スポンサーリンク

2016年10月23日日曜日

夢実現? 鉄道模型の列車の中の客席に入ってみたい願望を360度カメラで実現してしまった動画


 実際入ってみるとどうかというと…?
 青木無常でございますよう。

鉄道模型(素材)


 子どものころ思ったことありません?

 鉄道模型のジオラマのなかを縦横無尽に走っている列車を見ながら、この中に入っていけたらどんな風景を目にすることができるのだろうって。

 特に展示会とか博物館とかで飾られているジオラマって、凝ってますからね。

 高架や駅や町なみ、そして山あいや海を横手にジージーと模型の線路を疾駆する電車の客席に自分がいて外をながめていることを想像するのは格別の楽しさがあったものでした。

 そういう他愛のない空想を、最新機器を使って実現してしまった動画がございましたのですよ。


鉄道模型をTHETA Sで撮影 @鉄道博物館



「実現してしまった」と残悔口調なのは、いざそれを目の前に提示されてしまうと「それほどでもない」ことがわかってしまったから。(^-^;)

 ま、でも、おもしろい動画であることはまちがいないですよね。ですよね? (`▽´)



 このVR(仮想現実)動画を作成したのは、当ブログでもネタ元としておなじみのテクノロジー情報系ニュースサイト「ギズモード」。


GIZMODO 2016.10.12 20:00
鉄道博物館の巨大ジオラマ。360°カメラが模型を「リアルな世界」に変えた
http://www.gizmodo.jp/2016/10/theta.html


 これは360度カメラの「THETA」を作っているRICOHが開催する「THETA VR映像コンテスト」にギズが応募するために、埼玉県大宮の鉄道博物館の巨大模型鉄道ジオラマで撮影した動画なのだそうで。

 このコンテストは

「あなたが撮ったバーチャルリアリティ」をみんなで体感!
という煽りで大々的に作品を募集しいるらしく、なんと100台限定ではあるものの東京・大阪で「THETA」の無料貸出まで行っているらしいです。



ジオラマ(素材)


 撮影を敢行したジオラマは幅約25m奥行き約8mもある巨大なもの。

 残念ながら現在はこのジオラマ、

リニューアルのため閉鎖済み。2018年夏の新館の建設及び本館の全面リニューアルオープンにともない、模型鉄道ジオラマも2017年7月頃まで、約1年間も見られなくなって
しまっているらしいのですが、ギズは
閉鎖中でも、鉄道博物館の模型鉄道ジオラマを楽しめるような映像が撮れたら
との発想から、
せっかくなら、普段の展示では見られない映像を収めようと、鉄道模型に360度カメラを載せて走らせることにした
のだそうな。

 応募された映像は、条件が10秒以内なのでコンパクトな内容ですが、ニュースサイトの強みを活かして全編動画を自サイトに掲載した、という経緯だそうです。



 VRカメラもけっこう手軽に入手できるようですし。

 この動画を見るだに、アイディア次第でかなりおもしろい映像が撮れそうな時代にわれわれは生きているのでございますなあ。




Amazonリンク



 ちなみにコンテストは10月26日(水)まで作品募集しているそうです。

 もう目前だけど、トライしてみては? (`▽´)



 銀河鉄道に乗って夢幻の彼方に旅立ってくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~