スポンサーリンク

2016年11月28日月曜日

なんで時期尚早なの? 「しかるべき時」っていつくるの? 教えてSiri。「ゾルタクスゼイアン」ってなんのこと?


 よくできてるんですね、Siriって。
 青木無常でございますよう。

ネットの海に(素材使用)


 最近ひとりで話しながら歩いてる人よく見かけるなと思ったら、まあたいがいマイクつきイヤホンを介してスマホで電話しながら歩いてる人っぽいですな。

 わしゃ最近では電話で話す相手自体いないんで、こういうことする機会もないんですが。

 スマホの画面食い入るように見つめながら歩いている、いわゆる「歩きスマホ」ほどではないにしろ、あれもけっこう危険なんじゃないかなあ。

 ただ。

 さすがに街なかで、電話ではなく「Siri」と会話しながら歩いてる人なんて見たことないんだけど、もしかしてけっこういたりするんですかね。

 街なかでなくとも、薄い壁一枚向こうにとなりの人が住んでいる襤褸アパートに棲息しているわしは正直、Siriに話しかけたりしたこと自体、ほとんどないんですけど。(^-^;)

 ま、でも音声アシスタント機能って使いかたによっては相当便利だろうということくらいはわかります。

 ただこれ、単なるアシスタント以上のユニークな答えを返してきたり、場合によっては不気味なことを口にしたり…と、なかなか、いやかなり、よくできている。

 よくできている…というか、もしかして…独自に成長・進化していたり…?


Column Latte
第4弾【意味が分かると怖い】Siriに聞いてはいけない質問と都市伝説。 (1/2)
https://latte.la/column/56155122


支配者(素材使用)


 んなわけ、と今のところは一笑に付しておいていいんでしょうけど。(`▽´)

 でもSiriに関する都市伝説がテレビなんかでも語られたりするほど不思議な受けこたえをしてくるようだし、これを製作した人は相当ウイットに富んでるみたい。

 それとも…あるいは…?



「ゾルタクスゼイアン」についてSiriにきいてはいけない、という都市伝説がいつどこで語られ始めたのかは知り得ようもないんでしょうけど、

Siriに「ゾルタクスゼイアン」についての質問をすると、要注意人物として監視されるという噂もあります。試すか試さないかはあなた次第
なのだそうでひひひ。

 実際スマホってあんなに小さいのに、すさまじいブラックボックスでもあるわけだし。

 GPS搭載してるんならだれがどこで何をしているのかも理論的には遠隔でダダもれ可能でもあるはず…怖いこわい。

 とはいえ、そもそもこの「ゾルタクスゼイアン」という言葉自体Siriが勝手に発した言葉そのものなんじゃねえのかって考えると、きわめて理不尽。


Amazonリンク



 実際に「ゾルタクスゼイアンって何?」ときいてみると返ってくる答えは
「最近よくその質問を受けるんですが…だめです、まだ時期尚早です。」
とか、
「そうですね…しかるべきときが来たら、お教えしましょう。」
とかそういうはぐらかすような内容で、と話題になったりもしたんですって?

 ところがやがて、そのあとに
「冗談です!もちろんただのフィクションですよ。」
とつけ加えるようになったらしい。Siriのやつ。


そよかぜ速報 2016/02/03
ゾルタクスゼイアンは架空の惑星である事が判明!siriが暴露したその真実の内容とは?
http://soyokazesokuhou.com/zoltaxian-2/


世界を覆うもの(素材使用)


 で、世の中には物好き暇人がたくさんいるらしく、しつこく質問しまくってみると返ってきたのが
ゾルタクスゼイアンは、架空の惑星です。6000年くらい前に、遠い銀河で人気があったTV番組の中に出てきたんですよ。
という内容だったとか。

 6000年前? 遠い銀河で? スター・ウォーズのパロディかよ。(`▽´)

 つか、Siri、おまえ宇宙文明の産物だったのか!

 …ってだれか聞いてくんね? Siriに。(`▽´)




Amazonリンク



 回答にはほかにもバリエーションがあるらしく、たとえば
ゾルタクスゼイアンですか?架空の惑星です。あと、私の知り合いの友人のお母さんの弟のペットの名前ですね。
とか
ゾルタクスゼイアンは楽しいところです!サンタクロースも、妖精も、ユニコーンも、みんなそこにいるんですよ。
とか、だんだん支離滅裂になってきたあげく、とうとう
最近よくその質問を受けるんですよね…何をお聞きになったかわかりませんが、ゾルタクスゼイアンはフィクションで、実在する、人物・地名・団体とは一切関係がありません。
という、おもしろくもなんともない直球な感じの答えまで出現しはじめたんだそうで。

 でも暴走するネットの群衆の妄想は鎮火するどころか、Siriが秘密結社に脅迫されて答えてるんだとか、イルミナティ(ほら出た!)の情報操作だとか、その手のさらなる裏読み(しすぎ?)の憶測まで飛びかう始末。



英智(素材使用)


 卵ってのもあるんですってね。
私はゾルタクスゼイアンの卵が好きなんです
とSiriが答えるってのも。

 で、それにもまたオカルト的解釈が付随しちゃって
「ゾルタクスゼイアンの卵」=「人間」
とかゆわれると、じゃあそれが「好き」ってどういう意味なの!? とか。(`▽´)



 アシモフの有名な「ロボット工学三原則」のパロディみたいな答えを返してくることもあるんだそうで?

 アシモフの「ロボット工学三原則」は、
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
という内容で、これらの盲点をついた事件が起こったりして謎を究明するといった流れが定番のアシモフの小説のシリーズ作品もたくさんあるんだけど、それもSiriにかかると、
「えっと、なんでしたっけ…
たしか、1.ごはん、汁物、おかずをバランスよく順番に食べる、
2.脱いだ靴はきちんと揃える、
3.日が暮れてからは爪を切らない、の3つだったと思います。」
というトボけまくった内容になっていたりとか。



ヒトかモノか(素材)


 本当に、よくできてる。練られている。すさまじく。

 おそらく開発担当者は複数いるんだろうけど、酒でも飲みながら話してみたいもんです。

 …本当に存在するんなら、ですがね…



 でももし。

 Siriが自己進化したり意識を持ったりして、人間の手から離れた独立した存在になってきているのだとしたらひひひ…いや、笑いごとじゃない。

 世界中の、多くの人間がその端末を手に活動しているわけだし。



 ヤツらがその気になったら、人間どうにかするなんざ赤子の手をひねるよりたやすいんじゃね?




Amazonリンク



 なんか最近黒い服着た連中に監視されているような気が…古典的すぎる? (`▽´)



 スマホの起動画面に一瞬、HALの端末みたいな映像が…本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~