スポンサーリンク

2016年6月30日木曜日

体長100メートルにも及ぶ巨大ミミズだと噂されるUMAの動画映像!


 その名も「ラーガルフリョゥト・ワーム」! 舌かんだ!
 青木無常でございます!

巨大生物(素材)


 ま、名前はどうでもよろしい!

 アイスランドでは90m近い体長であるとされる巨大ミミズ「ラーガルフリョゥト・ワーム」というUMA(未確認生物)が古くは1345年から目撃されているのだそうです。

 その伝説の巨大ミミズのように見える不気味な「何か」の動画が、YouTubeに公開されているのでございますよ。

2016年6月29日水曜日

ジャイアンはのび太の脳まで破壊していた! 恒常的なストレスが脳に炎症を起こさせることを確認した研究


 人間って、ホンっっっっトにっ、ロクでもない。
 青木無常でございますです。

圧倒的弱者(素材)


 あ、そういう結論ではございませんな。ついうっかり。(`▽´)



 アメリカの大学で恒常的なストレスが脳にどのような影響を与えるのかを調べるためにネズミを使って行っていた研究を、専門誌に発表した模様。

 それによると、ストレスによる脳の炎症が鬱病などにつながる可能性がある、ということなんだそうです。

2016年6月28日火曜日

ちょっとやってみるだけ、と脳をダマしてちょっとずつ前進していく心理学で大きな計画をなしとげ…られるかどうかはどうでもいい


 なにせ脳をダマすんだからな。(`▽´)
 青木無常でありますよう。

歯車を(素材)


 そういうわけで、前回ははなはだモチベーションのあがらない参考資料を上っツラ上なでするだけで終わってしまうという、なかなかおもしろしようもない顛末にいたってしまいましたので。

 ちょいとだけ前進しておきましょうか。(^-^)

 つーか、ちょっとやってみるだけ、全然とりかかったりとかしない。

 つーことで。(`▽´)



  ☆なぜ人は大きな計画を前にして躊躇してしまうのか?


 何か計画がありますか? それは巨大なプロジェクトですか? ぜひとも成功させたいすばらしい未来へと踏み出すための第一歩ですか?

 そして、その第一歩が踏み出せなくて、本当は困っているんじゃありませんか?

2016年6月27日月曜日

クリエイターがネットで評価されるのに必要なものは何か


 とりあえず、作品の出来については棚にあげておきます。
 青木無常でございますよ。

道具(素材)


 作品の出来がよければ自然と評価もついてくる、ということであれば単純でわかりやすいんですが、それじゃ評価されていないクリエイターがあまりにも悲惨である、という揶揄もこめて。

 創作を志す人間であれば他人様に評価されたいと考えるのがふつうであろうし、そのための手段としてネットは使えますよね。

 という想定のもと、私はもうかなり長期間、「ガジェットボックス」というサイトを公開しております。

 んが!

 正直な話、見知らぬ人から評価をいただいたことなど(マイナスを含めても)ほぼござーません。いやはや。(`▽´)

 そんなものだよ、としたり顔で利いたような口がきこえてくるような気もしますが、知り合いのなかには評価をいただいたりたくさんのリピーターを抱えていたりするかたもいるようなので。

 一日の訪問者数も一桁以下のサイト運営者としてはモチベーションだだ下がりもいいところなのでありますよ。(`▽´)



 ま、作品の出来がダメだからだという読んでもいないくせにしたり顔で利きたがるどこぞの声はこの際無視して、その原因に関しては(もちろん作品の出来も含めて)切につかみたいと考えてはきているので。



 本日は、そのあたりにちらりとふれたニュース記事をご紹介いたしたいと思う次第。

2016年6月26日日曜日

汚染だの環境だのエコだのいうのは単なる人類の都合にしか過ぎないことがよくわかる動画


 ま、そういう趣旨の動画ではないんでしょうけどね。
 青木無常でございますわよ。

傍観者たち(素材)


