしい、訂正、おいしそうなピーチシャーベットが作れてしまうのですよ。

2016年8月22日月曜日

ピ×チュウは電車のなかで疲れると口から手をだして手すりにつかまる?


 そんなはずない? いやいや…( ̄ー ̄)
 青木無常でございますよう。

160822×カチュウ(素材)


 だって証拠画像がございますもの。

 見たい? 見たい?

2016年8月21日日曜日

執拗にサーフボードに乗りたがるアザラシの赤ちゃんがかわいすぎる動画


 なんでこんなにサーフボード気に入っちゃったの?
 青木無常でございますよ。

ボード好き(素材使用)


 本日の動画はきわめて単純な内容。

 なんかサーフィンをしていたら、突然アザラシの赤ちゃんが出現してサーフボードによじのぼろうと四苦八苦。

 サーファーの男性も笑いながらその様子を微笑ましく見守る、という。

 アザラシが消えていざサーフィンを再開したかと思いきや、寄せる波間からふいにあらわれてはやっぱりボードに乗りたがるアザラシの赤ちゃん。

 とにかく、かわいいっス。

2016年8月20日土曜日

効果がなければ首ちょんパ!? てるてる坊主のヲソロしい歌詞の内容とその真実、そして幻の「一番」が存在した!


 ま、怖すぎるってほどではござんせんがね。(`▽´)
 青木無常でございますよう。

吊られたもの(素材)


 みなさまごぞんじの童謡「てるてる坊主」。

 でも正直歌詞うろおぼえだったことを思い知らされた次第でございましたのですよ。

 知ってました? 「てるてる坊主」の歌詞。

 現在ふつうに歌われている「てるてる坊主」の歌は三番までで、一番と二番の内容は「晴れたらごほうびをあげる」というものなのですが、三番は…

 雨ふらせたら首ちょん切るぞ、という…(`▽´)

2016年8月19日金曜日

過酷というかバカの集団! 雪道ガレ場を集団で一気に自転車で疾走降下するまともとは思えないダウンヒルレースの動画


 もうコケまくり! (`▽´)
 青木無常でありますよ。

雪山から(素材使用)


 こんなこと好きこのんでやってるんですからね。

 しかも集団で。



 ってことで、本日もスリルというより狂気沙汰動画でございますゆえ、ジェットコースター苦手であれば動画の再生はやめておいたほうがよろしいか、と。



 今までメキシコのとある市街、あるいは山道(選手は女子)と、命知らずにもほどがあるダウンヒルレースをご紹介してきましたが。

 本日のはまた、別種の命知らず。(`▽´)

 これまで紹介してきた動画は単独で疾走してタイムで優劣をつけるとおぼしきレース形式だったわけですが。

 本日のは、複数の参加者がいっせいにスタートを切る形式。

 それも詳細はわかりませんが、軽く百人くらいは参加してるんじゃないかと思われます。

 しかも、雪山のてっぺんから!

 バカにもほどがある! まったく…(`▽´)

2016年8月18日木曜日

ちょいとハードル高いような気もするが(^-^;)…ストレスに強い人は、こんな人、らしい


 ボクにはムリ…とはあえていわないでおこう。
 青木無常でありますよ。

目は心の(素材)


 さて、ストレスに弱い人の特性としてこんな精神的特性があるから気をつけてみようねってことで、ストレスを雪だるま式に増強しやすい5つの発想について以前ご報告いたしました。

 復習もかねて書き出してみると

● 「私なんて」「どうせ」など、自己評価が低い
● 嫌なことがあると、すぐに他人への不満を感じる
● ネガティブワードが多い
● いつも「勝ち負け」の価値観に縛られている
● 「~しなくちゃ」「~ねばならない」の口ぐせが多い
という5つでございましたが。

 本日は逆に。

 ストレスにふりまわされない人や自分の力でストレスを小さくできる人はどうか、という話。

 そういう人たちって、意識的にか無意識にかはともかくとして、こういうことに気をつけているんだそうなんですよ。

2016年8月17日水曜日

尺取り虫型ロボットは無限軌道にも似て不整地も踏破するし壁のあいだを昇りもするよ


 いや、けっこうカワイイと思うわえ。
 青木無常でございますわえ。

スチーム製(素材)


 名前は「SAW」。

 いえいえ、低予算を逆手にとったサイコスリラーの傑作映画作品「SAW」ではござーませんよ。

 ロボットの名前。

 波打った「背骨」の形が、鋸のぎざぎざを思わせるからsaw(英語で「鋸」)なんでしょうかね。

 その背骨をうねうねと波打たせながら、ただひたすら前進していく不思議な動きのロボットなのでございますよ。

2016年8月16日火曜日

地上414メートル! ドバイの超高層ビルから…ダイブしまくる高所ジャンキーどもの言語道断な命知らず動画


 まったく、ウンカのようにつぎつぎと…(`▽´)
 青木無常でありますよ。

ドバイ(素材)


 ええ、ええ、本日も高所恐怖症のかたは動画の再生はご遠慮いただきたい。申し訳ない。_(_ _)_

 なにしろ本日のは、スカイダイブしまくります。

 超高層ビルの、屋上から! えええっ!?



