スポンサーリンク

2016年7月3日日曜日

心霊体験は「脳の誤作動」による単なる錯覚? 実験で確認された興味深い「存在感の誘発」現象


 だから、心霊なんて単なる錯覚! と断定する気もございませんが。
 青木無常でございますよ。

不気味な感覚(素材)


 なんと。

 実験によって、実際にそこにはいない「不気味な何か」を実感させることができたのだそうですよ。

 人によってはそれを「心霊的な何か」と感じる場合もあったのだそうな。

 実に興味深い。


tocana 2014.12.02
幽霊の正体が明らかに? 科学実験で「得体の知れない存在」の誘発に成功
http://tocana.jp/2014/12/post_5203.html


 ネタ元はいつもの「tocana」なんですが、この記事には「火星にオバマが」とか「多足のクモのような物体はエイリアンの幼生である!」とかのたぐいの、おちゃらけた感じでは全然ないです。

 すなわち、幽霊というのは人間の錯覚にほかならない、というきわめて常識的な結論に至る内容。



 とはいえニュースソースがイギリスのタブロイド紙(大衆向けのセンセーショナルな記事を売り物とした新聞)だったりと、なんか怪しいっちゃ怪しい部分もなきにしもあらずなんですけど(^_^;)。



背後にいるもの(素材)


 なんでも、スイスの研究者らがある実験を行ったのだそうです。

 その実験とは具体的に

まず被験者は目隠しをされ、人差し指を前方の機械式アームロボットに繋がれている。
というところから始まる。

 で、被験者の背後にも別のロボットアームがあって、これが被験者の背中を触ったりできるようになっている。

 ここから興味深くなっていくんだけど、

 前方で人差し指をつないでいたロボットが指を押し、それと同時に背後のロボットが背中に触れる。すると被験者らは、あたかも自分自身が指で背中に触れたように錯覚する
のだそうな。へええ?

 このあたりは「おもしろい」といった程度なんですが(それでも充分に興味深いのもまた事実ですがね)。

 前方のロボットと後方のロボットの、指にふれるタイミングと背中を押すタイミングをずらしてみたところ、「それ」は発現したのだとか。すなわち

背中に触れるタイミングが指を押す動作から0.5秒遅れただけで、なんと見ず知らずの何か、あるいは誰かに見られている、触れられていると
被験者は感じたらしい。

 さらに被験者のうちの三人に一人がこれを「幽霊」だと感じて不気味に思い、
同時に背後に漂う不気味な気配に混乱した
のだそうな。

 この「幽霊」は複数いると感じた人も少なくなかったらしく、平均して「2人」、最高では背後にいる「もの」の気配を「4人」と感じた人もいるのだとか(なんか笑える)。



極限状況下の心理(素材)


 これを評して実験チームの責任者であるオラフ・ブランケさんは
「私たちの実験は、『得体のしれない何か』の存在感を誘発することに成功した。それは単に、矛盾する感覚と運動信号を通して、通常起こり得ることである」
と語っているとのこと。

 こういう
「目に見えないものを感じる感覚」というのは、自らの行動に忍び寄る何か、という点で「背後霊」や「悪魔」、あるいは「まぼろし」として一般的に感じられているもの
という文言が最終ページに記述されている。

 この種の感覚は登山家や冒険家にもよくみられるものらしく、身体的・感情的に極端に高まった状態でしばしば起こることらしい。

 また精神疾患にも関係ある感覚だとのことで、脳の特定の領域に障害がある患者もこの感覚に遭遇する可能性があるんですって。すなわち
これらの領域は自己認識・運動・空間内の位置感覚に関与している部分である。
ということなんだとか。



 もちろん、この結果をもってすべての心霊現象は錯覚(もしくはペテン)と断定できるってわけではないことも明白ではあるけど、すくなくとも心霊体験のけっこうな部分はこれで説明可能、ということはいえるカモ。ではありますな。



 だから「オカルト」なんてあり得ないということではなく、そういうたぐいの「不思議」な事象に遭遇しても一足飛びに超常現象に結びつけずに、冷静にいろいろな可能性を考えたほうが世間様に「バカ」の烙印を押されずにすむんじゃないかな? 的な話ってことで。( ̄ー ̄)




Amazonリンク



 ディズニーのアトラクションとか、あとチープで楽しい浅草の花やしきでも、ヘッドホンを通して不気味なささやきをきかせるだけの、仕掛けはかなりシンプルな装置を体験したことがあります。

 仕掛けはシンプルでも、生理的にかなり気持ち悪くって背筋が凍った記憶があって、このアトラクション私は大好きなんですが(^_^;)。

 たぶん、この実験の結果と共通する現象なんだろうなあ。



 人間てのは自分が信じたいこととか論理的にきれいに説明できるってだけで簡単にころりと錯覚しちまう生きものでございますからね。( ̄ー ̄)



 なんかだれもいないのに背中に手が…本日はこのへんで。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~