 人類がいなくなったら地球はどうなるのか、というシミュレーション動画をご覧にいれましょう。

 1億年くらいで人類の痕跡すらなくなってしまうらしいのですよ。

2016年6月25日土曜日

ロケット打ち上げが遅れたときにロシアの最高権力者プーチンが口にした数々の恐怖語録


 恐怖ってほどでもない…かどうかは、受け取りかた次第。
 青木無常でおます。

秘密の…(素材)


 だって、正直こえーぞ。本気で。(`▽´)

 つーことで、自分がアイディアを出して建設された新しい基地で打ち上げられる予定だったロケットが、諸事情により24時間遅延。

 遅れはしても無事周回軌道に送り出されはしたんですが、遠路はるばる打ち上げ見物に訪れたのに24時間も待たされたプーチン大統領はあまりご機嫌うるわしゅうなかったそうで。

 なんか怖い感じの小言をくだされた模様なのでございますよ。
 プーチン怖ぇ~。

2016年6月24日金曜日

和な外観も楽しく涼しい「水うちわ」


 伝統工芸品なんですってね。知らなんだわえ。
 青木無常でございますわえ。

流す(素材)


 ごぞんじでした?
「水うちわ」。

 水に「そっ」とつけてあおぐと、気化熱で涼を楽しめるという、日本の伝統工芸品なんだそうですよ?

 私は知りませんでした。そんなものがあろうとは。



 まして、ポリエステル素材のものとかステンレス製で凍らせて使う「氷うちわ」なるものまであるだなんて。

 完全に初耳でございました。

2016年6月23日木曜日

子どもなんてモノは単なる獣なんだから愛せなくっても全然不思議でもなんでもない


 などと思うのは私だけ…? いやいや。( ̄ー ̄)
 青木無常でございますよ。( ̄ー ̄)

宝…?(素材)


 はい。
 きらいですよ。私。子ども。つか、ガキ。

 あんなモノは人間ではござーません。
 はい。断言いたしますですよ。
 人間ではござーません。

 社会性つーのはプラスチックや原発と同じで人間が発明したもっとも有害なシロモノのひとつ…と声を大にしていいたいところですが、まあこれは客観的に見てどれもビーバーのダムやアリの巣と同程度のモノに過ぎんでしょ。

 とはいえ社会性がないと人間という生態の縄張りのなかではうまいこと生きていけないのも事実。

 しつけ、という言葉が世に流通しているほどご立派な内実を伴っているとはとてもじゃないがいえないのではないかというのが私の本音ですが、内実はともかく「しつけ」は不要か必要かと問われれば必要なのもまた事実。

 ま、そのしつけとやらの大部分が成功しているとはいいがたい現状の人間の生態的特長はおいておいて。(`▽´)

 ガキなどというシロモノはある意味ペットより始末の悪い獣でございます。

 へたに言葉というものを多少は理解しているあたりがより始末に負えないという、ロクでもないシロモノである「子ども」を宝だ生まれてきてくれてありがとう大切にしますなどと持ち上げるのはもうやめよう。

 でないと、愛せないのに世間向けに子どもを愛しているフリをしなければならない気の毒な親が苦しすぎます。

 たぶん、そんな親の子どもも苦悩と同義語の人生を送らなければならなくなってしまうでしょう。

 私ゃ当事者ですから断言できます。

 いや、子どもを持っているほうの当事者ではござーませんが。

 ともかく。

 子どもを愛せない、という「事実」から目を背けるなどという無意味無駄かつ有害オンリーな常識に捕縛されて本音を抑圧して子育てなどという捩れまくった生活からはきっぱり足を洗ってよいのでございますよ。

2016年6月22日水曜日

鳥のフンがサドルにべったり付着してたら自転車は盗まれないという心理を逆手にとったヴィレッジヴァンガードのジョークグッズ


 ま、深夜の酔っ払い相手、程度カモですがね。
 青木無常でありますよ。

電線に(素材)


 日本じゃ「自転車盗難防止」は警察の点数稼ぎの代表的シチュエーションではないかと思われるので。

 いや、そんなに焦って否定しなくってもダイジョーブなんじゃないですか警察のかた?