 世界一の高さのビルって、ブルジュ・ハリファっていうらしいんですけど。

 いえいえ、そこからじゃーござんせん。さすがに。

 その世界一のブルジュ・ハリファに次ぐ、ドバイ2位の高さの「プリンセスタワー」という超高層ビルから、高所ジャンキーどもがつぎつぎにダイブしまくるクレイジーな動画。

2016年8月15日月曜日

イギリスより日本のほうが面積広いって知ってた?


 わしゃ知りませんでした。(*^_^*)
 青木無常でございますよう。

地球儀(素材)


 おもしろいウェブサイトを発見したのでございますよ。

 というか、それ以前に、まったくもって存じあげなかった衝撃の事実を知らされて呆然としているところなのでございますよ。

 知ってました?

 わしらがふだんふつうに見ている世界地図。

 あれって、極地に近い国ほど実際とは大きさがちがっているって事実。

 ふつうの人は知ってることなのかな。

 わしゃカケラほども知らなんだんですけど…

2016年8月14日日曜日

ご案内・モノホン心霊スポットとして観光地化している米国の「スタンレー・ホテル」で撮影されたヤバいカモしれない心霊動画


 スタンレー・ホテル自体はヤバくないらしいけど…
 青木無常でございますよう。

境界の淑女(素材使用)


 ということで、本日のコンテンツは恒例のご近所散歩にて、少々毛色がかわった幽霊ホテルの話題から。

『シャイニング』。
 ごぞんじですか?

 米ホラー界の重鎮スティーヴン・キングの小説であり、これまた映画界の巨匠中の巨匠スタンリー・キューブリックが映画化したことでも有名な作品。




 この映画のモデルというかキングのインスピレーションの元となり、また撮影も行われた実在のホテルがアメリカのコロラド州にあるという「スタンレー・ホテル」なのですが。

 実はこのホテル、もともといわくつきの「心霊スポット」…

 ということでつづきはこちらでどうぞ。_(_ _)_




【無常式】ご近所散歩




2016年8月13日土曜日

ボストン・ダイナミクス社の四足歩行ロボがついにご家庭にまで進出!?


 これはけっこう朗報カモ。
 青木無常でありますよ。

四足歩行(素材使用)


 蹴られても転ばされてもけなげかつブキミに立ち上がり、ただ黙々と雪道やら山岳やらを歩きまわる、自律型四足歩行ロボ「Big Dog」。

 あるいは数々のその姉妹ロボットの開発状況をつぎつぎに動画として発表し、世間の耳目を集めていたボストン・ダイナミクス社がとうとう、ご家庭にまで進出してきたらしいです。

 もともと軍事目的濃厚な雰囲気だったあの会社の周辺状況だったんですが。

 アメリカの戦争景気商法も一段落したんだかなんだか知りませんが、このほど披露された新型の四足歩行ロボ「SpotMini」は、家庭用なんだそうで。あらま。

2016年8月12日金曜日

雪だるま式にストレスを増強させる「ストレス・マインド」をチェックして脱却をめざしてみるのはどうか


 気がつけば陥っている落とし穴について、ですな。
 青木無常でございますな。

のぼる朝日(素材)


 以前、解消・発散しなくても静かに向き合うだけでいいストレス対処法「マインドフルネス」をご紹介したことがありましたが、けっこうこういうのって忘れがち。

 気が付いたらストレスフルな発想で自分の危難を増強していた、などというお粗末も演じていたりいたします。

 ので、そういう自分の状態がどういうときに起こりやすいかをチェックしてみるってのはいかが?


