スポンサーリンク

2016年12月27日火曜日

福島県沿岸が震源の地震が発生したときに群馬の女子高生が撮影した謎の飛行物体


 そこはかとなく不思議でございますよ。
 青木無常でありますよ。

隕石(素材使用)


 11月のとある早朝、福島県沖を震源とするM7.4の地震が発生し、津波まで観測された事実はみなさま記憶に新しいのではないかと思います。

 幸いにしてこの地震は東日本大震災のときのような大惨事にはつながらなかったものの、震源地情報に加えて津波発生の報道に接したときには私もかなり背筋が冷えました。

 ところが、その地震が発生したおよそ20分後に、異様な発光物体…というより燃えながら空中を飛翔しているようにしか見えない物体が群馬県沼田市の女子高生の手によって撮影されていたのでございますよ。

 ツイッターに投稿されたその動画は世界に拡散され、各メディアでも紹介される騒ぎに発展。

 その正体についてさまざまな憶測が飛び交った模様なのですが…






 隕石説や飛行機説あたりがまあ穏当な推測。
 ただ、この映像、飛行機に見えます?
 私ゃ無理ですね。

 飛行機雲に太陽光があたってこういうふうに見えてるんじゃないか、という意見もあり、それで「なるほど」と納得しかけたんですが…でも飛行機雲なら、もっとながく伸びていくんじゃないかとか…

 隕石といわれれば納得できるんですけど。

 でも、だとしたらほかにも似たような報告は出てくるんじゃないかと思うし、なにより騒ぎにはなるとしても「結局単なる隕石でした」という報道が流れてオワリ、となるんじゃないかと思うんだが。

 …ま、ぢつをいうとネタ元は…そう、いつものあそこなので(^_^;)、その後の情報とか意図的に無視されてる可能性も疑っちゃいますけど…(`▽´)


TOCANA 2016.11.28
巨大地震直後、群馬県のJKが“完璧すぎるUFO”動画を撮影していた! 火球か、隕石か、UFOか、撮影者に取材!
http://tocana.jp/2016/11/post_11608.html


 ちょっとだけググってみたけど、特に隕石という報道は見当たりませんでした。

 見る人が見れば説明がつく現象であることは明白だから(UFO説以外の)話題にすらあがっていないって可能性ももしかしたらあるのカモですが。



頭上から(素材使用)


 ただ、ほとんど何も出てこなかった中で、おもしろい記事がひとつありました。


一人ヲカルト研究会
【続報あり】UFO?1月19日に群馬県上空に謎の発光体出現→関東周辺でも多数目撃されていた!?
http://hitoriokaken.com/?eid=557


 この記事、上のヤツと共通っぽいように見えますが実はネタ元の写真が撮影されたのは1月19日のしかも17時31分頃(上のは同じ群馬県ですがツイート時刻は「5:31 - 2016年11月22日」となっていて日付もちがうし時間はご丁寧なことに午前と午後のちがいを除けば偶然にも一致している(`▽´))なので、まったく別のものがヒットした模様。

 とはいえ、事象としてはかなり似ているので参考にしてもいいのでは、とご紹介した次第。

 で。

 サイトタイトルどおりの個人ベースで作成されているオカルトサイトらしく、記事中にも

オカルターの中でも僕みたいなビリーバー(なんでも信じている困った人)
とあるとおり肯定派を自認されている模様。

 ただ個人的には、ご自分でこういう仰りかたであるところがむしろ冷静というか、好感がもてる「ビリーバー」のかたでもあります。

 つか、ビリーバーという言葉があること自体初めて知りましたわ、私。

地上を(素材使用)


 ともあれ、ヒステリックになんでもかんでも肯定してちょっとでも反対意見をくらったら暴発しかねないたぐいの「肯定派」ではぜんぜんありませんし、記事の中でもいろいろな意見が紹介されています。

 指摘意見のなかには、

謎の光の正体は「イリジウムフレア」ではないか?
という興味深いものもあって、Wikipediaから引用すると
衛星フレア(Satellite flare)とは、人工衛星のアンテナや太陽電池パネルなど、光を反射しやすい表面でできており、ある程度以上の面積のある平面部分が、太陽の光を地球表面の特定方向に向けて反射するため、地表の狭い地帯から数秒ほど、ごく明るい「フレア」が見える現象
とのこと。ふうむ。

 数秒というのが現実にどれくらいかというところが不明ですが、これはかなり有力な推察カモ。

 数十秒という報告もあるようですけど、こういうのって主観でかなり伸び縮みする部分でもあるのでそこはあまり情報として厳密なものかどうかはなんともいえませんし。




Amazonリンク



 ただそれでも不思議な点はありまして。

 ほかにも同日の似た時刻に似たようなものの目撃例が複数ツイートされているのをこのサイトの作成者さんは見つけ出しておられて、各ツイート元の方々に目撃場所と時間をきいて回ったみたいなんです。

 それによると、
神奈川県で17時頃、埼玉県で17時20分頃、山梨県で18時頃に目撃されている
とのことで、これらの元となった写真の(自己申告による)撮影時刻=群馬の17時31分頃も加えて整理すると
この発光体は神奈川→埼玉→群馬→山梨の上空を移動していった可能性が
ある、と報告なさっているわけです。

 地図で見ると神奈川から群馬までは一直線になりますが、山梨が最後というのが正確な情報であるならば軌道がUターンしてしまっている。

人工衛星(素材使用)


 人工衛星でそういうことって、あり得ますかね? 求む情報。
地球の自転と衛生の軌道で見えた時間が東西で違うのは説明が付きそう
という意見も紹介されているので、これに当たるのかな。よくわからん…。

 まあそれ以外にも、あくまでツイッター上での自己申告ベースによる情報なので、山梨の目撃時刻が実は不正確だったとかそういう可能性を考えれば「な~んだ」となるカモですけどね。



 なんにしろ、この「一人ヲカルト研究会」というサイト自体もなかなかおもしろそうだし。よいところを発見しました。(^_^)

(更新が停滞しているっぽいところが、若干残念ですが)




Amazonリンク



 たとえば飛行機雲や隕石、人工衛星であったりあるいは何かの自然現象であったりする可能性もあるんでしょうけど、そういう部分も含めて、おもしろい。

 こういう事象が個人から発信されて世界中を駆け巡り多くの人を楽しませ、また悩ませること自体もまた。



 謎の飛行物体と化して大空を駆け巡りたい希望はかないそうにないので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~