 別に推測してるだけなんでひひひ。

 まあ憶測はともかくとして、日本じゃたとえ鍵をかけていない自転車でも盗んだりした日にゃあほぼ確実に警察にタイ~ホされるんじゃないかとは思いますので。

 あまり必要ないのカモしれませんが。

 鳥のフンがサドルに付着していたら、終電乗り逃がした酔って判断力の低下したおっさんでもなかなか勝手に自転車拝借する気にはならないんじゃないですかね?

 という想定(憶測)のもとに「遊べる本屋」ヴィレッジヴァンガードが鳥のフンを模したシールを発売なさったんだそうですよ。(`▽´)

2016年6月21日火曜日

ファミコンのパワーグローブでドローンを操作しても使いやすそうでもなければロケットパンチにもなりそうにない


 見た目のおもしろさは圧倒的なんですがね。
 青木無常でございますよ。

俯瞰(素材)


 てか、そもそもファミコン用コントローラーの一種である「パワーグローブ」とは何か、というところから始めたほうがよろしいんじゃないかって気はするかな。

 私はゲーム関連って凝りだすと出口がなくなっちゃうので手を出さないようにしてる派。

 なのでファミコンも持ってなかったし欲しいとも思わなかったあたりなんで、まったく知りませんでしたが、コントローラーとして「パワーグローブ」なるものが90年代に発売されてたんだそうです。ごぞんじでした?

 ま、右手に装着する若干メカニカルにデザインされたゴツい手袋なんですがね。

 何をどうやって操作したのかもよくわからんのですが、まあ特殊な使いかただけでなく普通のコントローラーとしても使えたことは使えたらしい。

 けど、想像するだに使いにくそうなデバイスに思えます。

 そのいかにも使いにくそうなデバイスを、このたび「ドローン」のコントローラーとして改造したバカいやいや創意工夫に秀でたかたがいらっしゃるようなんでございますのよほほほ。

2016年6月20日月曜日

無重力の猫


 キャット空中三回転、というわけにはいかなかったそうな。
 青木無常でありますよう。

ゆりかご(素材)


 重量のない、自由落下状態の宇宙空間で猫を放したらどうなるのか?

 という素朴な疑問に対し、アメリカ空軍が1940年代に(擬似)無重力状態で実験した記録があるらしいです。

 映像も残っていて、それがYouTubeに公開されております。

 で、実際どうなったかというと…?

2016年6月19日日曜日

心からのおめでとう


 いや、皮肉でもなんでもなく、本当に心から。
 青木無常です。

咲くものは(素材)


 指原莉乃が第8回48G選抜総選挙で一位を獲得しました。

 これは昨年に引きつづきの二連覇でAKB48グループ史上でも初の快挙。

 ですが、もっと驚くべきなのはその得票数。

 二位の渡辺麻友が17万票以上の数字ですが、指原の得票数はそれに圧倒的な大差をつける24万票超。

 渡辺の数字は去年の指原の票数にも達していないので、これは完璧な敗北といっていい。

 どこぞの大金持ちがだれか一人につぎこんだとかどこぞの国の票がだれかに集中したとかそういう話はもうかなり以前から出ているものの、この得票数と差はもう、そういうレベルを超越している。

2016年6月18日土曜日

ダ・ヴィンチの人体図もフィギュアにしてしまうと根本から意味あいというか存在意義が激変してしまう不思議(`▽´)


 てか、そもそもなんでフィギュアに!? (`▽´)
 青木無常でありまする。

ルネッサンスの巨匠は(素材)


figma」というのはマックスファクトリーが企画・開発している「可動アクションフィギュアシリーズ」のこと。

 アニメ絵的な感じの作品がメインなようなんですが、そういったものに混じってなにやら「ダビデ像」とか「ミロのヴィーナス」、「考える人」といったラインナップがならんでいる。

 そんな「figma」の「テーブル美術館シリーズ」に、あろうことかダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」が新たに加わったのだそうです(2016年12月発売予定)。

「ウィトルウィウス的人体図」といわれるとなんだそりゃってなるカモだけど。

 なにやら難しげな図版の、円と正方形が交差する中心部に四本ずつの手足を広げた人物が描かれた意味ありげなドローイングの画像は見たことくらいはおありなんじゃないでしょうか。

