スポンサーリンク

2016年12月29日木曜日

全室完全個室の夜行高速バスが関東バスから東京-なんば間で1月18日から運行開始するそうな


 完全個室という部分に多大な興味アリ。
 青木無常でありますよう。

バス(素材)


 旅行は好きなんですが、基本ひとりですので移動の際に見知らぬ人と隣あわせで何時間か過ごさなければならないのははっきりいって苦痛なんですよね。

 JRなどですと、規約上二つの席を一人で購入して自由に使う、というようなこともできないときいたことがございますし。

 バス? あの密室感、電車以上に息がつまる。

 客観的にみてそんなにかわりあるとも思えないんですが、電車以上に苦痛。

 …と、そんなコミュ障気味なわしらに朗報…カモしれない(^-^;)、ニュースが飛びこんでまいりました。

 なんと。

 扉つきの完全個室で東京・大阪(なんば)間を移動できる夜行高速バスが、1月18日から運行を開始する、というのでございますよ。


PR TIMES 2016年12月22日 18時05分
業界初の全室扉付き完全個室型、一便11名様限定『DREAM(ドリーム) SLEEPER(スリーパー) 東京大阪号』2017年1月18日(水)から、東京⇔大阪間 運行開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023301.html


夢は空を駆ける(素材使用)


 その名も『DREAM SLEEPER東京大阪号』。

 全11室で扉がついた完全個室。

 東京の池袋と大阪のなんば/門真車庫間で上下線とも一日1本運行、運賃は

大人20,000円(片道)・小児15,500円(片道)
とまあ夜行高速乗合バスにしてはかなり割高な料金設定ではありますが、実質11人しか客を運べないとなれば当然ですかね。

 ちなみに内訳は

運賃9,000円+座席料金11,000円
とのこと。


Amazonリンク

※イメージ画像として使用しています。


 上にも書いたとおり1月18日(水)から運行開始ですが2月28日までは運行記念割引で若干安くなるらし。

 予約開始は2016年12月26日(月)からなので、もう始まってますね。



 社内シートのイメージ写真を見る限り、まあ漫画喫茶のボックス席よりは快適そう…?

 一カ月前から購入可能で、ネットやバス窓口・電話予約のほかコンビニでも購入可能だそうですよ。



 はっきりいって大阪にいく用事なんてほぼないと思うので、実家のある名古屋行きとか、あるいはいっそ観光地とかだと購入検討の対象に入るカモ…ってなところですわね私の場合。



 でもこういうのを機にパーソナルな公共移動手段がもっと増えてくれれば、わしのような他人となるべく関わりたくない人間にとってはたいへんありがたい。

 旅行の醍醐味は旅先での見知らぬひととのふれあいだとかそういうひとには信じられぬ話じゃろうが。(`▽´)


Amazonリンク



 別にわしが声高に主張せずとも、世は究極の個別化へと爆走していると思われますしね。

 夜行列車とかもこういう方向でまた盛り上がってくれたりしないかしら。ね?



 心に山野を駆け巡らせてきます本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~