スポンサーリンク

2016年12月2日金曜日

低価格ドローンでもダメージ必至! 一撃必殺逃すことなし!


 そんなに安くないけど…(´ω`。)
 青木無常でごじゃりまするん。

ロックオン?(素材)


 ドローンレースというものが世界中で行われているそうですが、中には賞金100万ドルというまさしく一攫千金に値するすさまじく豪気な内容のものもあるんだそうです。

 しかしレースですからね。

 それも1億円超の賞金がかかってるとなると、世界中から相当の猛者がこぞって参戦しそうですし。

 腕を磨いてからでないと、とても参戦する意味がなさげ…

 だから、まずは低価格なドローンを入手して操作に熟練して、万全の態勢でレースに名乗りをあげてみては…上のレースも、もうエントリーはできないみたいだし?…的なギズモードのニュース記事なのでございます。


GIZMODO 2016.02.17 19:00
賞金1億円への第1歩。Air Hogsの低価格ドローンでレースに参加しやすくなる
http://www.gizmodo.jp/2016/02/11air_hogs.html


 うん。

 ギズめの報告によると、そのレース仕様のドローン「Helix Race Drone」は、価格60ドル(約6,800円)となっているのですが…


Amazonリンク



 Amazonで発見したこの ↑ 該当品、2万円近くするようです…(´ω`。)
 なんでやねん。
 並行輸入だから…?



 ま、6千円だろうと2万円だろうとン十万円だろうと、ブチ壊されちまえばダメージは必至。

 なので、こういう ↓ ご家庭では、あまり実機で練習しないほうがよろしいカモしれませんね…




 そらそうなるわな! (`▽´)

 まちがいなく。



 という、単独では弱いよなあ…と思っていたネタを組み合わせて載せてみた次第。で、ございました。_(_ _)_(`▽´)



 ドローン、価格もそうだけど継続して飛べる時間や距離が実用レベルでなさそうなので、正直、興味はあるけどどうしても欲しいという気分には至らない。

 幸いなことに…なのかどうかは…たぶんそうなんでしょうねえ。(^-^;)




Amazonリンク



 万能すぎるドローン「妄想」に乗って世界の彼方に旅立ってきます本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~