スポンサーリンク

2016年8月18日木曜日

ちょいとハードル高いような気もするが(^-^;)…ストレスに強い人は、こんな人、らしい


 ボクにはムリ…とはあえていわないでおこう。
 青木無常でありますよ。

目は心の(素材)


 さて、ストレスに弱い人の特性としてこんな精神的特性があるから気をつけてみようねってことで、ストレスを雪だるま式に増強しやすい5つの発想について以前ご報告いたしました。

 復習もかねて書き出してみると

● 「私なんて」「どうせ」など、自己評価が低い
● 嫌なことがあると、すぐに他人への不満を感じる
● ネガティブワードが多い
● いつも「勝ち負け」の価値観に縛られている
● 「~しなくちゃ」「~ねばならない」の口ぐせが多い
という5つでございましたが。

 本日は逆に。

 ストレスにふりまわされない人や自分の力でストレスを小さくできる人はどうか、という話。

 そういう人たちって、意識的にか無意識にかはともかくとして、こういうことに気をつけているんだそうなんですよ。



1) ゆがんだ発想に傾かないように気を付けている

2) 疲れたときには、無理せずに休んで自分をいたわる

3) 自分の限界を知り、あれもこれもと手を出さない

4) ライフスタイルに変化を取り入れている(四季のプチ・イベント、資格へのチャレンジなど)

5) 「ありのままの自分」を認め、愛している

6) 「大切な人」との関係を大事にしている

7) 「なりたい自分」を見つける努力をしている

8) 人間関係に依存しすぎない


リラックス(素材)


 3)あたりは個人的に自戒としたいところ。

 だってねー。

 やりたいこといっぱいあるんだモン…

 ま、大部分切り捨てなきゃならんつーのは自覚してるので、これも機会をみて取り組みたい。



 5)に関しては、それができてりゃ最初からこんなことで悩みゃしないってところなんだよな、実際。

 アリのーママのーとか聴いてそりゃそうだよなとか思っても。

 日常に埋没せずともそもそも「ありのまま」っていったい何? とか。(`▽´)

 かといって「自分さがし」とかいう「耳ざわりのよい言葉」あたりにふりまわされる愚ももはやありがちとすらいえそうだし。



獣は獣(素材)


 7)なんかその陥穽にモロ直結してそうだから気をつけたほうがいいカモね。



 ま、これらは理想とする目標ってあたりに鎮座ましましていただく感じでよろしいのカモってところで。


ネタ元:All About 2007年03月20日
ストレスを大きくする人、小さくする人の差
http://allabout.co.jp/gm/gc/301543/?FM=af_biglobe&af_type=guide&af_id=464691


 ニュース記事の結語として「幸も不幸も自分次第」とある。

 そのとおり。

 同じ境遇でも、幸せなひとと不幸なひとがいる。


Amazonリンク



 幸せなひとの側でありたいね、ってことで、私はこうして世界をネジ巻き式にどうにかする方法を模索してるってのが本日のオチでございます。_(_ _)_



 幸せな夢を見てこようと思うので本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~