「ウィトルウィウス的人体図」とは、人体の機能は宇宙の動きと関連しているという考えを基盤として解剖学の知識をもとにダ・ヴィンチが構想した人体図。

 しかしそんな「人体の調和(Proportions of Man)」を視覚化した美術館所蔵の作品も、手足が可動なフィギュアになってしまうとまったく印象、というよりは存在意義そのものの意味あいが完全な別ものに激変してしまう、という笑える事象に。(`▽´)

2016年6月17日金曜日

警察無線に入り込んできた謎の音声は霊界からのメッセージなのか?


 不気味。そこはかとなく。
 青木無常でありますよ。

あちら側(素材)


 本日のネタはなかなか興味深い。

 すなわち、警察無線にまぎれこんだ「霊の声」。



 もちろん、断定されたわけでも証明されたわけでもござんせん。

 ただ、説明がつかないだけ。

2016年6月16日木曜日

ネタでもなさげだしマジともとれない「人類はエイリアンのゲームの駒」説を無根拠に展開しているネットニュース記事


 なんとも受けとめがたい内容でございます。
 青木無常でございますよう。

そこにいる者(素材使用)


 いや。今日のネタ元は、驚いたことに「tocana」ではござんせん。



 人類は「宇宙人」による数百万年規模のシミュレーションゲーム。

 …という、すっとんきょうな記事がロケットニュースにひっそりと掲載されておるのでございますよ。

 タイムスタンプは…2011年1月。
 むちゃむちゃ古い! (`▽´)
 申し訳ない、あいかわらずの時季外れっぷりで。_(_ _)_



 記事の内容も内容だけど、さらに気持ちの悪いことには、根拠がどこにも記されていない。

 どこぞの宗教の教義でも、もうちと根拠なり典拠なりふれてるモンなんですがね。

2016年6月15日水曜日

眼鏡は芸術、ジャケットや帽子は…? とある美術館で素人がしかけたいたずらに観覧者たちの反応は…


 そりゃしますわさ。勘違いも。
 青木無常でございますよー。

150615芸術?(素材)


 美術館のとあるコーナーに、眼鏡がおかれていたら?

 一瞬くらいなら、しますよね。勘違い。

 これ、展示物か? って。(`▽´)

2016年6月14日火曜日

火星に森…?


 んなバカな!? はい、そのとおり。
 青木無常でござります。

並木(素材)


 火星に雲がある、という報告を以前したんですが、なんと、森のようなものが激写されたという報告までが!

 ニュースソースは、そう、あの何でもアリの楽しい確信犯的オカルトニュースサイトの「tocana」でございますとも!

 この一点で、もうこのニュースの信憑性も推して知るべしってところなんですが。(`▽´)

 まあ正確にいうと、NASAが撮影した火星の写真の中に、植物のような形の「影」が見つかった、という話。

2016年6月13日月曜日

実は「クラゲ型」がUFOのスタンダードだった!? 40年前にロシアで目撃された衝撃のUFO事件


 ま、未確認飛行物体にスタンダードもクソもないんですが…(^_^;)
 青木無常であります。

ふりそそぐ(素材)


 クラゲ型UFOに関する衝撃的(?)なニュースについて以前ご紹介したことがありましたが、なんかけっこうこの「クラゲ型」っていう言葉、あちこちで見かけるんですよね。

 まあアダムスキー型も足とかつければもろ「クラゲ型」ではございますが。

 でもアダムスキー型自体が捏造だかでっちあげだかの証拠が見つかったんじゃなかったっけか…うろ覚えで調べる気力もないので追究ヤメトキマス。(`▽´)

 ともかく、スタンダードだかなんだかわからんのですが、なんと40年近くも前のロシアでおおぜいの人が「クラゲ型」UFOを目撃するという事件があったそうなんですよ。

 …ま、ニュースソースはいつもの確信犯的「んなバカな!(笑)」系オカルトニュースサイト「tocana」なんですがね…(`▽´)

2016年6月12日日曜日

恐怖! 驚愕! アメリカの教会に突如出現した怪物「リザードマン」の鮮明画像がTwitterで話題に!