2016年8月11日木曜日

カモメが小型カメラに執着する理由


 だれにもわかるわきゃありませんやな。(`▽´)
 青木無常でございますがな。

視線(素材)


 本日も「出川カメラ」こと、丈夫で軽くてサイズも極小、遊園地のジェットコースターを楽しんでる人が頭部とかにとりつけて撮影してつべとかニコ動とかFacebookやツイッターに動画アップするときの定番「GoPro」カメラねた。



 高空で撮影中に落っことした海辺で撮影中に桟橋からうっかり落下させてしまったりと。

 そのとりまわしのよさゆえか紛失の危機にもさらされがちなウェアラブルカメラのたぐいなんですが。(`▽´)

(だから「あのブドウはどうせすっぱい」などとはゆわないぞ。ふんす)

 今回の動画は、その小ささ軽さゆえに発生したアクシデント。

2016年8月10日水曜日

命知らずのマッチョな女子がMTBで一目散に山を駆け降りるダウンヒルレースの恐怖動画


 はい。恐怖動画にほかなりません。
 青木無常でございます。

急降下(素材)


 うん。
 ここまでくると、ホントに恐怖。(`▽´)



 ということで以前メキシコの街なかを猛烈なスピードで「ダウンヒル」していくMTBのレース動画をご紹介しましたが、本日のは山岳のダウンヒルレース。

 しかも乗り手は女性だそうで。

 てか、こんな危険なレースも女子の部があるんですねえ、やっぱり。



 女子選手のヘルメットに、おなじみ"出川カメラ"「GoPro」を装着し、石やらむきだしの木の根やらトンネルやら急カーブやらがつぎつぎに出てくる映像は揺れも激しくすさまじいことこの上ござんせん。

 なので、ジェットコースターが苦手だったりしたら、やっぱり動画は再生なさらないほうが無難でございますよ。

 ではどうぞ。

2016年8月9日火曜日

ベイダー卿がライトセイバーのかわりに「つまようじ」をさしだしてくれるという、しょ~もなさすぎるトイ


 実用性皆無! というほどでもござーませんが。
 青木無常でござーます。

鎧(素材使用)


 またもや笑えるスター・ウォーズグッズが。
 発売元は、あのバンダイだそうですよ。

 なんつーか、マントをはためかせたダース・ベイダーがかまえるさきには、つまようじ。

 背中のレバーを回すと、マント内に収容された形のそのつまようじがすうううと手前に出てきて、暗黒卿がつまようじを供してくれる…というギミック。(`▽´)

 価格は2,980円(税別!)!

 収納本数?
 10本です。(`▽´)(`▽´)(`▽´)(`▽´)
 バカすぎる!



 でも、造形がすさまじく!
 …カッコいいんです。すさまじく!

2016年8月8日月曜日

雑草のようにどこにでもいる「高所ジャンキー」が「ここはとっても危険でした」と報告するあり得ない場所で撮影した動画


 申し訳ない、本日も「高所」動画。なんですよ。_(_ _)_
 青木無常でございますよ。_(_ _)_

先端(素材)


 中バカ(実際にこういうマネしたりはしない、という意味で)で誠に申し訳ない。

 なにしろ高いところ好きなんでね。

 とはいえ今回ご紹介する動画をみずから撮影した人物に比べれば、それはもう足もとにも及ばない程度のささやかさではあるんですけど(^-^;)。

 …というほど、すさまじいバカの動画。

 もちろん、だから高所恐怖症でいらっしゃいましたらこのさき閲覧なさらないほうがよろしいと存じますのでございますよ。

 よろしいですわね? ほほほ。

2016年8月7日日曜日

ファイナルファンタジーXVの映像もあいかわらずすごい! 極上のクオリティを誇る「異世界感」とリアル感


 あ、ゲームはプレイしたことないんですけど。
 青木無常でありますよ。

異世界(素材使用)


 やりはじめると寝食忘れて没頭しちまいますからね、あのジャンルは。

 あくまで、ビジュアル。

 PR動画くらいならYouTubeで好きなだけみられるってこと知らなかったころにゲーム購入したことあるんだけど、ネットでパーティ組まなきゃプレイできないらしいと知った瞬間に断念したし。(^-^;)

 モンスターハンターもそうだけど、知らん人間と徒党を組まなきゃならんなぞ考えただけでトリハダもの!



 だけど、というかそういうこととは関係なく、あのシリーズのビジュアルとかデザインにはすさまじく惹かれるものを感じつづけてきたし、そのあまりの美しさに陶酔させられつづけてきました。

 XVが最新作なんですかね。

 これのビジュアルイメージもまた、あまりにも圧巻にして美麗。

2016年8月6日土曜日

逃亡ロボットvsパトカー in ロシア! ついにロボットが人類に叛旗を翻したのか!?


 んなわけ。(`▽´)
 青木無常でござい。ます。

1600804CAUTION(素材)


 なんかロシアの企業で開発中のロボットが、突然逃亡したのだそうですよ。

 逃げ出したのは、Promobotという企業が開発していたPromobotというロボット。要するに同じ名前。ややこしい。

 逃亡ロボットは社外の路上で突如静止し、接近してきたパトカーの進路を妨害。

 官憲にたてつくとは…いったいこのロボットの狙いはなんなのか!?

