スポンサーリンク

2016年7月17日日曜日

ホテルの貯水タンクから腐乱死体で発見されたエリサ・ラム嬢が死の直前にエレベーターの中でとっていた不審すぎる行動の動画


 不気味…なのかどうかすら、判断がつかない。
 青木無常でござる。

死への…(素材)


 本日は「tocana」の「いまだ解明されていない不思議な写真10!」という興味深そうすぎる記事の中から最初の3つのトピックをピックアップしてご紹介いたします。

 特に3つめの、ホテルの貯水タンクから腐乱死体で発見されたエリサ・ラム嬢のあまりにも不可解な行動がイミフでどうにでも解釈できそうでできなくてもどかしくて不気味で気持ち悪い。怖い。

 んじゃいきますよ。



  ☆黒騎士の衛星


 これはどこかで見たことのある画像かもしれない。

 私は動画でみたような気がするが、なにも記録していないのでさだかではない。

 地球周回軌道上と思われる高空に、不気味な正体不明の黒い物体が浮かんでいる写真である。






黒騎士?(素材使用)


 ま、これは正直不気味な人工構造物にも見えるけど、逆に単なるゴミとかそういうものだといわれればそうも見えるし、写真があまり鮮明でないのでなんともいい難い。

 たしかに解明はされていないらしい、という程度、かな。


  ☆吊られた男


 コッパー家の家族写真は女性が二人、そしてそれぞれのひざの上で笑う子どもが二人、写っているモノクロの写真。

 左方には三本のろうそくもあり、何かのパーティのようにも見える。

 この写真に関する残されている情報は極端に少なく、それが不気味さを助長する一因ともなっているといえる。

 すなわち、判明しているのは
コッパー家が新しい住居に移り、記念にこの家族写真を撮ったという事実
だけ。

 そしてこの写真を現像したとき初めて、不気味な影を家族は発見したという。

 天井からぶらさがった不気味な人影…のようにも見える影を…


吊られた男





  ☆エリサ・ラム嬢


 本日の白眉。

 ダウンタウンにある“いわくつき”(どういった種類の“いわく”なのかは一切記載なし)のホテルのエレベーターの監視カメラに映った女性の不審な行動。

 この女性はその後、行方不明となり捜索願が出されるも所在が知れないまま時が経つ。

 発見されたのは翌月。

 宿泊客から水に関する苦情が殺到したためホテル側が屋上の貯水タンクを調べたところ出てきたのが、行方不明になっていたエリサ・ラム嬢の腐乱死体。



 そして。

 監視カメラの映像に映っていた失踪直前のエリサ・ラム嬢は、意味不明の行動をとりつづけていた。


Elisa Lam Elevator Surveillance Video - Hotel Cecil



 ネタ元の「tocana」の記事には
エリサさんはまるで誰かに追われているように、エレベーターの中で身を潜めたり、外をうかがったりしている。
と書かれているが、私には逆にだれかの到来を待っているように見える。

 たしかにエレベーターの陰に隠れたりもしているが、どちらかというとだれかが入ってくるのを予期して驚かせようとしているようにも見えるのだが…

 制御版の下のほうにかがんで操作をしているようにも見えるものの、焦って扉を閉めようとしているというよりはむしろ扉がしまらないように細工しているような気がするのだが、どうだろうか。

 実際エレベーターの扉はまったく閉まる気配がない。

 女性はやがて外に出るが、おびえているというよりはやはり来るはずのだれかの姿を求めて手持ち無沙汰にうろうろしている、というような感じに見える。

 奇妙なしぐさをするシーンもあり、それは暇つぶしのために音楽の指揮のしぐさをしているようにも見えたり…

 意味不明なので不気味は不気味だが、焦っていたり何かにおびえているようにはどうも見えない。

 彼女が外に出たあと、画面には姿があらわれないもののエレベーターの扉が意味もなく何回も開いては閉じて、をくりかえしている。

 が、それも別の階にエレベーターが移動してしまわないよう外から「開」ボタンのたぐいを彼女自身が押しつづけているようにも思えるし…。

 また記事には
エレベーターの上部には、影のようなものがうごめいている。
という記述があるが、残念ながら私にはそういうたぐいのものは見えなかった。

 単純に動画の解像度の低さによるノイズのようなものなら見えるような気はするものの…



…ボタン(素材)


 とはいえ、記事の内容も私の印象もどちらも憶測にすぎず、女性の動き、エレベーターの動きともに意味不明で不審といえばきわめて不審。

 解釈のしようはいかようにもあるように見えてその実どうとも判断できず。

 ただただ気持ちの悪いもやもや感ばかりが残される…。



 どうでしょうか。

 これは警察の判断したごとく、単なる事故なのか否か。

 この女性は、何者の存在を想定してあの不可解な行動をとっていたのか。

 そしてその人物(?)は、事件に関係あるのかどうか。



 いっさい、手がかりなし。


以上ネタ元:tocana 2015.01.16
いまだ解明されていない不思議な写真10!
http://tocana.jp/2015/01/post_5568.html



Amazonリンク



 残りの7つの写真についても、いずれ言及する予定ですのでどうぞお楽しみに。



 だれもいないはずなのに玄関の扉が勝手に開いたり閉じたりし始めたので本日は以上。
 最後まで読んでくれてありがとう。
 それでは、また~(^_^)/~~