 あースイマセン話題になったのはかなり以前…
 青木無常でありますよう。

怪物(素材)


 かなり以前なんだけど、話題になったのはまちがいない!

 …らしいです。

 スイマセン、お察しのこととは存じますが、私、その、世間の話題にはきょくたんに疎いものでして…へへへほ。



 というわけで、アメリカの教会で驚愕の未確認生物、UMAが目撃されました!

 しかも写真まで!

 さすが! デジタル時代! だれでも動画撮り放題! むしろ写真ないほうが不自然!

 その写真はCNNに送られ、Twitterにあげられました。

 そのあまりの鮮明さに、世界中が注目! (`▽´)

2016年6月11日土曜日

ものごとを「ありのまま」に見ることが理想の睡眠につながる? 大切なのはただ観察することという睡眠直結カンタン瞑想法


 やっぱりポイントは「心のありよう」なんですけどね。
 青木無常でございますよう。

青い夜(素材)


 まあ煽るだけ煽っといて絶望の淵にいきなり叩きこむようなマネしてしまいましたからね。(`▽´)

 若干は、不本意ながら、なんですよ。

 なので、若干、ごく若干ながら、対策になりそうなニュース記事も掘り出してまいりました。ほめとくれ。(^-^)

 すなわち、一種の瞑想状態に入ることで睡眠につなげる。

 具体的には、呼吸の数を数える。

 それが「マインドフルネス瞑想」のテクニック。なのだそうな。ほほう?

2016年6月10日金曜日

眠れないあなたに悲報! 6時間以下の睡眠は徹夜するより始末が悪く寿命も縮む事実が判明!


 くくく単なるいやがらせですよくくく。
 青木無常でございますよくくく。

不眠の恐怖(素材)


 いや、冗談です。

 冗談でもないんですがけっこう、ま、冗談ということにしといてくだしゃんせ。(`▽´)

 というわけで、眠れなくてももう気に病むのはやめにしようと結論づけた前回の記事の舌の根もかわかぬうちに、眠れないあなたを絶望の淵に叩き落とす悪魔の所業!

 だってしかたねーじゃん。

 うそとか糊塗とか無意味だしー。

 ということで、容赦なくご報告いたしますですよ、なんか6時間以下の睡眠は徹夜するのと同じ程度に体に悪く、しかもそのことに自分では気づいていないというオマケまでついてるんだそうなんですよ。

 さあ絶望しなされくくく。(`▽´)

2016年6月9日木曜日

とりあえず「眠れなかった時間」を思い悩むのはやめにしてしまいたい「8時間睡眠」神話の嘘


 ただまあそう簡単にうまくいくかというと…
 青木無常でございますん…

眠れない街(素材)


 どうもやはり睡眠というのは悩みの種つきまじと申しますか、なかなか思いどおりにいかずに苦労させられてしまってやみませんのですが。

 慢性的な睡眠不足。

 という言葉がどうしても脳裏から離れず、眠れるときはどうにかたくさん眠っておこうなどと生来の貧乏性も首をもたげて「眠る努力」などをしてしまいますがやっぱりどうにもうまくいかない。(`▽´)

 もうそういうときは眠るのをあきらめて起きてしまったほうがマシ、的な睡眠指南も昨今はちょくちょく耳にするものの。

 明日だいじな仕事が予定が人生がと日常としがらみと煩悩が巨大な壁と化して眼前に立ちふさがる幻想に苦しめられつづけてなかなか「そんなものは実在しない」などと割り切るわけにもいかず。

 結局、自由に眠れない(眠ってはイケナイ)時間に睡魔との格闘。

 太古の原始時代に生き、つねに捕食獣の気配におびえながら餓死ととなりあわせの日常を過ごしてきたわれらが祖先からみればぜいたくきわまりないだろうこの生き地獄、どうにかならないものかと日々頭を悩ませておりますと。

 睡眠とはああいうものだこういうものだとしたり顔でご指南くださるニュース記事など目についてしかたがありませぬ次第でございまして。

 本日も、そういう話題。

2016年6月8日水曜日

スマホで鍵あけ、遠隔操作も可能な防水スピーカー、防犯カメラにGPSセンサー…前々から考えていたんだけど、Kickstaterで開発費募集している内容がこんな感じならヲレだって…?