 自我を覚醒させたAIの人類に対する大叛乱ののろしなのか!?



 その様子も、動画に撮影されていたのでございますよ! えっ!? ホント?

2016年8月5日金曜日

ストレスは「解消・発散」しなくてもいい? 静かに向き合う対処法「マインドフルネス」が注目されているんだとか


 以前にも「睡眠」の項で触れたことあり
 青木無常でありますよ。

光(素材)


 ストレスってのは「ポジティブに向き合う」とよいのだそうで。

 とはいえ、それって精神的に甚大なエネルギーを要するんじゃないかと感じられたりする場合も往々にしてあるのではございませんかえ?

 ストレスに向き合って乗り越えていくだなんて言葉では簡単でも現実にはむしろ圧しつぶされることのほうが…

 的な。(`▽´)



 でも、それとはまったく逆の発想で解決する方法もあるのだそうでございますのよ。


2016年8月4日木曜日

世界の最深部に位置するマリアナ海溝で撮影された未知の生物の数々の動画


 不思議で奇怪な白い生物たちの数々。
 青木無常でございますよ。

1600802深海魚(素材)


 高いところを存分に堪能したあとには、低い、というよりは深いところの映像はいかが? (^-^)



 世界の最深部に位置する海の底、マリアナ海溝。

 水深6キロのディープワールドに、NOAA(アメリカ海洋大気庁)がカメラを潜行させることに成功した模様。

 そこで撮影された奇怪きわまる生物の映像は、驚異という概念が形をとってそのままわれわれの眼前に顕現したかのごとき不可思議っぷり。

 そんな未知なる世界の映像をおさめた動画をどうぞ。

2016年8月3日水曜日

地上350m、橋を建設するためのクレーンに命綱なしで登頂してその頂点ではるか眼下を見おろしながら自撮り棒で自撮りした高所ジャンキーのクライマーたち


 そう。またもや高所ジャンキーの話題。
 青木無常でございやす。

1600802クレーン(素材)


 申し訳なし。

 なにしろ高いところが好きなもので。_(_ _)_

 いいわけってわけでもないんですが、これあくまで映像なのでどれだけ鑑賞しようと絶対に落ちる危険はありませんから。

 どっかの高層ビルの屋上に侵入して縁とかでスマホ動画みたりしてるんでない限り。(`▽´)

 ま、無理してみろって話でもないんで、高所恐怖症であるならばここで閲覧をやめていただいてももちろんOKでございますとも。



 トルコはイスタンブールで、二人の物好きというよりクレイジーなクライマーが、新しい橋の建設用のクレーンをよじ登って最上部から自撮り棒で自撮りするという暴挙いやいや快挙をなしとげたのだそうですよ。

 命綱なしで、骨組みだけのクレーンをずんずん登っていく映像はあまりにも壮絶すぎて、ただただ唖然。

2016年8月2日火曜日

ポケモンをリアルな感じでまじめに(?)ホラーに描くとやっぱり実写化してほしくなる


 わしゃポケモン世代じゃないんでね。
 青木無常でございますがね。
 正直、みたことないしさほど興味もわかない。

ピカ…


 だからこそ、こういう試みを見るとマジで実写化してほしくなる。

 どういう試みかって?

 ボケモンのキャラをアレンジして、リアルに描くという試み。

 以前も『草むらから飛び出しちゃいけない感じの『ピカチュウ』&『マタドガス』』というのを紹介したことがあったんだけど、同じ発想の、これはまたちがったアプローチの試みでもある。

 すなわちリアルにしてホラーなテイストの、アレンジされたボケモンの描画の数々。

2016年8月1日月曜日

これロボットっていうか…叩き壊し! ぶつけまくり! すり潰しまくる! あまりにも野蛮なアメリカの「ロボコン」にあきれてものも言いようがない…


 ひとことでいえば「やれやれ」ですな。
 青木無常でございますな。

1600801ロボット?(素材使用)


 日本のロボット好きが見ると信じられない光景なんじゃないかという気がする。

 すくなくとも…こんなガサツな、つーか無粋きわまる「ロボコン」なんて…ま、正直いうと、これはこれでおもしろいのも確かだが(^-^;)。



 とにかく、制限時間内に相手を行動不能に陥れれば勝ち! …という…(´ω`。)

 すさまじくガサツかつインテリジェンスのカケラもない「BattleBots」というくだらなさきわまりないロボットバトル番組がアメリカで人気を博しているようなのですよ。(`▽´)