スポンサーリンク

2016年9月26日月曜日

歯ブラシ1本とオイル・プリングで歯磨き粉不要? 有名芸能人も実践する15分間のオーラルケア


 子どものころの常識がガラガラと音を立てて…
 青木無常でございますん…

白い歯(素材)


 毎日の歯磨きには歯磨き粉をつけて歯ブラシで隈なくガシガシなさってることと思いますが、この歯磨きというヤツ、幾度となく常識がくつがえされてはまた元に戻ったり、と、なかなか一筋縄ではいかないようでして。



 私が小学生のころにクラスの学習発表会で歯の磨きかたを披露したヤツがいまして、当時はあまり浸透していなかった「縦磨き」を科学的として推奨しておりました。

 歯のならびかたは縦に筋が入ってるからそれに沿って縦に磨くのが論理的、という主旨。

 植物の観察だのなんのと教科書で見たような発表がつづくなかで、歯磨きという身近な行為に意外な事実を結びつけて行われたその発表は、その論理性ともあいまってやけにすばらしいものに思えた記憶も生々しいのですが。

 その後、やっぱり歯は横に磨くのが正しいとかそういうのが常識になったらしく。

 常識しらずの私が小学校以来の縦磨きをしていたら「むかしの電動歯ブラシみたい」と笑われてしまったこととかもございました。

 現在の磨き方は、どちらが主流なんですかね。

 両方やるべきだ、とかそういう可能性もあるか?



 それはともかくとして、歯磨き粉はいらない、という歯科医の指導を披露したニュース記事などもございましたのでございますよ。


NEWSポストセブン 2015.02.17 16:00
歯科医「歯磨き剤はいらない。口臭自体が消えることもない」
http://www.news-postseven.com/archives/20150217_303921.html


叫び(素材)


 歯磨き粉なんぞイランとかゆわれると衝撃を受ける向きもあるカモですが、その真意は

歯磨き剤は香水をつけるようなもので、口臭自体が消えるということは
ない、という点。

 ま、歯磨き剤が害悪、という論調ではないわけですな。

 ただポイントは別にあって、

歯磨きのいちばん大事なポイントは歯ブラシの使い方。歯のトラブルの原因は汚れや歯垢ですが、これは歯ブラシの毛先でこすり取らないと取れません。歯磨き剤を使うと、それだけで磨いた気になって、実は磨けていないということが起こり、わずかな磨き残しが虫歯や歯周病につながる
という流れ。



 実は私、この記事とはまったく別個に、テレビの番組かなにかでやはり歯磨き剤は少量で充分という歯科医の指摘をきいたことがありました。

 そのときの真意は、歯磨き粉には研磨剤などが混入されているものもあるので見かけ上きれいにはなるけど歯の健康にはよくない、というような話でございました。

 今回の記事とは内容がちがいますが、ま、歯磨き剤はあまり重要視しなくてよいという点が共通しております。



は?(素材)


 でも口臭気になるよね、という場合には「オイル・プリング」という方法があるのだとか。

 耳なれない言葉カモですが、要は特殊なマウスウォッシュ法とでも考えればよろしいか、と。すなわち

ココナッツオイルやオリーブオイル、ごま油などのオイルをスプーン1杯分、口にふくんで、くちゅくちゅさせ、口内全体にオイルをなじませる。15分続けたら、オイルを吐き出し、口内を水かぬるま湯ですすぐ
というのがその全容。らしい。

 食用ではなくオイルを口にふくむってのはなんとなく抵抗あるかな…?

 特にココナッツオイルなんて甘そうで歯に悪そうな気がしないでもないんだけど、まあこういう文脈で薦められてるんだからそこまで心配することはないんだろうな…?




Amazonリンク



 ま。

 この記事自体がストックしたまま出す機会を逸していたものなので(^-^;)、もしかしたらすでに「かなり」古い情報になっている可能性はあるカモですがね。



 結局、じゃあどれが正しいんだとなっちゃうけど、ま、自分が納得できる方法…かな…?



 歯磨き剤使わずに歯磨いてみてくるので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~