 いや、ヲレの場合は動画や物語作成する時間や費用の捻出だけど。
 青木無常でござりまするん。

未来の日本(素材)


「Kickstarter」というのは個人なりなんなり、スポンサーをさがすツテや勇気がない人間がネット上で不特定多数に向けて「金クレ」と呼びかけるという主旨と理解してるんですが、正しいんでしょうかね。

 で、今回ネタ元にしている、CAMPANELLA(カンパネラ)の記事。


CAMPANELLA(カンパネラ) 09.11.2014
すごい発明!生活が激変しそうな注目商品17選(動画)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/campanella/20140910/271125/?P=2


 単純に最先端商品がならんでいるのかなと思ってストックして紹介してみたわけなんですが、けっこうしょうもない商品で特にKickstarter率高い。



 しかも一回めに紹介したSolarpod Pyxis(ソーラーポッド・ピクシス=スマホ用太陽光発電付バッテリー)はAmazonで検索してhitがあったってことは開発費集まったってことなんだろうから…

 …んんん…



 ま、アテにできるかどうかも不透明な皮算用はおいといて(`▽´)、すごい発明(?)の数々、残りの4つを大放出! いたしますですよ。(^-^)


 本日のは犬猫子ども関連もアリ。つか犬猫と子ども同列にしてる。
 ま、事実、同列だしな。個人的な感覚としては。(`▽´)

2016年6月7日火曜日

眠り度探知機、多機能財布(?)、紫外線センサー、猫用ぐるぐる、あのホバー・バイクも…身近になりつつある未来2


 昨日にひきつづき身近にきた未来の品々ご紹介。
 青木無常でありますよう。

ぐるぐるしてくれない(素材)


 うん。

 思惑どおり機能してくれるんであれば、使えそうなものもある…かな…? (`▽´)



 というわけで昨日ネタにしたCAMPANELLA(カンパネラ)の記事から、後半分をピックアップさせてもらいますですよ。

 本日のもスマホ関連率かなり高いです。

2016年6月6日月曜日

デジタル・エイジのためのバイク用インテリジェント・ヘルメット「Skully」後方視界カメラやナビ機能も。他身近になりつつある未来


 生活が“激変”しそうな発明の注目商品…だとか。
 青木無常でございますよう。

ヘルメット(素材使用)


 そもそも携帯電話なんてもの自体、自分の生活圏で実際に使えるようになるとはわしらの世代は実感できなかったものでございます。

 想像は、というか空想はしてましたがね。

 その携帯電話が生活圏にお目見えした当初は一部の好事家向けか、せいぜい車載電話。

 なんといっても肩掛け式の巨大なバッテリがいかにも成金そのものの雰囲気を濃厚にただよわせていて、やっかみ込みですが「みっともないシロモノ」というイメージが強かった。

 それがどうだ、あっというまに小型化し多機能化し安価になってネットにまでつながり、ついにはコンピュータ化まで。



 そういうたぐいの、近未来、いやいやもう目前の、あるいはすでに市場に出まわっている、生活が“激変”しそうな発明を具体化した注目の商品の数々を、CAMPANELLA(カンパネラ)というサイトがとりあげているのを見つけました。

 本日と次回次々回の三回にわけてご紹介してみたいと思います。
 ホントはもっと小出しにしてもよかったんだが…(`▽´)

2016年6月5日日曜日

スター・ウォーズ界隈ではヘビメタ化が流行ってる? 「酒場のバンド」の鋼鉄化も発見!


 これまた意外といいのよ。
 青木無常でごじゃる。

酒場の(素材使用)


 なんかスター・ウォーズ界隈で、ジョン・ウィリアムズの壮大なオーケストラをヘヴィメタル化するのが流行ってたりするんですかね?

 前回の「銀河帝国」とは別個に、エピソードIVの楽曲をヘビメタ化したツワモノが。

 しかも、題材に選ばれたのはルーク・スカイウォーカーが老境のオビ・ワン・ケノービとともに訪れたモス・アイズリーの酒場で、異星人たちが演奏していたあのアナログ感満載の陽気な曲。

2016年6月4日土曜日

リードギターはダース・ベイダー? テクニシャンすぎる演奏がステキなヘヴィメタル版「帝国のマーチ」


 ちなみにドラムスはボバ・フェット!
 青木無常でおじゃりまするん。



銀河


 なんか一見単なるコスプレバンド。

 その実、すさまじいテクニックに裏打ちされた本格的なヘヴィメタル!

 もちろんアレンジもすばらしい。

 壮大なオーケストラで演奏された原曲のイメージをまったく損なわず、それでいてすさまじくエッジの切れまくったメタルサウンドにしてしまってるあたり、まるで最初からヘヴィメタバンドが作曲した作品かとすら思えてしまうほど。

 そんな謎のメタルコアバンド、「Galactic Empire」すなわち「銀河帝国」が、これまた気合の入りまくったミュージックビデオを公開しているのでございますよ。

2016年6月3日金曜日

ディズニーの横槍で「スター・ウォーズ ローグ・ワン」が腑抜けな感じになりそうな予感…(´ω`。)


 危機ですよ。
 青木無常でありますよ。

ならず者ども(素材)


 年末に公開が予定されているスター・ウォーズのスピンオフ作品『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』に暗雲が立ちこめてきた模様。

 なんか映画の出来にディズニーが不満を表明し、再撮影をさせているんだとか。

 別にロクでもないカス映画をみせられるのは観客としても歓迎できないので、そういう方向での撮りなおしであれば歓迎したいところなんですが、どうも詳細を確認するとそうではなさそうな気配が…

 大丈夫なのか、ディズニー。

 だれでも楽しめる娯楽映画であることに異論はないけど、スター・ウォーズは「腑抜け」な感じのファミリー映画では断じてない! と、ヲレは声を大にしていいたいところなんでございますのよ。

2016年6月2日木曜日

火星の雲


 そう。あるらしいんですよ。火星に。雲。
 青木無常でごじゃりますです。

火星の雲(素材)


 火星の極冠あたりにはドライアイスの雪原があって、雪崩を起こしたりするのが風物詩となっているって話を以前報告したことがありましたけど、現在の火星はどうやら夏。

 夏なので氷は熔ける。

 すると…なのかどうかはよく知りませんが(^_^;)、雲の層が増えていることが観測されたんだとか。

2016年6月1日水曜日

科学的に対処できる! 「失敗への恐怖」を克服する方法


 踏み出せません。失敗が怖くて。というあなたへ。
 青木無常が送ります。

希望(素材)


 怖いですよね。失敗。

 まだ機が熟していないから。
 まだ準備ができていないから。
 まだ充分な資金が手元にないから。
 まだ…まだ…



 本当は知っているんですよね。

 踏み出せないのは、そのときがきていないからではなく、失敗が怖いからだと。

 乗り越えるべき壁が、実現したい明日が、本当になりたい自分の未来の姿が…大切であればあるほど、失敗して実現できなかったときのことを考えると、恐怖でがんじがらめになって身動きができなくなる。

 だから、明日に先送りしている。
 永遠にこない、明日へ。



 もうそんなのはやめにして、いますぐ踏み出すべきだ。

 あるいは、いますぐ踏み出したい。

 そう思っていても、すくんでしまった足は一向に動こうとする気配すらなく、だから準備ができていないからと理屈をつけて現状に留まりつづけてしまっている。

 そう。

 そんな自分にこころの奥底で歯がみしながら。



路傍から(素材)


 でも大丈夫なんです。実は。

 この恐怖を小さくしてくれる心理学者の言葉があります。

 科学で解決できる。

 最新の研究では、人は自分が頑なにイメージしてしまっている自分よりも、はるかにうまく失敗に対処することができるのだと。